0

セミナーレポート

クリニック経営セミナーレポート

医経統合実践塾2017 第3回

8月27日に医経統合実践塾 第3回を実施しました!
今回は「夏の開催」「新しい取り組みにチャレンジしたい(して頂きたい)」
という思いから、浴衣講演を実施しました。
実践塾2017 第3回 第1講座.jpg
ゲストの院長先生、スタッフ様の中にも、浴衣を着てこられる方が
いらっしゃり、その行動力が素晴らしいと思いました。
様々な要因でこれから時代が厳しくなる中で「他の人、クリニックが
やっているから、自分もやろう」という感覚でいると、どんどん遅れを
取ることになります。
むしろ「他の人、クリニックがやっていないからこそ、それを先に
やることで、差別化出来る!」という感覚があって初めて、その他大勢から
抜きんでるのだと、私は確信しています。
「やるか、やらないか、迷った時には、やる!」
は、成功、成長する上での大切な心構えであることを、特に
今回の実践塾は「モチベーションアップ」がメインテーマですので、
おひとりでも多くのゲストの方に伝わると良いなと思いました。
第1講座は前回同様、ご参加医院様で実施されている取り組みの共有です。
実践塾にご参加される位、意識の高いクリニック様の具体的な取り組みを
学べるだけで、十分に実践塾にご参加される意義があります。
実践塾は、内科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、整形外科、歯科、動物病院など
様々な診療科目のクリニック様がご参加されていますが、ここまで具体的かつ、
先進的な取り組みを共有し合うセミナーは、日本のどこを見渡してもありません。
実践塾2017 第3回多くのご参加者様.jpg
だからこそ、年々ご参加者が増え、遂に今年は130名を超える
院長先生、スタッフ様にご参加頂くようになったのだと思います。
続く第2講座はゲスト講師のご講演。今回は「モチベーションビルダー」こと、
いとう伸先生にお話頂きました。
いとう先生ご講演.jpg
いとう先生のお話は、とにかくパワフルです!
「人の心を動かすのは”理論”よりも”感情”である」ということが、
いとう先生のお話を通じて、多くのゲストにご理解頂けたのではないでしょうか。
いとう先生も仰っていましたが、学びの実を結ぶためには、
あとは実践あるのみです。
いとう先生のご講演を聴かれて、翌日の診療前に「おはようございます!」と
笑顔で院長先生、スタッフ様が言い合えるかどうか。
ここに成功や成長の分岐点があるのです。
いとう先生と根本.jpg
いとう先生、素晴らしいご講演を本当に
ありがとうございました!
第3講座は私から「モチベーションを上げる!」というテーマで
お話しました。
そこでお伝えした内容は、ただ言葉として聴けば
「当たり前のこと」が殆どです。
しかし「知っている」と「出来る」の間には、大きな溝がありますし、
これまでの経験上、出来る方ほど「そうですね!それが大切ですよね。やります!」と
なる一方、伸び悩む院長先生、スタッフの方ほど「それは分かっている」となります。
実践塾2017 第3回 第3講座.jpg
先日、イチロー選手のインタビューを観返して、改めて痛感しましたが、
「自分が自分をどう評価するか」ではなく「相手が自分をどう評価
するのか」を、プロフェッショナルとして大切にした方が良いです。
相手から見て「院長先生(○○さん)、変わりましたね!」と
評価が変われば、かなりクリニック様は良くなっていきます。
そんなクリニック様がこれからひとつでも多く増えるように、
医経統合実践会も走り続けます!!
おかげさまで今回のご参加頂いている多くのクリニック様から
「復習用DVD」のご注文を頂きました。
今年の実践塾正会員様は満員御礼ですが、DVD会員様でしたら、
あといくつかのクリニック様はご参加頂けます。
『医経統合実践塾 DVD会員様』の詳細・お申し込みはこちらです!

新刊発売!早くもお申し込み殺到です!

