1288

クリニック経営ブログ

新人スタッフにまず伝えること

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、医経統合実践会 主宰 医経統合コンサルタントの根本和馬です。

2019年、始まったかと思ったらもう3か月が経ちます。両親をはじめ、多くの人生の諸先輩方から

「年齢を重ねると、時間が経つのが早く感じる」

と、聞いていましたが、正にその通りだと思っています。

さて、4月から新人スタッフが入社するクリニックも多いかと思いますが、新人が入社した際

・新人スタッフに自己紹介をしてもらう
・院長先生、先輩スタッフが新人スタッフに自己紹介する
・出社してから、着替えて、院内に行くまでの流れ

など、一通り説明するのはもちろんですが、出来れば早い段階で

「医院理念」

を伝えることをお勧めします。

チーフスタッフなどのリーダーが入社オリエンテーションを実施しているクリニックは、必然的にオリエンテーションの内容に組み込まれていると思いますが、そのようなことを実施していないクリニックでも、せめて

「うちのクリニックは●●(医院理念)を大事にしている職場なので、これから一緒に頑張っていきましょう!」

という感じで伝えて下さい。

その後、改めて定期的なミーティングの中で「なぜ当院の理念は●●になったのか?」などを伝えて下さい。

大事なことほど、繰り返し何度も何度も伝える必要があります。院長先生が

「これだけ言えば、さすがにもう十分伝わっただろう」

と感じる時、新人スタッフは

「このクリニックは●●が理念なんだなぁ」

くらいに受け止めているものです。

そのようにして何度か伝えた後、新人に「ところで当院の理念って何でしたっけ?」と、逆に尋ねてみて下さい。

もしかしたら答えられないかも知れませんが、その際は

「これだけ伝えても、まだ伝わらないのか。伝えるのって本当に大変で、何度も何度も伝え続けないといけないんだな」

と思って頂ければと思います。

過去の記事

お申込み受付中

医経統合実践塾2019

ご相談はこちらから

045-548-4106