0

セミナーレポート

クリニック経営セミナーレポート

医経統合実践会 2019 クリニック 分院・組織拡大成功セミナー

2019年7月21日(日)にクリニック 分院・組織拡大成功セミナーを開催しました!

分院をテーマにしたセミナーは初めてにもかかわらず多くの院長先生にご参加頂きました。
それだけ分院・組織拡大にご興味があるクリニック様が増えてきたのだと思います。

人口減少に伴い、総合的に患者は減る一方でクリニック数だけは年々増加傾向にあります。

意識の高い院長先生のクリニックが、よりクリニック経営で 結果が出やすくなるのではないでしょうか

第1講座は根本より、分院・組織拡大成功のポイントについてお話させて頂きました。

分院や組織拡大が成功するためには押さえておかなければいけないポイントがいくつもあります。

分院展開してただ数を増やすのは分院の成功ではなく医院理念が浸透し、分院も本院と同じサービスが出来て初めて分院成功と言えます。

根本が15年のコンサルティング経験で培った具体的な実践内容をお伝えしました。

第2講座では、愛知県東海市ご開業 おもてなし力が高いふくおか耳鼻咽喉科を創り上げられてから、2018年に新知台耳鼻咽喉科、2019年にとみよし皮膚科クリニックを2軒ご開業され、破竹の勢いで分院展開されている医療法人FUKUJIN 理事長 福岡 敏 先生とリーダースタッフの木村 みど理さんにご登壇頂きました!

福岡先生は、何事においても非常に行動の速い方です。
分院展開もそのスピードで行われたがうえに失敗も多く経験されたそうです。

今回お話頂く内容は、その失敗から学ばれたことをメインにお話頂きました。

医院理念について、本院と分院で違うものにすれば、纏まりがない組織になってしまうお話は根本とも重なる部分であり、改めてその重要性に気付いた院長先生もいると思います。

また、経営は順調でもマネージメントで大きな溝が生まれればスタッフの満足度が下がってしまうなどリアルな現場を包み隠さずお話下さいました。

木村さんからは、リーダースタッフとしてトップのビジョンや考えを理解する事の必要性、指示された事に対して行動で示し、伝えることが役割である事を教えてくれました。

木村さんのような福岡先生の伝道師となるべき存在が如何に分院を行う上で大切かを改めて私自身勉強させて頂きました。

続いての第3講座は、経営的な競争が激しい歯科業界において、京都市内で3軒の歯科医院を展開されている京都府京都市ご開業おおくぼ歯科クリニック院長 大久保 恵子 先生、大久保 学 先生にご登壇頂きました。

恵子先生は、分院を立ち上げる時には理事長の考えを理解しているスタッフがとても大事だとお話されていました。

同時にシステムの構築として終業から10分以内に帰れる5Sシステムなど分院成功に不可欠な組織づくりやシステム作りについて、細かくお話頂きました。

大久保学先生からは、分院を建てる上での土地の見つけ方、建物、デザインなどの分院のコンセプト作りについて、細かい部分についてそれぞれでお話頂きました。

どういった患者層をターゲットにして、その患者様は何を求めているのか
細かい視点で作り上げる必要性については院長先生にとって大変多くの学びを得られた事だと思います。

福岡先生、木村さん、恵子先生、学先生
とても素晴らしいお話をありがとうございました!

益々厳しくなる医療業界で生き残る事が出来るのは、 新しい事に挑戦し続けるクリニックです。

分院セミナーを通して、今後更に組織を拡大させるクリニックが増える事を応援しております!

ちなみに私、芝田がSNSを活用した情報の発信力を高める「情報発信力アップコンサルティング」を担当させて頂いており、既に多くの院長先生よりお申し込み、お問い合わせを頂戴しております。

1ヵ月2医院様限定なので、お早めにお申し込み下さい!

https://ikeitougou.jp/consulting/info/

【医経統合実践会】公式LINEが7月9日(火)からスタート!
クリニック経営において、大事な情報を定期的にお送りさせて頂きますので、是非ご登録下さい。

ご登録はこちらから!

https://line.me/R/ti/p/%40007ebhcm

医経統合実践塾 2019 札幌会場 第2回

先日、6月30日(日)に医経統合実践塾 第2回 札幌会場を開催しました!

第1回より、追加でのご参加お申込みを多く頂き、ありがたい事に更に大きい会場へと変更しました

更に多くのお申込みを頂けるよう、札幌での医経統合実践会ブランドを周知出来るようにしていきます!

