904

スタッフブログ

姉思い

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの栗林です。

先月は娘の誕生日でした。当日、朝起きた娘に、おめでとうと伝えていたのを聞いていた息子が、私の側に来て耳元でささやきました。
「お母さん、僕お姉ちゃんにプレゼントあげたい。だから買いにいこ。」

誕生日は娘ご希望のバイキングへ行くので、近くにあるディズニーストアへ寄りました。内緒にしたいと言うことで、娘と父に別の場所に行って貰い探しはじめました。
見てすぐ、これにするっ!と取ったのは、大きいぬいぐるみです。息子のポシェットに入ってるのは800円余り。
足りないので小さいマスコットや文房具なども見ました。文房具にしようとすると、「うーん、これにしたら僕のお金がほとんどなくなっちゃうしなぁ。」予算とプレゼントが上手くいきません。

もう少し、商品を見ると、かわいい缶バッジを発見。チップとデールが好きなので、それをプレゼントすることにしました。

「一人で買ってくるから。」と息子はレジにならびに行き、150円ほどの缶バッジをきちんとプレゼント用にして貰って買ってきました。

娘に渡すと、ありがとうと丁寧にシールをはがし、中身をみて「わぁ、かわいい!」と喜んでいました。それを見て息子も笑顔、私もとても嬉しくなりました。

娘は、毎日持っていく音楽クラブ用のバッグにつけて大切にしています。

息子の、喜ばせたいと言う気持ちや、一生懸命選ぶ姿がとても嬉しかったです。

さて、今月初めには息子の誕生日がありました。

娘とトイザらスに行く機会があった時に、プレゼントあげないの?と聞くと、
「うん、いいの。前に下敷きあげたし。」とあっさり。

息子も、まったく気にしません。

これから、姉弟関係がどうなるか楽しみです。

月別アーカイブ

お申込み受付中

医経統合実践塾2019

ご相談はこちらから

045-548-4106