0

スタッフブログ

スタッフブログ

ママたちの病院事情

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、

医経統合会WEBデザイナーの佐藤です。

最近、来年幼稚園に入る、引っ越してきたばかり、といったママ達と

話す機会がありました。

特に引っ越してきて困るのが、病院です。

知らない場所でどの病院がいいかわからなくて困っている人が多いです。

もちろん、ネットを見れば病院の場所や診察時間はわかります。

でも、どんな病院かわかりません。

行った人から話を聞くのが一番手っ取り早いので、病院の話はよく出ます。

ママ達にとって、病院はなかなかハードルが高い場所です。

子供が嫌がらずに行ってくれるか、ぐずらないでいてくれるか、

周りの患者さんに迷惑かけないかなど、心配ポイントが山のようにあります。

そんな中で、病院の使い分けをしているママが多くみられました。

「A病院は、良いんだけど、混んでるからね、ちょっとした事ならB病院に行く」

ママ達にとって病院を選ぶのに、何かわからない病気の時は混んでいても腕のいい病院

ちょっとした病気の時は空いている病院と、使い分けているのです。

勿論、A病院に行きたい。でも、子供がぐずるし、そんなに待っていられないし、

ほかの兄弟の習い事にも行かなきゃいけないし・・・

かかりつけ医院を持つことは大事と分かってはいても、なかなかそれができない現状があります。
皮膚科や耳鼻科ではよく聞く話です。

待ち時間が少しでも子供にとって苦痛じゃなく、少しでも楽しいことがあるようになった

ら・・・

ママ達の病院選びも変わってくるのでしょうね。

待ち時間の取り組みを知りたくなったら・・・こちら

毎週月曜日配信!おもてなし力をアップするヒント

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
clinicalconcierge-05.jpg
おかげさまで今年の2月に創業した「一般社団法人 クリニカルコンシェルジュ
協会」のホームページに、毎日多くの方々にアクセスして頂いてると、弊社の
HP制作担当スタッフから報告がありました。
まだまだよちよち歩きのホームページですので、ぜひ皆様で
育てて頂ければ嬉しいです。
『クリニカルコンシェルジュ協会』のホームページはこちらです!


※出来ましたら、上記サイトはお手持ちのスマートフォンでご覧下さい。
このホームページの中にもありますが、クリニカルコンシェルジュ協会では
毎週月曜日、患者さんだけでなく、スタッフ間のおもてなし力が上がるヒントを
配信するLINE@のサービスも行っております。
Image-1.jpg
上記のような感じで週に1回、配信されます。
多くの人にとって月曜日というのは「あー今週からまた仕事だぁ」
というテンションだと思いますが、そのような中で、朝8時にメッセージが
届くことで「よし!今週も頑張ろう!」と、気合いを入れて頂ければと思い、
月曜日に配信することにしました。
院長先生の中には「LINEやっている人は、みんな入って下さい」と
呼び掛けて下さる方もいらっしゃり、とても嬉しいです。
こちらもおかげさまで既に多くの院長先生、スタッフ様にご登録
頂いていますので、下記よりご登録下さい!
毎週月曜日配信!『C3(Clinical-Concierge-Club)』はこちらです!

満員御礼続出!

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
医経統合実践会は「スタッフをクリニック経営に巻き込む
コンサルティングやセミナーのご提供」をコンセプトに、お客様に
サービスをご提供しておりますので、セミナーにも多くの
スタッフ様がご参加頂けることが、大きな特徴です。
多くのご参加者様.jpg
6月17日(日)に名古屋で開催する『『クリニックプロフェッショナル
スタッフ研修』は、先日の実践塾で告知しただけで、満員御礼・キャンセル待ち
になってしまいました。
clinicalconcierge-05.jpg
そして、医経統合実践会の姉妹ブランドとして今年の2月に創業した
「一般社団法人 クリニカルコンシェルジュ協会」が7月26日(木)に
東京都内で開催するセミナー『クリニカルコンシェルジュ養成講座
ベーシックコース』も、同じく実践塾にご参加頂いているクリニック様に
お伝えしたら、あっという間に満員御礼になりました。
会場の選定もあるのですが、さすがに開催3~4か月前に満員御礼で
これ以上受け入れられないとなると、ご参加頂けないクリニック様が
かなり多くなりますので、限られた数かも知れませんが、増席したいと思います。
「スタッフに”プロフェッショナル”としての仕事観を身に付けて欲しい」
「仕事観を伝えるのは大切なのは分かっているけど、何を伝えたら良いか
分からないし、なかなかその時間を取るのも難しい」
このような院長先生は、下記から今すぐお申し込み下さい!
『クリニックプロフェッショナルスタッフ研修』の詳細・お申し込みはこちらです!