札幌会場は今年初開催ですが、そうとは思えないほど、非常にレベルの高い実践事例が多く提出され、札幌会場にご参加されている院長先生、スタッフ様の意識の高さを感じました。

第1講座はゲストの皆様からご提出頂きました実践事例を根本から共有させて頂きました。

如何にTTP(徹底的にパクる)が出来るかが、この実践塾の重要なポイントです。

0から1を生み出す事も時には大事ですが、それには非常に力を必要とし、毎回そんな事を続けていては、院長先生とスタッフ様、どちらの体力もすぐ底をついてしまいます。

そんな体力を使うのではなく、まずは他院様が実践されている中で自分たちのクリニックでも使えそうだなという事例があったらTTPすれば良いのです!

やるか、やらないか、ここで大きい差が出来てしまいます。

実践塾にご参加頂いているクリニックの院長先生、スタッフ様は意識が高い方達ばかりなので、今後の活躍を期待しております!

第2講座は「医療業界のAmazon」を目指し、常に多くのクリニックからモデル対象とされ、他県からクリニック見学者が後を絶たない愛知県稲沢市 ご開業 おおこうち内科クリニック 院長  大河内 昌弘 先生、看護師の浅野 生恵さんにご登壇頂きました。

大河内先生からは、成功される前のクリニックやご自身のこと、そこからどのようにして、現在の素晴らしいクリニックを作り上げていかれたのかを順を追ってお話頂きました。

スタッフを知るために男性脳と女性脳の違いについて学んだり、仕組み化を如何に作り出すか、結果を出す為にまずは行動!という大河内先生らしいお話をして下さいました。

信頼を築き上げてきたからこそできるエンパワーメントについても

ただ任せるのではなく、そこには院長やリーダーがさらに価値がある仕事を行うために、譲渡する意味を伝えることが大事なのです。

120分という中に、たくさんの取り組みについて、お話して下さりましたが、ここまで覚悟を持ってやられているからこそ、患者様に最高のサービスをご提供できるのかと、改めて感じました。

浅野さんからは、実践塾に参加されてからのご自身の変化についてお話頂き、今では、考えられませんが入職当時のクリニックでは、責任転嫁、無視、怒号などが多発していたそうです。

そんなある日、実践塾に参加する事になってから、他院のスタッフとの出会い、実践や読書によって前向きになっていく自院の変化に気付き始めたそうです。

多くの問題や悩みを抱えながらも、ここまで活躍されてきた浅野様のお話にご参加頂いた院長先生、スタッフ様には、大変勉強になったことと思います!

大河内先生、浅野さん、非常に勉強になるお話をありがとうございました!

続く第3講座は、根本より「教育」についてお話させて頂きました。

入職してくるスタッフが一流のスキルと考え方を持っている訳ではないので、「仕組み」を構築し、より短期間で一流へと導くことが大切です。

また、教育にも「やり方教育」「あり方教育」がありますが、「あり方教育」においても間違った教育をすれば、その一人の人財でクリニックの方向性が悪い方向へと変わってしまう可能性もあります。

いくら仕事が出来たとしても、あり方がなっていなければ、それは人財とは言えません。

そうならない為にも、如何に正しい仕事観を教えてあげられるかも大事なポイントです。

是非、院長先生、リーダースタッフにはその部分についても考えて頂きたいです!

それでは、次回、第3回でお会い出来るのを楽しみにしております!

ちなみに私、芝田が動画を教育に活用した「クリニック教育システム確立コンサルティング」を担当させて頂いており、実践塾ご参加医院様から多くのお申し込み、お問い合わせを頂戴しております。

「うちのクリニックも新人教育に動画を活用したい!」というクリニック様はぜひ医経統合実践会 事務局にお問い合わせ下さい!

『更にプロフェッショナルとしての階段を上りたい!』というスタッフ様は、クリニカルコンシェルジュ協会主催の「クリニカルコンシェルジュ養成講座」にご参加下さい!

満員御礼のため、特別に10席だけ増席します!

こちらも早めに埋まってしまう可能性がありますので、お早めにお申し込み下さい!

https://clinical-concierge.jp/seminar/

【医経統合実践会】公式LINEが7月9日(火)からスタート!

お待たせ致しました、医経統合実践会がとうとうLINE@を開始致します!

クリニック経営において、大事な情報を定期的にお送りさせて頂きますので、是非ご登録下さい。

ご登録はこちらから!

https://line.me/R/ti/p/%40007ebhcm

プロフェッショナルスタッフ研修2019

2019年6月16日(日)、名古屋にて『クリニックプロフェッショナル
スタッフ研修2019』を開催しました!