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
この度、3冊目の著書『歯科医院増患プロジェクト スタッフみんなで
取り組む26の手法』を刊行しました。
歯科本表紙.JPG
先日開催した医経統合実践塾の会場にて販売しましたが、
午前中に告知したところ、ご購入が殺到しました。
お読み頂いた先生方から
「内容が具体的ですごく分かりやすかった」
「対談が良かった」
「タイトルに”歯科医院”とついているが、診療科目に
関係なく、うちのクリニックでもやりたいことが多く
掲載されている」
「スタッフとの対談も載っているので、うちのスタッフ
全員に読んでもらうので、人数分買います」

など、とても嬉しいお言葉の数々を頂いております。
現実的に私のブログを熱心に読んで下さっている院長先生の
クリニック様は、現時点で「増患」が課題ではないかも知れませんが、
これからクリニック経営を取り巻く環境は、厳しくなることはあっても、
楽になることはありません。
私も心掛けていることですが、成長する人は第2領域(緊急ではないけど
重要なこと)に自身の資源を投入しています。
ぜひ院長先生はもちろん、多くのスタッフ様に本書を読んで頂くことで、
今後どれだけ時代が厳しくなろうとも、盤石なクリニックを創って頂きたいと
思っています!
書籍『歯科医院増患プロジェクト スタッフみんなで取り組む26の手法』の詳細・お申し込みはこちらです!

カレー

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの栗林です。
27日は、医経統合実践塾2017 第3回を開催致しました。ご参加頂いた皆様ありがとうございました。
さて、夏と言えばどんな食べ物を思い浮かべますか?私は、素麺、冷やし中華に並び、カレーも我が家の食卓に並ぶ回数が増えます。支度も楽だし、子供達も大好きです。
1年半ほど前に、幼稚園のママ友とカレーパーティをしました。それぞれ家のカレーを持参したのですが、うちは、肉、野菜、市販のルーで作るごく普通のカレーを持って行きましたが、グリーンカレーを作ってきたり、前日から鶏肉をヨーグルトにつけチキンカレーを作って持ってきてくれた友達もいて、とても衝撃でした。家でこんなに本格的なものを作っているなんて!普通のカレーチームも中の具は様々でした。
それからというもの、カレー売り場に行くと、いつもとは違うルーも気になり、使ってみるようになりました。今までは、買うルーはほぼ同じで、あまり気に留めなかった売り場も、見ると色々な種類のルーが売っているんですね。固形のルーもあれば、液体、粉状、ペーストのもあり味も種類も様々です。中に入れる具も、種類を変えてみたり、揚げてみたり変化を持たせると、多少回数が多くても、家族に文句は言われません。
ナンの素も売っていて、子供と一緒に作ると喜びました。
スープカレーと、キーマカレーも我が家の定番になりました。
中には結構辛いものもあり、煮込み終わってから別鍋に移して下の子用に甘口を作る手間も増えましたが、何を入れるか、どんなルーを使うか楽しみになりました。
カレーは家庭により様々で、興味深いものですね。

「待ち時間対策24の手法」をお読み頂いたご感想 その11

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
待ち時間本 表紙.JPG
おかげさまで刊行から3か月経過しているにも関わらず、
Amazon「病院管理学」ランキングで上位に位置している
拙著『なぜあのクリニックは待ち時間があっても満足度が高いのか?
~待ち時間対策 24の手法~』。
これまで多くの院長先生、スタッフ様にお読み頂いておりますが、
今回は愛知県でご開業されている、おおこうち内科クリニック様で
管理栄養士としてご活躍中の加藤有加里様のご感想を紹介致します。
(ここから)
この本には具体的な事例が写真付きでたくさん載っているため、
実践しやすいというのが特徴だと思います。
私はその中で「他院に見学に行く」というのが、特に勉強になりました。
長年、働いているとどうしても自院のやり方が当たり前になってしまいます。
他院に見学に行くことで、気づかされることも多くあるのだと分かりました。
自院と同じ診療科でなくても、学ぶことはたくさんあります。最近では、
プライベートでも通院する際も、このクリニックの良いところはあるかな、
まねできるところはないかなとメモを取りながら待ち時間を過ごすようになりました。
他院になかなか見学に行けない場合も、実際の事例がたくさん載っている
この本を読むことで、少し見学をした気分にもなります。
何度も読み返して、また新たな気づきを得ていきたいと思います。

(ここまで)
加藤様、素晴らしいご感想を下さり
ありがとうございました!
加藤様も書かれている通り「クリニック活性化の取り組みにおいて、
この診療科目にしか当てはまらない手法」というものは、殆どありません。
少し修正の必要はあるかも知れませんが、その多くは
診療科目に関わらず、実践可能です。
このブログを読まれている院長先生、スタッフ様のクリニックでも
必ずやお力になれるかと思いますので、ぜひご一読下さい!
書籍『『なぜあのクリニックは待ち時間があっても満足度が高いのか?~待ち時間対策 24の手法~』の詳細・お申し込みはこちらです!

