0

セミナーレポート

クリニック経営セミナーレポート

プロフェッショナルスタッフ研修2019

2019年6月16日(日)、名古屋にて『クリニックプロフェッショナル
スタッフ研修2019』を開催しました!

日々の診療だけでもお忙しい中、貴重なお休みを使ってご参加頂いた院長先生、スタッフの皆様、本当にありがとうございました!

今年も当初予定していた50名を超える方にお申込み頂き、急遽枠を更に増加することとなりました。

これだけ多くの方にお申込み頂けたという事は、それだけ、院長先生が日々のスタッフ教育に悩まれている証拠でもあります。

おひとりでも多くのスタッフの方が「このセミナーに参加して良かった!」と感じて頂けたら、嬉しいです。

第1部は、根本から『医療業界のこれから』についてお話させて頂きました。

クリニックで働く殆どのスタッフは「これから医療業界はどうなっていくのか?」という事知らないまま仕事をしています。
医療業界も常に変化していかなければ衰退の一途を辿ることになります。

そうならない為にも、スタッフ一人一人がクリニックに対して価値を提供し、結果を出す必要があります。

その為には自発的に常に「どうすれば良いか」を考え、取り組めるようにならなければなりません。

これからの人生100年時代を迎える中で、80歳まで「人財」でいなければならない時代であり、辞めるなんて選択肢はないのです。

是非、自分の価値を高め続けていただきたいです。

第2部は、兵庫県 神戸市ご開業 医療法人社団 まつだ内科
管理栄養士 高島 里美さんにご登壇して頂きました!

まつだ内科様への在職期間は約1年半にも関わらず、院長の松田先生からは「クリニック全体の流れをほぼ把握しており、当初予定していなかった在宅医療での栄養管理を任せているだけでなく、自身の隣で医療クラークとしての役目を完璧にこなしてくれている」と、高い評価を得られています。

いつも通りの自分を見て頂きたいという事で、クリニックでのユニホームを着用されて、お話下さいました。

患者様に対する対応、診療報酬請求など入職して困ったことや、イベントなどを開催した際の失敗から得られた経験など、新人スタッフ様の目線でお話下さりました。

また、自分で感じている医院に対する問題意識を自分の中だけで処理するのではなく、スタッフ全員で情報共有することによって、「この問題を指摘したら、私がそれを何とかしなきゃいけなくなる」という躊躇いや悩みも無くなるという、自身が抱いた正直なお気持ちもお話下さり、私自身も 勇気を振り絞って、発言する重要性について改めて考える時間となりました。

最後、根本との即興対談時に「なかなか、行動出来ないスタッフがいたらどのようにアドバイアスしますか」という質問に対し、「ロッカールームトークをお勧めします」とお答え頂けたのが印象に残っています。

ロッカールームで他のスタッフとの会話の中で「これを実践しようと思うんだけど、どう思う?」と言うふうに、宣言し、行動に移さなければならない状況にする事によって、自身の行動へと繋げるという意識の高い高島さんらしいお言葉でした。

ご入社間もない新人スタッフ様はもちろん、ご経験を積んだベテランスタッフも「初心に戻る」という意味で、高島さんのお話から多くの刺激を得ることが出来たと思います。

高島さん、素晴らしいご講演ありがとうございました!

続いて、第3部は根本より『80歳まで人財であるための仕事観の確立』の後編でした。

その中で目標設定についてもお話させて頂きましたが「あなたの5年後の目標を教えて下さい」という質問に答えられるスタッフは殆どいません。5年後どころか1年後の事さえも考えていないのが現状だと思います。

これからプロフェッショナルとして輝くためには「将来、自分はこうなりたい」「そのために、今はこれに全力で取り組もう」という姿勢が必要です。

自らが仕事を楽しむためにも「良い目標を立てる」事が大切であり、それをいつまでにやるのかを明確にする事によって「作業」から「仕事」へと変える事が出来ると思います。

今回ご参加頂いたスタッフ様が、クリニックとって、「人財」となり、ご活躍されることを期待しています。頑張って下さい!


