0

スタッフブログ

スタッフブログ

アクティブシニア!

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの田中です。

趣味で和太鼓をしています。夏まつりや老人ホーム、保育園訪問、コンサート参加など年に3~4回発表の機会があります。

その中でも毎年楽しみにしているコンサートがあるのですが、司会、照明、音響、全て『元』プロの手によるコンサートです。

連絡は全てメール、プログラムやめくりもスイスイと作ってしまいます。さらにUstreamで全世界へ生放送という挑戦もしていて、それらすべての企画、運営は定年退職をしてしばらく経った70代80代の方たちの手によるものなのです。

参加者は、下は30代から上は88歳まで幅広く、ギター、詩吟、ダンス、ピアノ、どじょうすくい、シャンソン、バンド等、おもいおもいに披露しています。その場に行くとみな本当に活き活きとしていて心から趣味を楽しんでいる様子を感じることが出来、元気をもらうことが出来ます。

まだまだ自分も日々の生活を頑張って、趣味の仲間と70、80代になっても活き活きとしていたいな、と思う今日この頃です。

太鼓イラスト.jpg

天野篤先生のご講演、10席だけ増やします!

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
9月3日(日)に東京で開催する医経統合実践セミナーですが、
ちょうど1か月前に告知を開始して、あっという間に3月26日現在で
85名の方にお申込みを頂いております。
当日使用する会場を広い会場にすることで、あと10席だけ
増やすことが出来ますので、お申込み頂けるのはあと25名様です。
これ以上の増席は予定しておりませんので、お早めに
お申込み下さい!
残り25名様!お急ぎ下さい!「医経統合実践セミナー東京会場」の詳細・お申し込みはこちらです!


おかげさまで6月11日に名古屋で開催するスタッフ研修も
既に満員御礼、現在はキャンセル待ちという形で、複数のクリニック様に
お待ち頂いております。
9月の医経統合実践セミナーも開催まであと5か月以上
あることを考えると、満員御礼は必至です。
熱く生きる.JPG
正にこのタイトルのように、スタッフ様に熱い医療従事者になって欲しいと
願う院長先生は、おひとりでも多くのスタッフ様と一緒に、医経統合実践セミナー
東京会場にご参加下さい!
————————————————————————–
【30医院限定!DVD会員、続々とお申込みを頂いております!】
「実践塾に参加したいけど、参加出来ない日程がある」
「会場が名古屋なので、行きたいけどなかなか難しい・・・」
「1日で詰め込むのではなく、自分のペースで徐々に吸収したい」
このような院長先生にお応えして、医経統合実践塾のDVD会員が
今年からスタートします!
続々とお申込みを頂いておりますが、30医院限定ですので、
お早めにお申込み下さい!
医経統合実践塾DVD会員の詳細・お申し込みはこちらです!


いいねマーク.png
この内容がクリニック経営の学びや気付きになられましたら、
ぜひ「いいね!」や内容のシェアをよろしくお願い致します!

ブーム再び

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの佐藤です。

近ごろ、子供のころに流行っていたものが、今またブームになっていたりしていますね。

ヨーヨーやけん玉、ミニ四駆も流行っているようですが、我が家ではプラ板が大流行中です。

私が子供のころ、プラ板といえば、好きなイラストに重ね、油性ペンで書く。頑張ってキーホルダーにするくらいしか知りませんでしたが、今は、ちょっとWEBで調べると色んな技術を知ることができます。便利な世の中ですね~。

とりわけ子供に人気なのが、プラ板にやすりをかけ表面に傷をつけ、色鉛筆で書くという方法です。表面がザラザラになることで書きやすさがまし、とてもいい具合にかけるのです。

そして、私がハマっているのは水性ペン(ポスカ)でのプラ板と、立体プラ板です。
今までなぜ水性ペンで書かなかったのだろうと思うくらい発色がよく、かわいらしい色合いです。
立体プラ板は、文字通り、曲げたりして、立体的にするのですが、これがちょっと難しく、次から次へと作りたくなってしまうのです。