「待ち時間対策24の手法」をお読み頂いたご感想 その10

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
待ち時間本 表紙.JPG
とても光栄なことに、5月末に刊行した『なぜあのクリニックは
待ち時間があっても満足度が高いのか?~待ち時間対策 24の手法~』
が、Amazonランキングの病院管理学部門で1位になったこともあり、
多くの院長先生、スタッフ様にお読み頂いております。
今回は愛知県でご開業されている、田辺眼科クリニック様の
院長、田辺直樹先生のご感想を紹介致します。
(ここから)
根本さんが医科のコンサルティングを始めたときから8年間コンサル
ティングを受けています。
医科のコンサルティングをやっている人がいない頃から
「医科にもコンサルティングが必要な時代がやってくる」
と先見の目を持ってコンサルティングをやってきた
根本さんの2冊目の出版です。
セミナーやコンサルティングで伝えてきた内容を
『待ち時間を減らすには』
という視点から再度見直し、24の手法として具体例を多く乗せて紹介されています。
正直ここまで紹介してしまっていいのかと思うような素晴らしい手法ばかりです。
もちろん最初から読み進めるのが良いのですが、自分が気になった箇所から読み、
1つでも実践すれば即効果がでる内容になっていると思います。
まず、院長先生がしっかりこの本を読んで、クリニックでやれること
1つでもスタッフと一緒にやっていけば、素晴らしいクリニックになる
こと間違いなしです。
根本さんが常に言われる「現状維持は衰退と同じ」という言葉を
胸に刻んで、当院でも現状に甘んじず1つでも多くの手法を実践して
いきたいと思います。
3冊目も楽しみにしています。

(ここまで)
田辺先生、素晴らしいご感想を下さり
ありがとうございました!
田辺先生をはじめとされる、長年医経統合実践会のサービスを
受けて下さっている院長先生がいらっしゃるからこそ、おかげさまで
ここまで成長することが出来ました。
田辺眼科クリニック様は、患者様満足度が高いクリニックとして
有名で、日本全国多くのクリニックが見学に来られます。
本書も田辺眼科クリニック様で実践されている取り組みを
多くご紹介しておりますので、ぜひ「今後は患者満足度の
向上に力を入れたい!」とお考えの院長先生は、ご一読下さい!
書籍『『なぜあのクリニックは待ち時間があっても満足度が高いのか?~待ち時間対策 24の手法~』の詳細・お申し込みはこちらです!

「待ち時間対策24の手法」をお読み頂いたご感想 その9

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
待ち時間本 表紙.JPG
とても光栄なことに、5月末に刊行した『なぜあのクリニックは
待ち時間があっても満足度が高いのか?~待ち時間対策 24の手法~』
が、Amazonランキングの病院管理学部門で1位になったこともあり、
多くの院長先生、スタッフ様にお読み頂いております。
今回は愛知県でご開業されている、オーシャンキッズクリニック様の
院長、日比将人先生のご感想を紹介致します。
(ここから)
待ち時間対策・・・開業前に勤めていた大学病院には
全くそんな話はありませんでした。
待たせるのは仕方がないという風潮がありました。開院当初もさほど
気にはしませんでしたが、徐々に待ち時間が問題となりうることが理解できました。
当院がラッキーだったのは、開院してすぐにこの医経統合実践会に
出会えたことです。問題が大きくなる前に、先輩方の真似をすればよいだけです。
この本には、具体的にどう真似をすればいいのかが全て載っています。
机上の理想論で書いてあるのではなく、実際の医院で行われているものが、
どういう目的で、どのように進めていくのか、どういう言葉で説明して・・・まで
詳しく書いてあり、読んだその日から実行に移せます。
気づいたら半分以上は既に実践できており、スタッフにもこの本を渡し供覧してもらうことで、
スタッフ自らが主体となって待ち時間の対策を始めるようになってくれました。
まさに医院経営の五輪の書です。