日々の診療だけでもお忙しい中、貴重なお休みを使ってご参加頂いた院長先生、スタッフの皆様、本当にありがとうございました!

今年も当初予定していた50名を超える方にお申込み頂き、急遽枠を更に増加することとなりました。

これだけ多くの方にお申込み頂けたという事は、それだけ、院長先生が日々のスタッフ教育に悩まれている証拠でもあります。

おひとりでも多くのスタッフの方が「このセミナーに参加して良かった!」と感じて頂けたら、嬉しいです。

第1部は、根本から『医療業界のこれから』についてお話させて頂きました。

クリニックで働く殆どのスタッフは「これから医療業界はどうなっていくのか?」という事知らないまま仕事をしています。
医療業界も常に変化していかなければ衰退の一途を辿ることになります。

そうならない為にも、スタッフ一人一人がクリニックに対して価値を提供し、結果を出す必要があります。

その為には自発的に常に「どうすれば良いか」を考え、取り組めるようにならなければなりません。

これからの人生100年時代を迎える中で、80歳まで「人財」でいなければならない時代であり、辞めるなんて選択肢はないのです。

是非、自分の価値を高め続けていただきたいです。

第2部は、兵庫県 神戸市ご開業 医療法人社団 まつだ内科
管理栄養士 高島 里美さんにご登壇して頂きました!

まつだ内科様への在職期間は約1年半にも関わらず、院長の松田先生からは「クリニック全体の流れをほぼ把握しており、当初予定していなかった在宅医療での栄養管理を任せているだけでなく、自身の隣で医療クラークとしての役目を完璧にこなしてくれている」と、高い評価を得られています。

いつも通りの自分を見て頂きたいという事で、クリニックでのユニホームを着用されて、お話下さいました。

患者様に対する対応、診療報酬請求など入職して困ったことや、イベントなどを開催した際の失敗から得られた経験など、新人スタッフ様の目線でお話下さりました。

また、自分で感じている医院に対する問題意識を自分の中だけで処理するのではなく、スタッフ全員で情報共有することによって、「この問題を指摘したら、私がそれを何とかしなきゃいけなくなる」という躊躇いや悩みも無くなるという、自身が抱いた正直なお気持ちもお話下さり、私自身も 勇気を振り絞って、発言する重要性について改めて考える時間となりました。

最後、根本との即興対談時に「なかなか、行動出来ないスタッフがいたらどのようにアドバイアスしますか」という質問に対し、「ロッカールームトークをお勧めします」とお答え頂けたのが印象に残っています。

ロッカールームで他のスタッフとの会話の中で「これを実践しようと思うんだけど、どう思う?」と言うふうに、宣言し、行動に移さなければならない状況にする事によって、自身の行動へと繋げるという意識の高い高島さんらしいお言葉でした。

ご入社間もない新人スタッフ様はもちろん、ご経験を積んだベテランスタッフも「初心に戻る」という意味で、高島さんのお話から多くの刺激を得ることが出来たと思います。

高島さん、素晴らしいご講演ありがとうございました!

続いて、第3部は根本より『80歳まで人財であるための仕事観の確立』の後編でした。

その中で目標設定についてもお話させて頂きましたが「あなたの5年後の目標を教えて下さい」という質問に答えられるスタッフは殆どいません。5年後どころか1年後の事さえも考えていないのが現状だと思います。

これからプロフェッショナルとして輝くためには「将来、自分はこうなりたい」「そのために、今はこれに全力で取り組もう」という姿勢が必要です。

自らが仕事を楽しむためにも「良い目標を立てる」事が大切であり、それをいつまでにやるのかを明確にする事によって「作業」から「仕事」へと変える事が出来ると思います。

今回ご参加頂いたスタッフ様が、クリニックとって、「人財」となり、ご活躍されることを期待しています。頑張って下さい!


『更にプロフェッショナルとしての階段を上りたい!』というスタッフ様は、クリニカルコンシェルジュ協会主催の「クリニカルコンシェルジュ養成講座」にご参加下さい!
残席も残りわずかとなっております。お早めにお申し込み下さい!

https://clinical-concierge.jp/seminar/

ちなみに私、芝田が動画を教育に活用した「クリニック教育システム確立コンサルティング」を担当させて頂いており、こちらも既に多くの院長先生にお申し込み、お問い合わせを頂戴しております。

「うちのクリニックも新人教育に動画を活用したい!」というクリニック様はぜひ医経統合実践会 事務局にお問い合わせ下さい!