『更にプロフェッショナルとしての階段を上りたい!』というスタッフ様は、クリニカルコンシェルジュ協会主催の「クリニカルコンシェルジュ養成講座」にご参加下さい!
残席も残りわずかとなっております。お早めにお申し込み下さい!

https://clinical-concierge.jp/seminar/

ちなみに私、芝田が動画を教育に活用した「クリニック教育システム確立コンサルティング」を担当させて頂いており、こちらも既に多くの院長先生にお申し込み、お問い合わせを頂戴しております。

「うちのクリニックも新人教育に動画を活用したい!」というクリニック様はぜひ医経統合実践会 事務局にお問い合わせ下さい!

どんなクリニックを目指すのかを伝える重要性

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、医経統合実践会 主宰 医経統合コンサルタントの根本和馬です。

先日開催した「医経統合実践塾 名古屋会場」でゲスト講師を務めて下さったディズニーとUSJで人材教育のご経験がある今井千尋先生も仰っていましたが、

どんなクリニックを目指すのか?

そのためにどんな人材を集めるのか?

目指すところにたどり着くために、どんな準備をするのか?

を院長先生が明確にし、スタッフに伝えるのはチーム作りにおいて極めて大切です。

それを明確にしなければ「集団」にはなれても「チーム」になることは出来ません。

ぶっちゃけた話、これまでのクリニック経営は「集団」でもそれなりに結果(増患増収、良い人材の離職率の低下、良い人材の採用の成功)は出たのだと思います。

しかし、これからはそうなりません。更に厳しい時代に突入するのですから。

ちなみにうちの会社はメンバーに常々伝えていますが「アベンジャーズ」のようなチームを理想としています。

その理由のひとつに「世界歴代映画興行収入」があります。

1位  アバター
2位  アベンジャーズ/エンドゲーム ※
3位  タイタニック
4位  スター・ウォーズ/フォースの覚醒
5位  アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー ※
6位  ジュラシック・ワールド
7位  アベンジャーズ ※
8位  ワイルド・スピード SKY MISSION
9位  アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン ※
10位 ブラックパンサー ※
11位 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
12位 スター・ウォーズ/最後のジェダイ
13位 ジュラシック・ワールド/炎の王国
14位 アナと雪の女王
15位 美女と野獣
16位 インクレディブル・ファミリー
17位 ワイルド・スピード ICE BREAK
18位 アイアンマン3 ※
19位 ミニオンズ
20位 シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ ※

上記20作品のうち7作品がMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)
なのです。凄まじいことです。(※がついているのがMCUです)

「アベンジャーズ」としての集合体の強さもさることながら、アイアンマン、キャプテンアメリカ、ブラックパンサーなど、いちキャラクターとしてもとても魅力で、多くの人を魅了していることが上記ランキングから伝わってきます。

※ちなみに22位はMCUの「キャプテン・マーベル」です。

つまり私ひとりに依存するのではなく、メンバーひとりひとりがお客様にとって魅力的な存在であって欲しいという願いからアベンジャーズを目指しているのです。

もちろんこれは私が目指すものですから、これが正解という訳ではありませんが、とにかくクリニックのトップである院長先生が目指す組織のあり方を明確にし、スタッフに伝えることが大切なのです。

現在、医経統合実践会では「集団」ではなく「チーム」を作るためのセミナーとして以下を予定しております。どれも満員御礼・キャンセル待ち必至ですのでお早めにお申し込み下さい!

医経統合実践会、最初で最後の分院・組織拡大成功セミナー!

https://ikeitougou.jp/seminar/branch/

ゲスト講師はあの落合博満氏!「医経統合実践セミナー2019」

https://ikeitougou.jp/seminar/practice/

過去の記事

お申込み受付中

医経統合実践塾2019

ご相談はこちらから

045-548-4106

  1. ライン