(ここまで)
日比先生、素晴らしいご感想を下さり
ありがとうございました!
「開業間もないタイミングで医経統合実践会に出会えて
ラッキーだった」と、とても嬉しいお言葉を頂けて光栄です!
現在のオーシャンキッズクリニック様は、日比先生も
書かれている通り、待ち時間対策だけでなく、あらゆる取り組みを
スタッフ様主体で行われている素晴らしいクリニックです。
「うちもスタッフを巻き込んで、色々な取り組みを
実施したい!」とお考えの院長先生は、ぜひおひとりでも多くの
スタッフ様に本書をお渡し下さい!
書籍『『なぜあのクリニックは待ち時間があっても満足度が高いのか?~待ち時間対策 24の手法~』の詳細・お申し込みはこちらです!

「待ち時間対策24の手法」をお読み頂いたご感想 その8

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
待ち時間本 表紙.JPG
とても光栄なことに、5月末に刊行した『なぜあのクリニックは
待ち時間があっても満足度が高いのか?~待ち時間対策 24の手法~』
が、Amazonランキングの病院管理学部門で1位になったこともあり、
多くの院長先生、スタッフ様にお読み頂いております。
今回は長野県でご開業されている、わかまつ呼吸器内科クリニック様で
受付スタッフとしてご活躍中の林芽衣様のご感想を紹介致します。
(ここから)
「待ち時間」というものが与える患者様のマイナスな感情は私が
いつもいる受付にやってきます。
患者様からの「まだなの?」「あとどれくらいかかりますか?」
「もう○○分も待ってるんだけど」などの言葉は、本当に申し訳ない
気持ちになるのとともに、感情的に気持ちを伝えてくる患者様も
いらっしゃるのでそんな時は正直落ち込みます。
ですが、そこはただ落ち込むのでなく、その患者様からアドバイスを
頂いたと思って次の行動に移さなければならないのだと思います。
一人一人の患者様の待ち時間にばらつきがあるとはいえ、必ずある
待ち時間を患者様にとっていかに快適な時間にできるかは、やはり
病院側の努力次第なのだと思いました。
待合室がより快適な環境になるように室内の温度は問題ないかや、
ごみは落ちていないかなども待合室に自ら出て確認したり、目の前の
仕事だけにとらわれず、患者様の気持ちになる時間を患者様が実際に
いらっしゃる診察時間中に作り、どうしたらもっと良い環境にして
いけるかを日々考え、行動に移していくことが大切なのだということ
を今回本を読ませていただいたことで気づくことができました。
ありがとうございました。

(ここまで)
林様、素晴らしいご感想を下さり
ありがとうございました!
一番患者さんからのお言葉を受け取る職種である受付。
林様の書かれている通り、色々なご苦労があると思います。
それをポジティブに捉え、次に活かそうとされる林様の
お姿にプロフェッショナルとしての心構えを感じます!
スタッフに学び、気付きを与える上で、院長がメッセージを
発信するということも大切ですが、それと同じ位、本やセミナーなどで
第三者から伝えてもらうという方法も有効です。
ぜひおひとりでも多くのスタッフ様に本書をお渡しし、
これからの待ち時間対策のヒントを得て下さい!
書籍『『なぜあのクリニックは待ち時間があっても満足度が高いのか?~待ち時間対策 24の手法~』の詳細・お申し込みはこちらです!

美容院放浪記

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの田中です。

前回の人間ドック放浪記に続き、放浪記シリーズ第二弾!私、美容院でも放浪しております。

引越しの度に止むを得ず通っていた美容院を変更すること4回、近頃は引越しもないので直近で通っていた美容室は5年程通い続けました。が、とうとうその美容室から離れるきっかけが。。。

いつも美容院へ行った日に次回の予約を取って帰るのですが、家族の予定等で変更せざるを得ず、毎度その予約を電話で変更しておりました。もちろん申し訳ない気持ちでいっぱいでした。ただ、結構お値段の張る美容院だったのでせっかく行くなら、バタバタしたスケジュールの中よりはゆっくりしたいという気持ちがあり。そんな状況が5年続き、最後に行った際、お会計時に『田中さん、忙しそうだから予約は取らないで、都合の良い日が出来たら電話して☆』と告げられてしまったのです。先方としては不確実な予約を取るより手間は省けるし確実な予約のために空けておくこともできます。また、私にとっても気持ちの負担が少なくなるのでは、との配慮だったのだと思います。

