0

スタッフブログ

スタッフブログ

第2回医経統合実践塾2017 開催レポート

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの田中です。

昨日、5月28日(日)TKP名古屋新幹線口にて第2回医経統合実践塾が行われました。前回と会場が異なり、案内メールに添付した地図のURLが上手く機能せず大変ご迷惑をおかけしたにもかかわらず、皆様スムーズに会場にお越しいただき、ご協力に感謝申し上げます。

さて第一講座、根本の講演はご参加の皆様からの提出された宿題の紹介と共有でした。回を重ねるごとに実践事例も読書感想文もパワーアップし、紹介する事例を提出していただいた方に直接マイクを向け、より身近でわかりやすく盛り上がる内容となりました。日々の診療でお忙しい先生方がこれほどまでに真剣取り組まれている姿を見て、いつもながら勉強になりました。

第二講座では福井県鯖江市の木村病院 事務長 木村結花先生にご講演いただきました。『医療現場28年 院内教育で学んだこと ~教育システムを充実させる~』というテーマのもと、木村先生が今まで歩まれてきた道を皆でたどりながら、現場の実情と本音、そしていかにして人材を育てていくかということを熱い信念を持ってお話しいただきました。穏やかな先生の外見とは裏腹に、内に秘めた凛とした部分、とても魅力的でした。最後にお話しいただいた滝の写真を見ながらのお話、胸にストンと落ちました。

第三講座は再び根本が登壇。『医経統合が実現している医院の教育システムはこうなっている!』と題し、日頃コンサルティングに伺っているクライアントの具体的事例を紹介し、より具体的なノウハウをお話ししました。実践塾のみのご参加者様方には有益な情報満載だったのではないでしょうか。是非医院様へ持ち帰り、出来るところから取り組まれることをお勧めします。

盛況のうちに第二回実践塾も終わり、残すところ今年度もあと2回となりました。実践塾に参加可能な正会員様は既に定員に達しておりますが、今年からDVD会員という制度を設けました。

ご興味のある先生は、こちら!

教えることは教わること

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの佐藤です。

私は子供のころ、計算が苦手でした。
そんな私に似てか、わが子も計算は苦手のようです。

見かねて(?)先日より、母が子供に算盤を教えてくれています。

私も一緒になって算盤を習っているのですが、慣れるまではなかなか難しく、
何度も間違えました。
だんだん、パチパチと、算盤をはじく音がリズミカルになってくると楽しく、
心地よく感じるようになりました・・・が、

引き算で、また、躓き・・・。

母は、私と子供がどうして間違えるのか、また、何ができないのか、よくわからず、困っています。
算盤に限らず、できる人は、できない人の何ができないかが理解できないのですね。
そして、分からないことを口で説明するのがまた難しい。

私が先に理解し、子供へ教える役目となりました。

教える立場になると、教えることの難しさを感じます。
なんでわからないのか、どうして間違ってしまったのか・・・
それを感覚ではなく、口で伝えるのが、こうも難しいのかと。

教えることの難しさを教わることとなりました。

まだまだ・・・算盤の道は遠いようです。

クリニックの待ち時間対策のヒントになる1冊!

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
待ち時間対策24の手法.jpg
遂に5年ぶりの新刊
『なぜあのクリニックは待ち時間があっても満足度が高いのか?
~待ち時間対策24の手法~』
が刊行されました!
『待ち時間対策 24の手法』の詳細・お申し込みはこちらです!


一冊の本が生まれるためには、実に多くの方々の
支えが必要です。
クライアント様、弊社のセミナーにご参加下さっているゲストの皆様、
出版社の方々、弊社スタッフ・・・
この方々の血と汗と情熱が、この一冊に凝縮されています。
フェイスブックなど、いくつかの媒体で告知したところ
「サインは書いてもらえますか?」とのお問い合わせを
頂きましたので、
「新刊発売キャンペーン」
と題し、2冊以上お買い求め頂きましたクリニック様には
サインを書かせて頂きます!
待ち時間対策に限らずクリニックの取り組みの多くは
スタッフの協力が不可欠です。
ぜひ本書をおひとりでも多くのスタッフ様にお読み頂き、
その後のミーティングで
「この本に書いてある内容で、うちのクリニックが
出来ることは何か?」
を、お話合って頂ければ嬉しいです!
『待ち時間対策 24の手法』の詳細・お申し込みはこちらです!


————————————————————————–
【30医院限定!DVD会員、続々とお申込みを頂いております!】
「実践塾に参加したいけど、参加出来ない日程がある」
「会場が名古屋なので、行きたいけどなかなか難しい・・・」
「1日で詰め込むのではなく、自分のペースで徐々に吸収したい」
このような院長先生にお応えして、医経統合実践塾のDVD会員が
今年からスタートします!
続々とお申込みを頂いておりますが、30医院限定ですので、
お早めにお申込み下さい!
医経統合実践塾DVD会員の詳細・お申し込みはこちらです!


いいねマーク.png
この内容がクリニック経営の学びや気付きになられましたら、
ぜひ「いいね!」や内容のシェアをよろしくお願い致します!