今日も子供の友達と一緒にプラ板を楽しみました。
意外と大人もハマるプラ板。皆様もお時間があるときに楽しんでみてください。

IMG_0004.JPG  IMG_0005.JPG

やってまいりました、花粉症

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの田沼です。
今年もやってまいりました
花粉症シーズン。
「わたしは花粉症にはならない」
と誰しもが陥る「根拠のない自信」が崩れ去ったのは4年ほど前。
以来
1月末にはかかりつけのクリニックに行き、早め早めの対策をとっております。
また
花粉症の症状を軽減させると言われているヨーグルトも一年中摂取し、
腸内環境を整えることも心掛けております。

今年もやっぱり花粉に苦められております。。。
今年はあまり鼻にはきていないのですが、どうにもこうにも目が!!!
ちょっとかゆいかな、と「ぽり」っとでもまぶたをこすったら最後です。
「あともうひとこすり、いやもうひとこすり、もう二こすりくらいなら大丈夫」
などとこすっているととまらなくなり
しかも
最初は「ぽりぽり」だったはずが
最終的には「ゴシゴシガシガシ」とまぶたを強くこすりまくる結果を招きます。
こすっている間は筆舌に尽くしがたい、何とも言えない心地よさを感じるのですが、いい加減手をとめて鏡を見るとぶわっと腫れてしまっていたり、二重まぶたが四重まぶたくらいになってしまっていることもあります。
つい先日もまた、その手をとめることができず、白目の部分で内出血を起こしてしまい
子供達から「目の中に赤い金魚がいるみたい・・」と、ドン引きされてしまうという状態にまで陥りました。
この「すぎ花粉」
いまさらながら歴史を紐解いてみると、エジプト文明の頃より存在が記述されていたと知り、びっくりです。
そんな古来から人類を苦しめていたとは・・・。
日本では、戦後復興や都市開発などで木材の需要が急速に高まり、成長率の高い杉などの植林が盛んにされたことから始まった、と昔父から聞いたことがありますが、
あんな花粉をまき散らす木を、国を挙げて植林していただなんて、おそろしすぎます。。。
この時期、杉の木がゆっさゆっさ枝を揺らしながら花粉を散布しているコマーシャルをよく見かけますが、もう見ているだけで目がかゆくなります。
花粉症の私からしたら、恐怖画像そのものです。
sugii.jpgのサムネイル画像
さて
金魚が泳いでいる目を放置しておくわけにもいかず、かかりつけの眼科に行くことにしました。
そのクリニックの院長先生は大きな瞳がチャームポイントの女性の先生なのですが(ちなみにそのクリニックのトレードマークは院長先生に負けない位大きなお目目のチワワです)
ご自身も花粉症だという先生の大きな瞳はまったく充血しておらず、涙っ気もまったくなく(そんな日本語あるのでしょうか・・)いつみてもきれいな目をしておられます。
「本当に花粉症なのですか?」ときいてみると「秘訣は、ぐっとがまんです」の一言。
「ぐっとがまん」
簡単なようでむずかしい。。。
ブログをこうして書いている間もなんとなく瞼の辺りがまたチクチクしてきました。(きっとさっきアップしたあの画像を見たせいです)

ぐっとがまんで、のりきります(涙)
はやくこの季節がスギさることを祈る今日この頃です。

クリニックプロフェッショナルスタッフ研修、キャンセル待ちです!

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
6月11日に名古屋で開催する「クリニックプロフェッショナルスタッフ研修」が
開催3か月以上前にして、満員御礼、キャンセル待ちになりました!
スタッフ研修は当初定員が50名様だったのですが、告知した途端に
お申込みが殺到し、あっという間に満員に。
「さすがにこのタイミングで満員御礼は早過ぎるだろう」
と、会場を変更し、20席増やしました。
しかし、この20席も数日で完売、再び満員御礼になりました。
野中さん2.jpg
「プロフェッショナルとしての仕事観の確立」を多くの院長先生が
ご期待されているのはもちろん、実際にクリニックで働かれている
医療従事者のスタッフ様がゲスト講師なのも、お申込みが多い理由です。
今年のゲスト講師である、わかまつ呼吸器内科クリニック様の
野中さんのお話、私も今からとても楽しみです!
なお、今年はこのセミナーのこれ以上の増席はありませんので、
現在お申込み頂いている方から何らかのご事情でキャンセルされた際の
「キャンセル待ち」をして頂くか、弊社商品『スタッフ教育テキスト』を
ご活用頂ければと思います。
スタッフ教育用テキスト『プロの医療従事者になるためのマナーと心構えについて』の詳細・お申し込みはこちらです!