そんな配慮を感じつつも、当の私は『見捨てられてしまったな・・・』と感じました。

yjimage-4.jpeg

今までこだわって通っていましたが、こだわる理由は何だったのか?と自問しました。その答えはきらびやかではないけれど洗練され、オシャレな個人美容院。つまりシーンにこだわっていたのですね。技術や価格は二の次で。ただやっぱり人間飽きるのですね、そんなシーンには。

気持ちはすっかり切り替わり、まず手始めに近頃流行りのリーズナブルな大手姉妹美容院へ行ってみました。価格は今までの半分以下、スタッフもお話し上手で勉強熱心。また来てもいいかな、とは思ったのですがどうしても譲れない残念だったことが。。それは、案内された椅子に前のお客様の髪の毛がそのまま残っていて、気づいていてもそのまま案内されたのです。残念すぎました。この美容院は男性と子どもでとっても賑わっていましたが、清掃をきちんとすれば女性客も増えもっともっと繁盛すること間違いなし!

残念な思いは胸の内に、次なる美容院へ!yjimage-3.jpeg

個人美容院ではないけれど、雰囲気が落ち着いていてやオーガニックカラー剤なども取り入れ常に新しいものを追求していそうなサロンへ行きました。その美容院のコンセプトは『気軽に通ってもらえる美容院』。基本のカットやカラーはリーズナブルとまでは行かないまでもかなり抑えた価格設定になっていました。外観とは違いお店に入ってみるととても店内が広くスタッフの方も多く、やや緊張気味の私。担当スタッフさんが丁寧に自己紹介し、予約はカットとカラーだったのですが『田中さんの今の髪の毛の一番のお悩みは何ですか?』と問いかけて来ました。そんなこと今まで聞かれたことがなかったのでビックリ。私としてはすぐに出現する白髪を何とかして適当にカットしてもらえれば良かったのですが。

せっかく聞いてくださったので、髪の傷みが気になっていたのでそれを伝えると、今後のスタイルをどうして行きたいかも聞かれました。長期プランで段階を追ってダメージを防ぎつつ必要なカラーやスタイルチェンジを提案してくださいました。さすがプロで、髪の毛についてもとてもよく勉強しているのがわかり、且つお話も上手ですっかり戦術にはまってしまいました。さらにこの美容院、妊婦さんやお年寄りにもオススメしたいと思った点が。通常シャンプーの際に仰向けになると思いますが、頭って重いので首や腰への負担がありますよね。ところが仰向けに倒されても、ん?何だこの楽な感じは、と思いシャンプーが終わった後スタッフの方にその事を伝え見せていただきました。どんな最新設備かと思いきや、いたってシンプル。後頭部の一番出っ張りのあるあたりにくるように、小さな支え台が置いてあるだけでした。首と頭の一部の2点で支えられる事でこんなにも楽なものかと感心しました。

カラーでの待ち時間中は、今では普通になりましたが飲み物のサービス。だけではなく、ちょとした小包装のお菓子を数種類。しかも甘いものと塩っぱいものとを組み合わせるというさりげない気配り。すっかり気分の良くなった私は次回もこの美容院にしよう!そして指名料も払ってこのスタッフさんにしよう!と心に決めておりました。が、この後またまた私にとって新鮮な対応が。

この美容院には10名以上のスタッフがいて、回転率もかなりのもの。ネット予約が時間毎に細かく区切られていて、思い立った時に予約が出来るようになっています。指名をすることも別料金をプラスすれば可能ではありますが、日程が限られてしまいます。そこで、この担当してくださったスタッフさん、『今日お話しした次回のプランは、きちんとカルテに書いて、どのスタッフが担当してもわかるようにしておきますね。』と。きっと指名してもらった方がスタッフの方にとってはプラスが発生するのだと思いますがそのようなことは噯にも出さず、お客様最優先!との対応が出来る凄さ。完全にノックアウトでした。

yjimage-5.jpeg

追記:この美容院でも気になることはありました。トイレの管理です。手拭き用に、ペーパータオルと洗濯してあるハンカチタオルの2種類が選択できるようになっていたのですが、ハンカチタオルの管理にルールがないのか、使用済みのカゴに入っているものもあれば、洗面台に放置されているもの、下に落ちてしまっているものなど、何だか雑然とした感じだったので、そこが改善点だな、と密かに思うのでした。

弊社主宰の医経統合実践塾にご参加の皆様は、さすが!小さなことですがトイレ管理も徹底されています!今年度の医経統合実践塾はすでに満席ですが、DVD会員に限りまだ募集しております!