医経統合実践塾2019 第2回 名古屋会場

5月26日に医経統合実践塾 第2回 名古屋会場を開催しました!

第2回のメインテーマは「教育」です。第1回のテーマが「採用」ですが、せっかく良い人材を採用出来ても、教育システムが充実していなければ「人材」を「人財」にすることは出来ません。

第1講座はゲストの皆様からご提出頂きました実践事例を根本から共有させて頂きました。

採用、教育、増患などクリニック経営の活性化に不可欠なテーマについて、診療科目に関わらずたくさんの具体的な実践内容が集まるのが医経統合実践塾です。

他院様の実践事例からヒントを得て、更なる工夫をすれば新人スタッフの方でも色々な取り組みのヒントが得られます。

第2講座は、コミュニケーションエナジー株式会社 今井千尋先生にご登壇頂きました。

ディズニーランド、ユニバーサルスタジオの二大テーマパークで多くの人材を育て上げられた、正にこの第2回のメインテーマである「教育」に相応しいゲスト講師です。

今井先生は、すべてのゲストにハピネスをご提供する事を目標としていたディズニーランドでの重要な“基準”についてお話して下さいました。

例えば「当院では診察券を『笑顔で』『両手で』受け取る」という具体的な基準があるからこそ、スタッフは迷わずに行動が出来、それに伴い後輩に対し教育も出来ます。

しかもその「基準」が高ければ高いほど、他院を圧倒出来るようになるものですが、その基準が「日本で一番低い山」とされる日和山レベルなのか、富士山レベルなのか、エベレストレベルなのかによって、採用のやり方も変わってくると、今井先生のご講演を聴いていて思いました。根本が第1回に申していたように、採用がとても大切なのだと改めて学びました。

今井先生、非常に興味深いお話をありがとうございました!

今後更に「クリニック経営コンサルティング会社と言えば医経統合実践会」と多くの院長先生に思って頂けるように、メンバー一丸となってエレベストクラスのサービスをご提供したいと思います。

続く、第3講座は、根本より「教育」についてお話させて頂きました。

スタッフの入れ替わりが比較的多いクリニックの場合、常に採用と教育はついて回る問題です。

その教育の仕組みを作り上げておくことで、院長先生、先輩スタッフが教育に取られる時間は少なくなると思います。

そのシステムを構築する事が出来れば「人材」を「人財」にするのは不可能ではありません。

第3講座で根本がお伝えした内容の全てをすぐに取り入れることは難しいかも知れませんが、まずは小さな取り組みからでも一歩目を踏み出すことが大切です。


ちなみに私、芝田が動画を教育に活用した「クリニック教育システム確立コンサルティング」を担当させて頂いており、実践塾ご参加医院様から多くのお申し込み、お問い合わせを頂戴しております。

「うちのクリニックも新人教育に動画を活用したい!」というクリニック様はぜひ医経統合実践会 事務局にお問い合わせ下さい!

医経統合実践塾2019 第2回 東京会場

先日、東京会場にて、実践塾第2回を開催致しました!

第1回より更にご参加者様が増え、現在会場を詰めて詰めての状態となっております!ご参加頂いている皆様、誠にありがとうございます。

これだけ多くの方に追加でご参加頂けるようになったのも院長先生、スタッフの方々が実践塾に対して価値を感じてくださっているからだと思います。

実践会サポーターとして、これ以上の喜びはございません。 

さて、東京会場 第2回の第1講演は、根本よりご参加頂いているゲストからご提出頂いた「実践事例の共有」を致しました!

皆さん、とても素晴らしい実践内容ばかりで、私自身大変勉強させて頂いております。

診療科目に関係なく実践出来るものが多く、他医院の実践を参考にし、自院で活かせるものは、全て活用して今後の活性化に繋げて頂ければと思います!

第2講座はリピート率90%、訪れた人に感動を提供し続けているディズニーランドで、かつて10万人のキャストを育てたカリスマトレーナーであるハピネスコンサルタントの櫻井恵里子先生にお話頂きました!