このテキスト、そこまで力を入れて告知していませんが、実は
とてもお客様満足度が高い商品です。
この時期は4月に入社する新人スタッフへの教育の準備をされている
クリニックが多いのですが、先日お伺いしたクライアント様からも
「このテキストは、本当に良いことが書いてある。うちでは新人が
入社したら、すぐにこのテキストを読んでもらうようにしています」
と、嬉しいお言葉を頂きました。
このテキストの他、ホームページでは一切告知していませんが、
私がクリニック様にお伺いし、仕事観を確立する講演をさせて頂く
コンサルティングメニューもありますので、お気軽に
医経統合実践会 事務局にお問い合わせ下さい。
————————————————————————–
【30医院限定!DVD会員、続々とお申込みを頂いております!】
「実践塾に参加したいけど、参加出来ない日程がある」
「会場が名古屋なので、行きたいけどなかなか難しい・・・」
「1日で詰め込むのではなく、自分のペースで徐々に吸収したい」
このような院長先生にお応えして、医経統合実践塾のDVD会員が
今年からスタートします!
続々とお申込みを頂いておりますが、30医院限定ですので、
お早めにお申込み下さい!
医経統合実践塾DVD会員の詳細・お申し込みはこちらです!


いいねマーク.png
この内容がクリニック経営の学びや気付きになられましたら、
ぜひ「いいね!」や内容のシェアをよろしくお願い致します!

鳩みくじ2

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの栗林です。
先月、鶴岡八幡宮に行って参りました。
混雑をさけ2月にお参りをして、家内安全のお札の購入と鳩みくじをひくのが我が家の恒例行事になっています。
去年は工事中だった段葛も綺麗に整備されていました。
turuoka.jpgのサムネイル画像
この段葛は鶴岡八幡宮までの参道で、遠近法が用いられ、八幡宮に近づくほど道幅が狭くなっているそうです。道路より高い道になっており、土手も近づくにつれ低くなっています。日本に唯一残されている遺構だそうです。四月になると両側の桜が咲きとても綺麗です。
2月とはいえ、土日は多くの人で賑わっていました。
途中で雲行きが怪しくなり、なんと氷混じりの雪が降ってきました。
子供達は少しテンショが上がり、私は寒くて鳥肌を立てながら、お参りを終え鳩みくじをひきました。
こちらの鳩みくじは全部で7色あります。中身の色と同じ色の紙につつまれているので、色を決めて選ぶ事もできます。
一昨年は大凶、去年は末吉ときている私の今年の運勢は。
大吉です!何年ぶりでしょう。
近くの「凶みくじ納め箱」には、凶をひいたであろう人が強運掴み矢の矢尻を握っていました。
一昨年大凶だった私は、気持ちわかる!わかるよ!でもそれを握れば大丈夫!そんな嫌な事なかったですよ。と心で思いながら通り過ぎました。
雪もやみ、小町通りでコロッケを買ったり色々なお店を楽しみながら駅に向かいました。
また、桜の咲く頃に散策しに来ようと思います。

医経統合実践塾2017、スタートしました!

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
154.jpg
2月26日に、医経統合実践会のメインセミナーである
医経統合実践塾がスタートしました!
「医経統合実践会セミナーレポート」はこちらです!


先日、医経統合実践塾がスタートした2012年からご参加されている
クリニックの院長先生から
「医経統合実践塾が5年後に50~60人位の参加者に
なるかなぁと思っていました。まさか開始6年目で120名以上
になるとは・・・」
と、嬉しいお言葉を頂きました。
上記セミナーレポートでも書いていますが、実践塾が始まった2012年から
一度も休まれることなく、6年間ご参加されているクリニック様の存在の
おかげで、今の医経統合実践塾があります。
このように、年を重ねるごとにご参加頂く院長先生、スタッフ様が
増えていく医経統合実践塾。
ご参加人数をどこまで増やせるかはまだ未定ですが、今年は120名
満員御礼ですので「今年から実践塾に参加したい!」というクリニック様は
DVD会員様のみ承ることが出来ます。
医経統合実践塾DVD会員の詳細・お申し込みはこちらです!