30以上の医科、歯科様での実践事例満載のテキストとセットになった               DVD会員のお申し込みはこちら!

朗報!なんと第3回ゲスト講師 いとう伸先生 の講演も収録決定!モチベーションビルダーである いとう先生 の講演が何度でも繰り返し見ることができるようになりました。この機会に是非! 

「待ち時間対策24の手法」をお読み頂いたご感想 その7

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
待ち時間本 表紙.JPG
とても光栄なことに、5月末に刊行した『なぜあのクリニックは
待ち時間があっても満足度が高いのか?~待ち時間対策 24の手法~』
が、Amazonランキングの病院管理学部門で1位になったこともあり、
多くの院長先生、スタッフ様にお読み頂いております。
今回は愛知県でご開業されている、坂井耳鼻咽喉科の
坂井邦充先生のご感想を紹介致します。
(ここから)
待ち時間対策というと、患者さんの待ち時間をいかに短くするかばかりを
考えがちですが、この本を読むことで待ち時間をいかに快適に過ごして
もらうかも大事なことがわかります。
また、待ち時間対策を院長ひとりの仕事として考えるのではなく、
スタッフ全員がいつも意識をすることが大事だと学びました。
待ち時間対策には一発逆転ホームラン的なものはなく、
小さな事をコツコツと積み上げていくしかないことをこの本を
読むことで改めて学ぶことができました。

(ここまで)
坂井先生、素晴らしいご感想を下さり
ありがとうございました!
坂井先生は弊社の『クリニック待ち時間対策セミナー』で
ゲスト講師を務めて下さいましたが、かなり待ち時間対策にも
お力を入れられている先生です。
そんな坂井先生から、上記のようなご感想を頂けましたこと、
とても光栄です!
坂井先生が書かれている通り、待ち時間対策はスタッフを
巻き込むことが大切です。
ぜひおひとりでも多くのスタッフ様に本書をお渡しし、
これからの待ち時間対策のヒントを得て下さい!
書籍『『なぜあのクリニックは待ち時間があっても満足度が高いのか?~待ち時間対策 24の手法~』の詳細・お申し込みはこちらです!

「待ち時間対策24の手法」をお読み頂いたご感想 その6

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
待ち時間本 表紙.JPG
とても光栄なことに、5月末に刊行した『なぜあのクリニックは
待ち時間があっても満足度が高いのか?~待ち時間対策 24の手法~』
が、Amazonランキングの病院管理学部門で1位になったこともあり、
多くの院長先生、スタッフ様にお読み頂いております。
今回はお名前は掲載出来ないのですが、歯科医院を開業されている
院長先生からのご感想を紹介します。
(ここから)
本の中で実践をするときに、細やかな、前提や、
対策などが掲載されていて実際行うときにすごく役立ちました。
根本さんの本は具体性が優れているのですでに実践していたことと
照らし合わせると、僕らがやっていることを本当にしているような内容です。
興味あることから、すぐにでも実践できるので
素晴らしい本だと思います。おすすめです。

(ここまで)
院長先生、素晴らしいご感想を下さり
ありがとうございました!
私にとって「良い本」の基準は「その本を読むことで、今日から
何をすれば良いのかが明確になるもの」ですので、上記のように
評価して頂けることはとても光栄です。
ぜひおひとりでも多くのスタッフ様に本書をお渡しし、
これからの待ち時間対策のヒントを得て下さい!
書籍『『なぜあのクリニックは待ち時間があっても満足度が高いのか?~待ち時間対策 24の手法~』の詳細・お申し込みはこちらです!

月別アーカイブ

お申込み受付中

医経統合実践塾2019

ご相談はこちらから

045-548-4106