0

クリニック経営ブログ

クリニック経営ブログ

ディズニーランドで満足度が上がった出来事

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
昨年、弊社の年間テーマが「ライバルはディズニーランド」でしたので
特に昨年はディズニーに行く機会が多かったです。
早速、先日「今年初のディズニー」に行ってきましたが、
今日はそこでのお話を。
ディズニーはご存知「リピート率90%」と言われる、
超優良企業です。
弊社もそのひとつですが、業種業界に問わず、ディズニーを
モデリングする企業は多くあります。
リピート率90%以上と言われる要因は多岐に渡りますが、
先日ディズニーランドに行った際に、改めてそのひとつを実感出来ました。
基本的に土日は閉園時間が22時で、これまでディズニーに行った
殆どの場合で、翌日は仕事でしたので、閉園ギリギリまでいることは
ありませんでした。
しかし、年始に行った際は次の日も休みでしたので、
閉園時間まで遊んでいました。

「じゃあ、ぼちぼち帰るか」とモンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク!”
(というアトラクション)の前を通った際、キャストの方が
「今ならすぐ乗れますよ!如何ですか?」
と、声を掛けてくれました。
「え!?もう22時過ぎてるんじゃないの?」と、腕時計を見たところ、
22時02分を指しており、実際に閉園時間を過ぎていたのです。
本来であれば「またのお越しをお待ちしてます」と笑顔で見送れば
お客様の満足度が下がることはありません。
しかし逆に「閉園時間を過ぎたので、お見送りをしている」は、
普通の出来事が起こっているので、満足度が上がるということも
ありません。
コンサルティングやセミナーで度々お伝えしていますが、満足度が
上がるのは「相手の期待を超えた時」です。
そして、満足度を上げるのに必要なのは、巨額を投じた
設備ではなく最終的には「人」に尽きるのだと、改めて今回の
出来事から感じました。
今年も医経統合実践会は更にお客様の満足度を上げるコンサルティング、
セミナーを実施していこうと、先日のディズニーの体験を通して決意を
新たにしました!
医経統合実践塾の残席がわずかです!お早めにお申し込み下さい!
残席6席!『医経統合実践塾2018』の詳細・お申し込みはこちらです!

細部にこだわることの重要性

実践塾2018 1.jpg
クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
医療業界に限ったことではありませんが、経営環境は
日々変わっていきます。
これまでがそうであるように、現在は常識であることが
5年後は非常識になる(その逆も然りです)なんてことが
普通に起きると思います。
そんな中、大切なのは「変化する」ということであり、
今回特にお伝えしたい「細部にこだわる」ということです。
イチローの打つ構えまでの一連の動作もそのひとつですが、
一流のプロフェッショナルほど、様々なこだわりがあります。
それは企業や店舗も同様です。
私はラーメンが大好きですが、一蘭というラーメン屋さんは
お客さんに味に集中してもらうために、あのようなカウンターに
なっているのです。それもこだわりのひとつです。
昨年、弊社は「ライバルはディズニーランド」を年間テーマとして
会社を運営していましたが、例えば『プーさんのハニーハント』という
アトラクションにおける待ち時間についての下記の表示も、ディズニーの
こだわりのひとつです。
プーさん.jpg
待ち時間の目安が「8分」とありますが、これは本当に8分の
待ち時間が必要なのではなく、ほぼ待ち時間が掛からない状況
なのですが、そこでも「待ち時間5分」ではなく、プーさんの
大好物である「ハチ(8)ミツ」にかけているのです。
同じようなユニークな待ち時間表示として『ホーンデットマンション』
というアトラクションでも、待ち時間が短い場合には「13分」などと
表示しています。
※海外では「13」が不吉な数字のひとつとして認識されている
ようですね。「13日の金曜日」などのように。
ちなみに、今年の3月から始まる「医経統合実践塾2018」の
第1回ゲスト講師としてご講演頂く日比将人先生がご開業されている
オーシャンキッズクリニック様では、留守番電話の応対の声が、小児科
だけにお子様の声になっています。これも素晴らしいこだわりのひとつです。
クリニック経営の安穏としていられる状況ではありません。
結果を出していくためには、オーシャンキッズクリニック様のように
細部にこだわることが大切です。
医経統合実践塾では、日比先生をはじめ素晴らしい方々のご講演を
聴くことが出来ます。これだけでも十分に実践塾の価値があると自負
しております。
今年開催分は1月11日時点で144名様にお申し込み頂いており、
残りのお席はあと6席です!
開催まであと2か月近くありますので、この6席はあっという間に
埋まる可能性があるプラチナシートです!
お早めにお申し込み下さい!
残席6席!『医経統合実践塾2018』の詳細・お申し込みはこちらです!


実践塾2018 1.jpg

年間5000枚の「ありがとうカード」が集まるクリニック

実践塾2018 1.jpg
クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願い致します。
先月末、連載「クリニック開業を成功に導く『頼りになるスタッフ』の
育て方」を更新しました!
「クリニック開業を成功に導く『頼りになるスタッフ』の育て方」の最新号はこちらです!


2017 集合写真.jpg
今回は愛知県春日井市でご開業されている坂井耳鼻咽喉科様の院長、
坂井邦充先生にクリニック経営成功のポイントをたくさん教えて頂きました。
上記ページでも坂井先生に語って頂いておりますが、坂井耳鼻咽喉科様では
年間5000枚もの「ありがとうカード」が坂井先生、スタッフ様間で
渡されています。
このカード発行数は、おそらくクリニックで日本トップレベル、いや、
もしかしたら日本一かも知れません。
「ありがとうカード」を始めたものの、あまり機能せず、いつの間にか
やらずに終わっているクリニックが多い中で、この発行数は凄まじいものが
あります。
もちろん「ありがとうカード」に限らず、その他の取り組みも
かなり高いレベルで、しかも、スタッフ様が嬉々として実践されているのが
坂井耳鼻咽喉科様の強みのひとつですが、どうしたらそのようなクリニックを
創ることが出来るのか、坂井先生がお忙しい中、たくさんのポイントを
語って下さっています。
「2018年は、更に飛躍の一年にしたい!」
「今年こそは、スタッフを巻き込んだクリニック経営をしたい!」
「どうしたらスタッフ主導のクリニックを創れるのか知りたい!」
このような院長先生は、下記ページをご覧下さい!
「クリニック開業を成功に導く『頼りになるスタッフ』の育て方」の最新号はこちらです!


医経統合実践会は今年も多くのクリニック様の医経統合の実現に
全力で取り組ませて頂きます。
今年もどうぞよろしくお願い致します!
実践塾2018 1.jpg

過去の記事

お申込み受付中

医経統合実践塾2019

ご相談はこちらから

045-548-4106

  1. ライン