1591

クリニック経営ブログ

表現を変えるだけで印象は大きく変わる

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、医経統合実践会 主宰 医経統合コンサルタントの根本和馬です。

日常生活の中でも、アンテナを立てればクリニック経営のヒントになりそうなことはたくさんあります。

例えば先日行ったスタバで、このようなブラックボードを見つけました。

仕事柄と立場柄か、「世界一」「日本一」という響きに胸高まり、心躍る私としては、食い入るように見てしまいました。

このブラックボードにあるように、この店舗で働いているパートナー(スタバでは働いている人をこのように表現します)の多くが、聴覚に障がいをお持ちで、コミュニケーションの殆どを手話で行うことから「世界一静かなスタバ」と表現しているのです。

この表現が秀逸で、改めて「伝え方ひとつで、相手への伝わり方も全然違うなぁ」と、大変勉強になりました。

このブラックボードを見た時に「これは今後のコンサルや講演で話をするかも知れない」という思いで、写真を撮ったのですが、それを見ていたパートナーの方が

「写真撮って下さってありがとうございます。このボードはこの子が描いてくれたんですよ」

と教えてくれました。

ブランド力がある企業というのは、このような些細なところがしっかりしているのです。

そしてこのような企業にお客様(もちろん患者さんもそうですが)や「ここで働きたい」という応募者も増えるのではないでしょうか。

滞在時間はものの10分程度でしたが、とても勉強になりました。今日の内容がクリニック経営活性化のヒントになれば嬉しいです。

【残席12席!満員御礼必至!】

開催まであと約3か月にあるにも関わらず、12月に大阪で開催する落合博満さんをゲスト講師にお迎えした「医経統合実践セミナー」の残席が12席です。

お早めにお申し込み下さい!

『残席12席!医経統合実践セミナー』の詳細・お申し込みはこちらです!

過去の記事

お申込み受付中

医経統合実践塾2019

ご相談はこちらから

045-548-4106

  1. ライン