正会員様、DVD会員様、共に、今年の医経統合実践塾にご参加
されているクリニック様の、更なる医経統合の実現に向けて、
精一杯サポートさせて頂きます!
————————————————————————–
【30医院限定!DVD会員、続々とお申込みを頂いております!】
「実践塾に参加したいけど、参加出来ない日程がある」
「会場が名古屋なので、行きたいけどなかなか難しい・・・」
「1日で詰め込むのではなく、自分のペースで徐々に吸収したい」
このような院長先生にお応えして、医経統合実践塾のDVD会員が
今年からスタートします!
続々とお申込みを頂いておりますが、30医院限定ですので、
お早めにお申込み下さい!
医経統合実践塾DVD会員の詳細・お申し込みはこちらです!


いいねマーク.png
この内容がクリニック経営の学びや気付きになられましたら、
ぜひ「いいね!」や内容のシェアをよろしくお願い致します!

医経統合実践塾2017 第1回

医経統合実践会のメインセミナー、医経統合実践塾が
今年もいよいよスタートしました!
通常は元旦になると「今年がスタートしたな!」という感じですが、
私の中では、その実感は実践塾が始まると顕著になります。
医経統合実践塾2017 東京会場全体.jpg
そして、ご覧下さい!
今年は何と126名のお客様にご参加頂いております。
去年が88名でしたので、大幅に増えました。
これも2012年から毎年ご参加頂いている院長先生、そして
その年にご参加された院長先生が「このセミナーは、出来るだけ
多くのスタッフと聞かないとダメだ!」と思って下さるからこそです。
クリニックは少人数の組織ですので、スタッフひとりひとりの
発言や行動が、そのままクリニック全体の結果(増患や採用)に
直結します。
だからこそ、スタッフをクリニック経営に巻き込むことは
とても大切なのです。
医経統合実践塾がスタートした2012年がご参加者10名ですので、
年々医経統合の輪が拡がっていることを、とても嬉しく思います。
実践塾17 第1回 第1講座.jpg
第1講座は実践塾第1回ということもあり「医経統合実践塾って
こういうセミナーですよ」というアナウンスと、これから医経統合が
実現する上で、院長先生は、スタッフは、どんなことを考え、
行動していくことが大切なのかということをお伝えしました。
続く第2講座、今回のゲスト講師は愛知県稲沢市ご開業
おおこうち内科クリニックの大河内昌弘先生と管理栄養士の
加藤有加里さんにお話頂きました。
大河内昌弘先生.jpg
大河内先生は2014年から医経統合実践塾にご参加頂いておりましたが、
当時は現在のような医経統合が実現しまくっているスーパークリニックではなく
大河内先生は様々な面でご苦悩されていました。
大河内先生のご講演を聴いていて、私が素晴らしいなと思ったのは、
クリニックでの課題や問題を、他者に焦点をあてるのではなく、ご自身に
焦点をあてられていたことです。
「自分のクリニックなんだから、自分に焦点をあてるのは
当たり前なんじゃないか!?」
このように思うかも知れませんが、伸び悩んでいるクリニックほど
何か問題や課題がある時、それを他者や他物のせいにします。
「うちのクリニックに応募が少ないのは、この立地のせいだ」
「うちのスタッフは意識が低いから、練習や勉強しないんだ」
「なんでうちのスタッフは、もっと自ら気付こうとしないのか」
などのようにです。
自身に焦点をあてるのは、とても大変でエネルギーを使います。
他者や他物のせいにしていた方が、よほど楽です。
しかし、そうである以上は課題や問題を
解決することは出来ません。
大河内先生は課題や問題についてご苦悩されながらも、常にご自身に
焦点をあてられていました。それが現在の成功に繋がっています。
加藤有加里さん.jpg
そして加藤さんのお話も素晴らしかった!
加藤さんのお話を多くのスタッフ様と一緒に聴いた院長先生は
心の中でガッツポーズをされたと思います(笑)
私も「加藤さんのお話を、うちのメンバーが聴いてくれて
良かったな」と思いましたので。
加藤さんはご講演の中で「私はおおこうち内科クリニックが大好きです。
おおこうち内科クリニックがナンバーワンのクリニックになれるように
これからも頑張っていきます!」とおっしゃっていました。
如何ですか?
これを読まれている院長先生のクリニックのスタッフ様が
この加藤さんのような言葉をおっしゃったら泣きませんか?
私は泣きます。
大河内先生・加藤さん・根本.jpg
大河内先生、加藤さん、素晴らしいお話を本当にありがとうございました!
多くの院長先生、スタッフ様に勇気と希望を与えるお話でした。
実践塾17 第1回 第3講座.jpg
そして第3講座は私から今回のメインテーマである
「採用」についてお伝えしました。
これから更に人材不足が加速的に進んでいく中で「人材」ではなく
「人財」を採用しようと思ったら、普通のクリニックが普通に出来る
取り組みを実施しても効果はありません。
今回の講座でお伝えした「攻めの採用」を、貪欲に継続的に
実践していくことで、良い人財との出会いがあります。
この講座を聴かれたクリニック様の採用が、これから成功するのが
とても楽しみです!
医経統合実践塾は採用、教育、スタッフモチベーションアップ、増患
について机上の空論ではなく、具体的な取り組みをお伝えするセミナーです。
それだけでなく、ご参加されている医院様が実践して
効果があった取り組みを共有し合います。
正会員は満員御礼ですが、DVD会員でしたら
お申込み頂けます。
医経統合実践塾DVD会員の詳細・お申し込みはこちらです!