“おもてなし”と“ホスピタリティ”の違いやその歴史についてや、人材育成する上でのCS・ESといった観点の重要性までそれぞれ院長先生、スタッフ様の目線でお話して下さいました。

また、スタッフが働きやすい環境になるためには、リーダーの存在が如何に大事か、同時に“コミュニケーションの深度”というキーワードをお聞きし、自分に後輩が出来た時には、教えて頂いた事を参考にコミュニケーションを取ろうと思います。

最後の櫻井先生と根本のお話では、「まずは院長先生が自ら行動し、スタッフ様に見せる事が大事」という言葉はご参加頂いている多くの院長先生に響いたお言葉だと思います。

櫻井先生、大変貴重なお話、本当にありがとうございました!

第3講座は根本より「医経統合が実現しているクリニックの教育システムはこうなっている」というテーマでお話させて頂きました。

教育制度を整えるには、「やり方教育」と「あり方教育」が存在し、

それぞれ別のテーマでお話ししました。

「あり方教育」では、理念浸透や院長のヒストリーを語る重要性について、「やり方教育」ではより具体的に伝えるために不可欠な業務マニュアルと教育カリキュラムが大事であることを、それぞれお伝えしました。

マニュアルは作りっぱなしにせず、機能させる事が大切です。

まだマニュアルが出来ていない医院様は、これから新たな教育制度確立へと動き出せるように頑張って下さい!

そして、スタッフ様が「人材」から「人財」へと成長される事を応援しています!

医経統合実践塾2019 第1回 札幌会場

4月14日に医経統合実践塾 札幌会場 第1回を開催しました!

2012年より開始した実践塾も、去年まで1会場だったのが、今年は3会場に増えたことで、より多くの院長先生、スタッフ様にご参加頂くセミナーとなりました。

第1講座は、根本より医経統合実践会の目的や、これからの医経統合実現の為に何が必要かという事を院長先生、スタッフ様目線でそれぞれお話させて頂きました。

これから求められるのは「変化」であり、現状維持は、衰退の一途を辿ります。
そうならない為にも如何に院長先生はスタッフを巻き込んだ経営を出来るかが重要です。

第2講座は、ゲスト講師に愛知県名古屋市ご開業 田辺眼科クリニック 院長 田辺 直樹先生とスタッフ様でコンシェルジュの久保 亜紀さんにご講演頂きました。

田辺眼科クリニック様では
・キッザニア(職業体験)
・経営方針発表会
・朝礼での本読み
・2医院合同でのセミナー開催

など多岐に渡り、取り組みをしていらっしゃいます。

田辺先生からは、良い人財の採用、そしてスタッフが「職場に行きたい!」と思えるような環境作りについて、また、スタッフとのコミュニケーションの取り方についても、即実践できるものから信頼関係などを構築し、時間を掛けて実践していくものまで惜しみなくお話して下さいました。

久保さんからは、前職で学んだホスピタリティや、失敗から学んだ経験、そして様々な感動を体験し、それを実感することの大切さをスタッフ様目線で丁寧にお話下さいました。

田辺先生、久保さん、素晴らしいご講演ありがとうございました!

続いての第3講座は、根本より実践塾第1回のメインテーマである「採用」についてお話させて頂きました。

クリニックは基本的に少人数のスタッフで構成されています。
その為、スタッフ一人一人の質がクリニックの経営に大きく影響してくる事は
言うまでもありません。

だからこそ、採用の姿勢として、基本的に妥協してはいけないのです。

その取り組みとして、導入する際の注意点や様々な求人手法などについて
お伝えしました。

ご参加者様が如何に、実践塾で学んだ事を多く実践出来るかが、大きな鍵となっています。

結果を出されているクリニック様ほど、多くを実践し、そこから独自のシステムを作り上げていくものです。

まずは実践あるのみです。

今回お伝えした内容で、応募数自体が増えるのはもちろんのこと「人材」ではなく「人財」が増えるように応援しています!

———

現在下記のセミナーのお申し込みを受け付けております。「これはうちのクリニックに当てはまる!」というセミナーにぜひお申し込み下さい。

◆スタッフを4時間で「アマ」から「プロ」に導くセミナー!定員50名様は既に満員御礼!20席だけ増席しますのでお早めにお申し込み下さい!

『クリニックプロフェッショナルスタッフ研修2019』の詳細・お申し込みは

⇒ https://ikeitougou.jp/seminar/prostaff/ 

◆「自院のブランドを継承した分院を創りたい!」「これからスタッフが増えていく上で、組織をひとつに出来るか心配だ」という院長先生にお勧めのセミナーです!

『クリニック 分院・組織拡大成功セミナー』

⇒ https://ikeitougou.jp/seminar/branch/ 

◆「スタッフにおもてなし力を上げて欲しい!」「もっと自分の気持ちをスタッフに分かって欲しい!」と、スタッフ様にお考えの院長先生は、ぜひスタッフ様にこのセミナーのご参加をお勧め下さい!