そして、クリニカルコンシェルジュ養成講座が告知後7日間足らずで
満員御礼になってしまったことから考えても、今後は患者満足度を上げることを
重要視するクリニックが増えていくことが予想されます。
インターネットのこの時代、なかなか良い評判は広がりませんが、
悪い評判は瞬時に伝わります。たったひとりの患者さんの投稿が、
あっという間に患者数を減らすこともあるのです。
そのようなことが無いように、今から、ひとりでも多くのスタッフ様に
「患者満足度を上げる重要性」を理解してもらうために、クリニカル
コンシェルジュ養成講座を受けてもらうこととお勧めします。
こちらも、前述したプロ研修同様、どこまでお席を増やせるか分かりませんので、
すぐにお申し込み下さい!
『クリニカルコンシェルジュ養成講座』の詳細・お申し込みはこちらです!

言って、言われたい言葉

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの古川です。

今日は、ありがとうの話です。

「ありがとう」って素敵な言葉だと思いませんか?

言われた方も嬉しいし、言った方もなんだか気持ちが良い。

 

先日仕事で、ある業者の方と電話でやり取りをしたのですが

主に、私からの「あー、したい」「こー、したい」という無理なお願いや細かい質問ばかり。

仕事とはいえ、面倒なお客様になってしまっていないか、ちょっと不安でした。

 

でも、電話の向こうから聞えてくるのは、

明るい声と「ありがとうございます!」という言葉。

 

ありがとう?

 

質問されて、お願いされて

「なんでありがとうなんだろう?」

 

最初はちょっと、不思議でしたが、

何度もやり取りしていると、とても気持ちが良い。

 

質問をされて、「ありがとうございます!」

回答をいただいて、「ありがとうございます!」

 

お互いに「ありがとう」の言い合いになってしまっていて

冷静に考えたら、ちょっとおかしなことになっていたかもしれませんが

でも、私は、とても気持ちよく仕事ができたのです。

 

これまで、

様々な職種の様々な方と電話でやり取りしてきましたが

私の記憶が正しければ、

質問して、お願い事をして

「ありがとうございます!」と言ってくださったのは、

あの方々だけです。

 

その業者様では、

どなたが電話にお出になっても、同じく気持ちの良い対応をしてくださるので、

実は、電話をかけるのがちょっと楽しみになっていました。

 

きっと、私、
「ありがとう」を言って言われるのが楽しみになっているのですね。

 

さて、じゃあ、私の方はどうなんだろう?

 

お電話をいただいた方に、嫌な想いをさせてはいないだろうか?

私との電話を切った後に、

「あ~、なんて素晴らしい応対だったのだろう」

「また、この人と話したい」

そんな風に思っていただけているだろうか

 

電話という、相手の顔が見えない状態で

どれだけ相手の予想を超えるものを与えることができているだろうか

 

改めて、自分をふりかえり

電話だけに限らず、

たくさんの「ありがとう」を言って、言われる人でありたいな、

と、強く思いました。

 

では、最後に質問です。

 

あなたは、今日、

何回の「ありがとう」を

言って、言われましたか?

 

 

医経統合実践塾2018 第1回

医経統合実践会のメインセミナー「医経統合実践塾」が今年も
遂にスタートしました!
今年は前年を遥かに上回る144名様にご参加頂き、
大・大・大盛況でした!
このご参加人数は様々な診療科目のクリニック経営セミナー
としては、日本一の規模だと思います。
このような規模になりましたのも、2012年から変わらず
ご参加頂けている院長先生、スタッフ様のおかげです。本当に
ありがとうございます!
実践塾2018 第1講座.jpg
今年はあまりにご参加人数様が多いため、ひとつのスクリーンでは
会場内をカバー出来ないと考え、デュアルスクリーンを採用しました。
実はこれは弊社メンバーのアイディアです。
このようなアイディアを積極的に出してくれるメンバー達にも
心から感謝です。
そして、今回のゲスト講師は愛知県知多市ご開業、オーシャンキッズクリニック様の
院長 日比将人先生と、スーパーチーフ看護師 谷口梢さんにお話頂きました!
日比先生.jpg
日比先生はご開業前から様々な視点でクリニック経営のことを考えられ、
順風満帆なスタートを切られました。
しかし、クリニック経営は「安定する」ということは基本的にありません。
オーシャンキッズ様もその後、スタッフ様の問題が起こり始めました。
その後、私が医院様にお伺いしたり、日比先生、スタッフ様が実践塾に
ご参加頂くことで、次第にチームが強くなっていかれました。
ご講演の中で「スタッフに『当院の実践項目の中で、モチベーションが上がった
取り組みと言えば何ですか?』と聞いたら『実践塾の参加』と答えたスタッフが
7人中3人いました」というお話がありましたが、これはすごく嬉しかったです。
谷口さんと日比先生.jpg
日比先生、谷口さん、素晴らしいお話を本当にありがとうございました!
そして第3講座は私から「採用」についてお話しました。
実践塾2018 第3講座.jpg
超人材不足時代において、採用難はクリニック経営が
低迷する要因となり得ます。
ここで大切なのは「守りの採用」ではなく「攻めの採用」に転じることです。
そのためには「まず、考える」ではなく「まず、やってみる」の姿勢を
貫き続けるということです。
実践塾後、ご参加頂いたクリニック様の中で「採用の流れを
見直しています」と、早速行動に移されているご連絡も頂けて、
とても嬉しく思います。
今年も多くのクリニック様が、更に医経統合を実現されるよう、
精一杯サポートさせて頂きます!
clinicalconcierge-05.jpg
なお、実践塾の最中に、今年2月からスタートした医経統合実践会の
姉妹ブランド「一般社団法人 クリニカルコンシェルジュ協会」を紹介
させて頂きました!
「クリニックに、おもてなしを。」をコンセプトに、クリニックで
働くスタッフ様のおもてなしレベルが向上されるお手伝いをさせて
頂くことを目的としておりますが、そのひとつとして、7月にセミナーを
開催します!
告知後、あっという間に半分のお席が埋まる人気っぷりに、改めて
満足度を上げることにお力を入れるクリニック様が増えているのだなと
感じました。
残席わずかですので、お早めにお申し込み下さい!
クリニカルコンシェルジュ養成講座 ベーシックコースのご案内はこちらです!