ご参加頂ける医院様数に限りがありますので、お早めに
お申込み下さい!

第1回医経統合実践塾2017ありがとうございました!

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの田中です。

2月26日(日)に本年1回目の実践塾が開催されました。初めてご受講される医院様も多く、緊張した面持ちの方もいらっしゃいましたが、根本のテンポの良いトークと、ゲスト講師様の熱い講演に会場全体の緊張感もほぐれ、続けてご受講くださっている医院様方のご協力もあり大変盛り上がり勉強になる1日となりました。皆様ありがとうございました。

今年は、昨年の80名定員から、120名定員と枠を増やしましたがそれでもお申込みが相次ぎ126名の正会員様をお迎えしました。46名の増員は私どもスタッフにとってはかなり手ごたえのあるものでした。準備を入念にしたつもりでいましたが、まだまだ至らない点が多く、一歩も二歩も上を目指す皆様に、より快適かつご満足のいくサービスをご提供できるようスタッフでこれから話し合いたいたいと思っております。また、宿題等でご不明な点、ご不安な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

さて、話題は変わって、前回予告した今ハマっている家庭料理について書きたいと思います。

みなさん、フィデウアってご存知ですか?簡単に表現すると、スペイン料理であるパエリアのお米の部分をパスタに代えて作ったもの、です。本来フィデオという中心に穴のあいたパスタを使用するのだそうですが、近所のスーパーでは手に入らないため、極細の長いパスタ(おそうめんくらいの細さ)をポキポキと3~5センチくらいに折って使います。パートナーが作ってくれる料理の中でも今一番のお気に入りで、お米のパエリアに比べてポロポロしないのでお年寄りにも好評です。普段スーパーの魚コーナーの隅っこにおいてある鯛のあら。我が家ではそれが常時冷凍庫に入っており、いつでも食べたくなったときにそれでお出汁をとって料理してくれます。トッピングはその時のお財布の状況によりけり。鶏肉とヒイカの組み合わせが一番お財布に優しくて気に入ってますが、アサリやムール貝、白身のお魚、海老なんて入ると豪勢ですね。フライパンに仕込んでオーブンで仕上げるもよし、ホットプレートで卓上調理するもよし、ワインがすすみます。つい先日、食べるときに紹介用の写真を撮ろうと思っていたのですが、食欲の方が勝ち、気付いたころには半分になっていました。。。

 

月別アーカイブ

お申込み受付中

医経統合実践塾2019

ご相談はこちらから

045-548-4106