『クリニカルコンシェルジュ養成講座』

⇒ https://clinical-concierge.jp/seminar/ 

医経統合実践塾2019 第1回 名古屋会場

3月10日、医経統合実践塾 名古屋会場がスタートしました!

よりゲストの皆様にゆったり受講して頂くため、新しい会場で開催しましたが、新しい会場は運営する側にとっても試行錯誤で、初回となる今回はゲストにとりましても不自由な点もあったかと思います。

次回は更に居心地が良い空間をご提供出来るよう、今回の改善点を次に活かしていきます!

第1講座は初回ですので「実践塾オリエンテーション&医経統合を実現するために、院長先生とスタッフ様にとって大切なこと」というテーマでお伝えしました。

実践塾は去年からのご継続率が80.5%ととても高いリピート率ですので、多くの院長先生、スタッフ様にとってご存知の内容だったかと思いますが「知っている」と「出来る」は全然違います。

繰り返し聴かれることで「出来ること」が増えていきますので、継続してご参加頂いているクリニック様ほど、実践を増やして頂きたいと願っています!

続いて第2講座。東京会場に引き続き、東京と神奈川で眼科クリニックを展開されている医療法人 淳友会 湘南台はた眼科様の秦淳也先生と本多有希子さんにご講演頂きました。

秦先生は「仕事の出来る人材よりも、信頼出来る人材を選ぶ」と仰っていましたが、これは「言うは易し、行うは難し」です。

秦先生が「信頼出来る人材が集まるチームを創るぞ!」と覚悟を決められるからこそ、それが実現するのです。

そしてそんな信頼出来る人財から、本多有希子さんにご講演頂きました。

本多さんのような「伝道師」がクリニックに何人いるかが、医経統合がどれだけ高いレベルで実現するかを左右すると言っても過言ではありません。

本多さんに対しての質疑応答で「院長先生が思いを伝えてくれなければ、こちらから積極的に聴きましょう」と仰っていましたが、このようにリーダースタッフほど「自責」であることが大切です。

今年の実践塾にご参加頂いているスタッフ様が、少しでも本多さんのような素晴らしい伝道師スタッフになって頂けるよう、私達実践会もしっかりサポートしていきます。

秦先生、本多さん、素晴らしいご講演をありがとうございました!

続く第3講座は、根本から今回のメインテーマである『採用』についてお話させて頂きました。

「採用、教育を制するクリニックが、クリニック経営を制する」

と言っても過言ではない位、採用は重要です。ひとりのスタッフの質で、クリニックの質全体が左右されるからです。

この講座では「如何に人財の応募を増やすか?』についてお伝えしましたが、結果が出るかどうかは、どれだけ実践されたかどうかに尽きます。

おひとりでも多くの人財スタッフを採用出来るように、たくさんの実践をして下さい!

医経統合実践塾2019 第1回 東京会場

医経統合実践会のメインセミナー『医経統合実践塾』がいよいよ今年もスタートしました!

今年から会場が東京、名古屋、札幌と3会場に増え、ご参加者数も210名様と大幅に増えました。

実践塾は2012年から開催しておりますが、年々、クリニック経営に危機感を持たれる院長先生が増えています。

しかも実践塾にスタッフ様とご参加される院長先生は

「うちのクリニックで働くスタッフに、成長の機会を提供し、もっと輝いて欲しい!」

という思いが強いですので、今後更にそのような院長先生が増えていくと良いなと思います。

第1講座は、実践会主宰の根本から実践塾についてのアナウンスと医経統合する上で不可欠なことを院長先生、スタッフ様目線両方で話をさせて頂きました。

実践塾はクリニック経営セミナーでありながら、多くのスタッフ様がご参加されるのが特徴です。

院長先生に対してはもちろん、スタッフ様に対しても「プロとして働くのなら、こういう姿勢が大切である」ということを、第三者の立場で熱く伝えるからこそ、スタッフ様にも響くのです。

続く第2講座はゲスト講師のご講演。今回は東京と神奈川で眼科クリニックを展開されている、医療法人 淳友会 湘南台はた眼科様の秦淳也先生と、スタッフ様の本多有希子さんにお話頂きました。