インフルエンザ生活

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの栗林です。
先日、医経統合実践塾2018 第1回開催致しました。ご参加頂いた先生方、スタッフの皆様、ありがとうございました。私は、子供の行事があり行けませんでしたが、多くの気づきや学びを得て頂けたかと思います。
さて前回のブログで、子供達のイベント前で、流行っていたインフルエンザにかからずに参加することができた話を致しました。
イベントが終わり、ほっとしていたところに上の子が発熱。我が家にもやってまいりました。インフルエンザ。
上の子は初イナビルです。私も初めて手にしました。子供もドキドキしながら吸入し、1つ吸えば、あとは安静に。
下の子に移らないよう、家族でマスクをし、ご飯食べるのも別、加湿、空気清浄機の他、ウイルス除去も置き、専用のタオルも置き、極力物をさわらせないようにしながら過ごしました。
寝るときだけは、手を繋いでほしいと娘。息子を寝かせてから移動し、別室の娘を寝かせ、また戻るを連日繰り返しました。
熱が下がり、DVDにも飽きてくると、2人で巾着袋を作ったり、マニキュア塗ったり、折り紙でくす玉作ったり、日中殆ど2人になる事もなくなったので、良い時間になりました。
登校できる日になり、ほっとした2日後、今度は下の子が発熱。マジか・・・。と信じ難く、何回も検温してしまいました。やはりインフルエンザでした。時期がかぶる事もなく、また引きこもり生活です。あんなに気をつけたのに、こればっかりは仕方がないのですが、どうせなるなら数日位被って欲しかったと思ってしまいます。
今度は息子が個室生活ですが、熱が下がるとちょこちょでてきます。部屋もあれこれとちらかりっぱなしです。外遊び大好きな息子にとってはつまらない日々でした。ただ、夜寝るときは、娘と違い、一緒に寝られない事は割り切って、じゃ、おやすみ。と自分で電気を消して寝ていました。
この2週間で、仕事もお休みを頂き、幼稚園の謝恩会の係りも行けず、申し訳ない気持ちになりましたが、子供達とそれぞれとゆっくり過ごし、新たな発見もできた機会となりました。

新法人、誕生!

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
先日、医経統合実践会のメインセミナー「医経統合実践塾2018」の
第1回を開催しました!
今年は昨年を大きく上回る144名様にご参加頂き、初回とは思えない程、
大・大・大盛況でした。
実践塾当日の様子は、後日また報告するとして、本日は
今年2月1日に誕生した、医経統合実践会の姉妹ブランド、
「クリニカルコンシェルジュ協会」
について紹介させて頂きます。
clinicalconcierge-01.jpg
「医療もサービス業である」とは、既によく耳にする言葉ですが、
クリニックで働くスタッフの言葉づかい、身だしなみ、立ち振る舞いを見ていると、
まだまだ「医療もサービス業である」は”単なる言葉”と言わざるを得ないです。
クリニカルコンシェルジュ協会は「クリニックに、おもてなしを」を
コンセプトに、クリニックで働くスタッフのおもてなしレベルを上げ、
結果、院長先生は今までよりも、より診療に集中出来たり、患者さん満足度が
更に上がるということを実現することをサポートする法人です。
先日、クリニカルコンシェルジュ協会のホームページを公開しましたので、
ぜひご覧下さい!
「クリニカルコンシェルジュ協会」のホームページはこちらです!


なお、クリニカルコンシェルジュ協会では毎週月曜日、
「クリニックのおもてなし力をアップするためには?」
「患者様満足度を上げるにはどうしたら良いか?」
などのテーマで配信するLINE@のサービスも行っております。
皆様にとって価値ある内容を配信していきますので、
よろしければご登録下さい。

LINE@のご登録はこちらです!


今後、クリニックにひとりでも多くのクリニカルコンシェルジュが誕生するよう
精一杯サポートさせて頂きますので、よろしくお願い致します!

月別アーカイブ

お申込み受付中

医経統合実践塾2019

ご相談はこちらから

045-548-4106