初!!スタッフミーティング

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの田沼です。
この度、初めてスタッフミーティングを実施しました。
これまで、社長を含めたミーティングは幾度となく実施されてきたのですが、スタッフのみのミーティングはなんと初!!!
「一度、スタッフだけのミーティングをしてみませんか?」という提案が、一人のスタッフからでたことがきっかけだったのですが、「そのうちね」とはならず、「この日はどうでしょう」「いや、この日なら」と、あっという間に開催日決定。
もともとシフトが入っていなかったスタッフも、予定を調整して出席。
スタッフ全員が顔をそろえてスタートを切ることができました。
アンリミスタッフは、殆ど、スタッフ全員が顔をそろえる日はありません。
大体2~3人の勤務体制でシフトを組んでおります。
情報はSNSなどを使って共有し、業務に支障がでないようにはしておりますが
各々がなんとなく疑問に感じていること、解決しておきたいことなどが徐々に積もっており、業務の歯車がうまく回りきっていないな、と感じることがありました。
そしてついに今回、全員一致の思いでスタッフミーティングを開催し、疑問点、改善点について意見をすり合わることができました。
また、自分が持っていなかった情報を共有してもらえたり、知らなかったことを学ぶきっかけになったりして、とても刺激のある時間となりました。
時間にして1時間、でしたが、とても有意義な時間となり、これからのアンリミテッドをさらに良くしていくための時間になったと感じました。
そして、沢山のことを話しあっていく中で
またまた、他のスタッフのことが好きになることのできた1時間となりました。
最後に「またぜひやりましょう」という意見が全員からでたのですが、「じゃあ、また日程はそのうちね」ではなく、「このあたりで」と、具体的な候補日を話し合って解散となりました。
私が入ったばかりの時、もちろん本当にすばらしい先輩ばかりでしたが、このような試みが実施されたことはありませんでした。
今回のことを通し、会社の成長と共に、スタッフもまた成長しているのだな、と実感することができました。
これからも、会社と一緒に、そして素晴らしいスタッフと一緒に、さらに成長をしていきたいな、と思います。
そのためにはまず実践!!
今日話し合ったことを、話し合いだけで終わらせるのではなく、明日から、いや今から実践です!!!
がんばるぞ!!!
158.png

5月に2冊目の著書が刊行されます!

内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
待ち時間本 表紙.JPG
5月中旬~下旬に、2012年刊行の「クリニックマネジメント」以来、
5年ぶりの新刊
『なぜあのクリニックは待ち時間があっても満足度が高いのか?
~待ち時間対策24の手法~』
が刊行されます!
これまで2000人を超えるクリニックで働くスタッフに
「当院の問題点は何だと思いますか?」
とお尋ねしていますが、かなりの割合で
「患者さんを長くお待たせしてしまうこと」
とお答えになります。
そんな多くのクリニックで抱える待ち時間について、
机上の空論ではなく、今日明日から実施出来る取り組みを
24個にまとめたのが本書です。
出版社の方は「5月22日頃に都内大型書店から配本が
行われていくのでは」というご見解でしたので、発売までに
少し日数がありますが、近日中に医経統合実践会のホームページからも
ご注文頂けるようになりますので、今しばらくお待ち下さい。
本書によって、ひとつでも多くのクリニックの待ち時間対策の
お力になれたら嬉しいです!
————————————————————————–
【30医院限定!DVD会員、続々とお申込みを頂いております!】
「実践塾に参加したいけど、参加出来ない日程がある」
「会場が名古屋なので、行きたいけどなかなか難しい・・・」
「1日で詰め込むのではなく、自分のペースで徐々に吸収したい」
このような院長先生にお応えして、医経統合実践塾のDVD会員が
今年からスタートします!
続々とお申込みを頂いておりますが、30医院限定ですので、
お早めにお申込み下さい!
医経統合実践塾DVD会員の詳細・お申し込みはこちらです!


いいねマーク.png
この内容がクリニック経営の学びや気付きになられましたら、
ぜひ「いいね!」や内容のシェアをよろしくお願い致します!

さくらまつり

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの栗林です。
先日のGW、青森県へ帰省し弘前公園へ行って来ました。
弘前公園は桜の名所として有名で、この時期はさくらまつりが開催されており、ショーやワークショップ、出店などもあり多くの人で賑わっていました。
ソメイヨシノは4月の後半に満開を迎え、花びらも散っていましたが、他にも色々な種類の桜が咲いていました。桜の種類などあまり考えた事もありませんでしたが、50種類以上あるのには驚きです。
sakuramaturi.jpg
現在、弘前城は石垣修復の為天守が移動されており、展望デッキから見ると、弘前城の奥に岩木山が見えて絶景でした。こんな時にカメラも携帯も忘れてしまい、とても残念。
進むと桜のトンネルがあり、すぐ隣の池では手漕ぎのボート乗りもできます。
2.3年ほど前に乗った時は、風が強く中々元の場所に戻る事ができず、子供達は不安で泣き始め係りの方の助けで脇に着けてもらい降りた思い出が蘇ります。
桜のトンネルをぬけると屋台が沢山。金魚すくいがあるとチャレンジしたくなる主人。息子と持ち帰りなしで遊ぶと2つすくう道具を貰い、二人で30匹程すくって興奮してました。すくう紙が丈夫だったようです。
もう少し進むとお化け屋敷があります。こちらも数年前、娘が入りたいと言い「怖いよ、本当に入るの?」と念を押しても入ると言うので主人とチケットを買い、二人で入って2.3メートル入ってすぐに戻ってきた記憶が蘇ります。
今回は、側を通っても娘は何も言わず、落書きせんべいと、おもちゃの宝石すくいをしてました。
同じ場所に行くと、景色だけでなく過去が思い出され、また新たな思い出も増えて楽しいものですね。

月別アーカイブ

お申込み受付中

医経統合実践塾2019

ご相談はこちらから

045-548-4106