はた眼科様はパートスタッフ様が多いクリニックでありながら、

・キッズドクター(眼科キッザニア)
・白内障説明会
・LINE@で情報発信

など、実に様々な取り組みにお力を入れているクリニック様です。

しかし、もちろん最初から今のはた眼科様があった訳ではありません。秦先生は決して飾ることのない、ありのままのヒストリーを語って下さいました。

本多さんからは「スタッフから見たはた眼科の変化」ということでこちらも素晴らしいご講演でした。

秦先生が「これからは更にクリニックもサービス業の時代になるから、当院で働くスタッフには、接遇にも力を入れて欲しい」というお話があり、とても意欲が上がったと仰っていましたが、ここから

「トップである院長が、クリニックの方向性を示すことが如何に大切なのか?」

ということが、とてもよく分かりました。

ご講演後、秦先生本多さんと記念撮影をご希望されるクリニック様がとても多かったのは、それだけお二人のお話が響いたのです。

秦先生、本多さん、素晴らしいご講演をありがとうございました!

続く第3講座は第1回のメインテーマである『採用』について、根本から話をさせて頂きました。

かつて「採用は妥協しない!」と熱く語っていた根本ですが、今の採用難の時代を反映してか「時に妥協しなければいけない時もある」と、採用についての見解に変化がありました。

もちろん基本的に妥協しないという姿勢はありますが、同時に「変化する」ということも、クリニック経営においては大切です。

これだけ厳しい時代の中で「如何に良い人財を採用するか?」について根本から話があったことを、後は、どれだけ実践出来るかです。

今回の講座を通して「人材」ではなく「人財」が採用出来るように応援しています!

医経統合実践セミナー2018

12月2日は大阪で、今年最後のセミナー『医経統合実践セミナー2018』
を開催しました!

実践セミナー2018 会場全体.jpg
ご覧下さい!このご参加者数を!
医経統合実践セミナー、過去最多です!
おかげさまで医経統合実践会のセミナーは、年々ご参加者が増えています。
それだけスタッフをクリニック経営に巻き込む必要性を実感される院長先生が
増えてきたのだと思います。

実践セミナー2018 第1講座.jpg
第1講座は私から「集団ではなくチームになる方法」というタイトルで
お話させて頂きました。
休日に遠方から学びに来られている訳ですから、既に意識は
高いと思いますが、個として能力が高いということと、チームの
一員として力があるかというのは、また別の話です。
本当はこのタイトルだけで1DAYのセミナーが出来る位、
奥深い内容ですが、今回は3つにポイントを絞ってお伝えしました。

福岡敏先生のお話.jpg
また、愛知県で耳鼻咽喉科クリニックを2軒展開されている、
ふくおかグループの総帥、福岡敏先生にもお話頂きました。
わずか10分という短いお時間の中で、クリニック様の混乱期の
お話もざっくばらんにして頂けるところに、福岡先生の器の大きさを
改めて感じました。
福岡先生、素晴らしいお話をありがとうございました!

