医経統合実践会のコンセプト

「スタッフをクリニック経営に巻き込む」 スタッフが自主的に取り組んでいくようなチーム作りを目指します

保険点数の減少、競合医院の増加など、今後更にクリニック経営は厳しくなります。
そのような中で、長期的に繁栄し続けるクリニックとは「良い人材の定着率が高く、診療以外の取り組みに次々と挑戦出来るクリニック」です。

クリニックの院長先生は「医師業務」だけでなく「経営者業務」を兼務しなければならず、 それは言わば、野球においてチームの監督でありながら、4番バッターとエースピッチャーを兼ねる位、多忙を極めます。

そのような中でクリニック経営において重要な採用、新人教育、スタッフモチベーションアップ、増患対策、評価制度構築などは、院長先生だけで考えられるのは時間的にかなり厳しいです。
だからこそ、スタッフの力が必要なのです。

医経統合実践会はコンサルティングの中で、スタッフとの個人面談や仕事のモチベーションを高める講演しながら、徐々にスタッフのモチベーションを上げ、前述した「院長先生だけがやらなくてはいけない業務以外の業務」を、どんどんスタッフに考えてもらい、自主的に取り組んでいくようなチーム作りを得意としております。

「多忙な院長先生をサポートするスタッフを育て、スタッフをクリニック経営に巻き込む。」

これが医経統合実践会のコンセプトです。

お問合せ内容



医院名・社名等
お名前必須
ご住所必須 半角ハイフンなし (例:2210834)

電話番号必須 半角 (例:045-548-4106)
メールアドレス必須
ご質問事項

お申込み受付中

医経統合実践塾2019

ご相談はこちらから

045-548-4106