実践セミナーにも、これだけ多くのスタッフ様がご参加出来るのは、
福岡先生の経営者としてのお力です!
鎌田洋先生.jpg
続きまして、第2講座は『ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと』を
はじめ、ディズニー関連書籍で累計100万部を叩き出されている鎌田洋先生に
お話頂きました。
ディズニーの人気職種のひとつと言われる「カストーディアル」。
これは要するに「園内を掃除する人」です。
ただ、それも掃除をする人の心構えで大きく変わります。
「このパークの安心安全を保つのは自分だ!」と考えるのか、
「あーあ、何でこんな誰でも出来ることを俺が・・・」と考えるのか。
結局は「何のために、今、その仕事をしているのか?」という
仕事観の違いが、仕事の質も決めるのです。
確かにディズニーはウォルト・ディズニーが圧倒的なリーダーシップを
もってスタッフを動かしていたかも知れませんが、
「うちの院長、ウォルト・ディズニーみたいな情熱無いし」
と思って時点でそれは「他責」です。
院長がどんな人かに関わらず、目の前の業務に価値を見出し、
「作業」ではなく「仕事」に転換出来る人が、人生100年時代の
中で、75歳まで必要とされる人財になるのではないでしょうか。
鎌田先生からそのようなことを汲み取って頂ければ嬉しいです。
鎌田先生と根本.jpg
鎌田先生、素晴らしいお話をありがとうございました!
続きまして第3講座は、愛知県名古屋市ご開業、医療法人 大樹会
田辺眼科クリニック様で看護師としてご活躍中の神德亜紀子さんに
お話頂きました。
神徳さん.jpg
一般的なイメージですが、看護師などの有資格者ほど、診療以外の
取り組みに対して消極的で、協力しない傾向があります。
その点、神德さんは積極的に眼科キッザニア、LINE@の配信、
そして今回のメインテーマのひとつである院内研修の企画、実行委員など
積極的に診療以外の取り組みを頑張られています。
そんな神德さんもはじめから、今のようなスーパー看護師だったのでは
ありません。
田辺眼科クリニック様での様々なご経験を経て、今の神德さんが
あるのです。
ご講演の中で「私に出来たのですから、必ず皆さんにも出来ます!」と
仰っていましたが、それはゴマすりでも何でもなく、心からの本音です。
神德さんのようなスーパー看護師が、もっとクリニックの中にも
増えてくると良いなと願いながら、神德さんのお話を聴かせて頂きました。
神徳さんと根本.jpg
神德さん、素晴らしいお話をありがとうございました!
田辺眼科ファミリー様.jpg
田辺眼科クリニック様も、さすがのチームワークです!
このように医経統合実践会では院長だけでなく、スタッフにもキラキラと
輝いて欲しいという願いから、スタッフに向けてお話することもたくさんあります。
それが多くの院長先生にご支持頂けているのか、医経統合実践会の
メインセミナー、医経統合実践塾の来年分のお申し込みがどえらいこと
になっています!
12月5日現在、209名様からお申し込み頂いており、
東京会場・・・残席16
名古屋会場・・・残席20
札幌会場・・・残席15
と、来年3月~4月に始まるセミナーであるにも関わらず、
残席わずかです!
満員御礼・キャンセル待ちになる前に今すぐお申し込み下さい!
実践塾2019.jpg
残席わずか!『医経統合実践塾2019』お申し込みは今すぐこちらから!

医経統合実践塾2018 第4回

先日、医経統合実践塾 第4回を開催しました!
今年は台風が多く、2週間前位から細かく天気予報を
チェックしており「台風26号発生」のニュースを新横浜駅
ホームで見た時には気絶しそうでしたが、何とか無事に開催
出来てホッと一安心しました。
実践塾2018 第4回 第1講座.jpg
今回も165名様を超えるゲストの皆様にご参加頂き、
熱量がハンパ無かったです。
第1講座はこれまで同様、ご提出頂いた実践事例の共有です。
素晴らしい内容の事例が、これでもかというくらいの量集まりますので、
講座内でご紹介出来るのは、極々わずかです。
既に当日から数日経過していますが、ゲストの皆様がこの数日の間に
しっかり一枚一枚の事例に目を通して頂けると嬉しいです!
続きまして、第2講座は大ベストセラー『社会人として大切なことは
みんなディズニーランドから教わった』の著者、香取貴信先生に
ご登壇頂きました!
香取貴信先生.jpg
当初ヤ●キーだった香取先生が、ディズニーランドでの仕事を通して
如何に変わっていかれたのかというお話でしたが、私は「先輩スタッフが
根気強く香取先生を教育したこと」が、非常に大きいのではないかと
感じました。
私自身も「なんでこんなこと分からないのかな?やる気ないのかな?」と
割とすぐ思ってしまう方なので、香取先生のお話から反省する点が多かったです。
ご講演後は、香取先生と私の即席対談。
香取先生と根本の対談.jpg
ゲストのアンケートを拝見すると、この対談が良かった!
というお声が多数ありました。
香取先生と根本.jpg
香取先生、飾らないステキなお話、本当にありがとうございました!
そして最後は第3講座。今回のメインテーマである「増患」に
ついてお話させて頂きました。
実践塾2018 第4回 第3講座.jpg
手法はいくつもありますが、結局大切なのは
「考え方」「あり方」です。
院長先生は言うまでもなく、スタッフに高い仕事観があれば、
増患増収は自然と実現するものです。
今回の講座が少しでも増患のヒントになったのでしたら嬉しいです!
なお、今回の実践塾で来年のご案内をしましたが、な、なんと!
既に140名様からご継続のお申し込みを頂きました!
このペースは本当にヤバい!
来年は3会場開催ですが、どの会場もすぐに満員御礼、
キャンセル待ちになりそうです!
「来年はスタッフを巻き込んで、クリニックを活性化したい!」
このようにお考えの院長先生は、今すぐ下記からお申し込み下さい!
『医経統合実践塾2019』の詳細・お申し込みはこちら!

過去の記事

お申込み受付中

医経統合実践塾2019

ご相談はこちらから

045-548-4106

  1. ライン