0

セミナーレポート

クリニック経営セミナーレポート

クリニック新人スタッフ研修2016

6月19日、26日と2週に渡って「クリニック新人スタッフ研修」を
実施しました。
医経統合実践会が主催する新人スタッフ研修に、院長先生が
お申し込み頂いたという事は、つまり医経統合実践会のコンセプトである
『スタッフが院長の目指す医院や診療レベルを理解し、その実現のために
スタッフ全員で力を合わせ、院長、スタッフがキラキラと輝きながら
仕事が出来る医院の創設』
を、新人スタッフにもご理解頂きたいのだと私は解釈して、
当日は全力でご参加者様に様々なメッセージをお伝えしました。
どのような人間関係でもそうですが「価値観、考え方が(を)
合う(合わせる)」事は、良好な関係を築く上で極めて大切です。
仕事においては仕事観を合わせる事が大切です。
このクリニック新人スタッフ研修は、プロフェッショナルへと
成長する上での仕事観をお伝えする事を目的にしています。
近藤さんご講演中.jpg
そして今年は私だけでなく、実際にクリニックで活躍している
スタッフの方にお話頂く事にしました。
今年のゲスト講師は、愛知県名古屋市でご開業されている、医療法人
大樹会 田辺眼科クリニック様 コンシェルジュの近藤美月さんです。
近藤さんはゲストの立場に近い存在ですので、ゲストは近藤さんから
たくさんの気付き、学びを得られたようです。
ほんの一部ですが、当日ご参加された方の感想をご紹介します。
新人研修感想文.JPG
新人研修感想文2.JPG
新人研修感想文3.JPG
新人研修感想文4.JPG
新人研修感想文5.JPG
近藤さん、素晴らしいお話をありがとうございました!
近藤さん 大阪会場.jpg
近藤さん 東京会場.jpg
大阪会場では先輩スタッフからサプライズのお花が、そして
東京会場では院長の田辺先生が応援に駆け付けられました。
このようにスタッフを大切にされる医院様だからこそ、近藤さんのような
素晴らしい人財が育つのだなと思いました。
スタッフは「種」、クリニックは「土壌」という事ですね!

院長先生の喜びのひとつとは?

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
医経統合実践会は「スタッフをクリニック経営に巻き込む
コンサルティングのご提供」をコンセプトにしておりますので、
医経統合実践会のコンサルティングやセミナーを受けられている
クリニックの院長先生は、スタッフ様への思いが(良い意味で)
強い方が多いです。
コンサルティングの際「4月に入社した新人の●●さん、本人のやる気も
もちろん、教育制度を充実した事によって、成長が早いですよー」と、
自分の事や我が子の事のように嬉しく語られる事からも、そのように
感じます。
そしてそれは、実際に経営者になってみないと分からない事です。
成長する女性.jpg
弊社のメンバーも元々頑張り屋の者が多いですが、
ここ最近、凄く成長しているのを感じ、自分の事のように
嬉しいです。
あまり書いても手前味噌過ぎますので、程々にしておきますが、
現在開催中の「クリニック新人スタッフ研修」の当日いらっしゃる
ゲストの皆様に喜んで頂こうとお菓子を用意したり、院長先生が
体調を崩されているのを医院のフェイスブックページから知って、
連絡しようとしたり・・・。
これらを私から指示があって動くのではなく、自主的に考え、
行動している点が何よりも嬉しいです。
メンバーにも度々伝えていますが、私達はコンサルティング会社ですので、
お客様は「あなたの会社はどうなんですか?」という視点をお持ちです。
私が顧客側であっても同じように思います。
だからこそお客様が「このコンサルタント、このコンサルティング会社は
顧客に色々と提案したり、アドバイスするだけの事はあるな」と思って頂く事が
非常に大切です。
そのためには、まずは会社の代表である私が、
成長している姿をメンバーに見せなくてはいけません。
これからも精進していきます!
———————————————————————————————

FBバナー2016新人スタッフ4.jpg

【30様限定!お急ぎ下さい!】
『クリニック新人スタッフ研修』の詳細・お申込みこちらです!

お客様の声ページを更新しました!

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
医経統合実践セミナー2016 根本講演中.jpg
おかげさまで創業5年で、一回のセミナーに80~100名の
お客様が来て下さるようになりました。
これも創業間もない時から多くのスタッフ様と一緒に参加して頂く
院長先生のおかげです。
本当にありがとうございます!
私のクライアント様の中には、患者様から頂いたお褒めの言葉を
スタッフ間で共有しているクリニック様がいらっしゃいますが、それは
クリニックで働いているスタッフにとって、患者様からのプラスのメッセージは
何よりの励みになるからです。
そしてそれは私達、医経統合実践会も同じです。
常に「お客様からどのように評価して頂いているか?」を重要視する
私達にとって、コンサルティングやセミナーを受けられているお客様が
どのような感想をお持ちであるかは、最優先で把握すべき事です。
セミナーアンケートひとつひとつに目を通しておりますが、
ありがたい事に、下記のような嬉しいお言葉をたくさん頂戴します。
セミナーご参加者様の感想ページはこちらです!


ただし、サービスにゴールはありません。
現状維持は衰退ですので、この結果に甘んずる事なく、
常に「どうしたらもっと良くなるか?」を考え、実践していける
クリニック経営コンサルティング会社を目指します!
———————————————————————————————

FBバナー2016新人スタッフ4.jpg

【30様限定!お急ぎ下さい!】
『クリニック新人スタッフ研修』の詳細・お申込みこちらです!

ヘッドハンティングや紹介における注意点とは?

少子化によって、現在は良い人材の確保がかなり困難な状況です。

応募自体の反応について「昔は求人雑誌に広告を出したら、20人~30人は応募があったもんだけどなぁ・・・」と遠い目をして語られる院長先生は、決して少くありません。

そのような状況ですから、学校に求人を出したり、ハローワークや求人広告などの、どこのクリニックでも出来る募集方法、つまり「待ちの採用」だけでなく「攻めの採用」が必要です。

その「攻めの採用」のひとつに、ヘッドハンティングや紹介などがあります。

例えば既存スタッフが「私の友達が職場を探しているんですが・・・」という形も紹介と言えますが、このようなヘッドハンティングや紹介という形で採用しようとした場合、本来であれば「一次面接→二次面接→体験入社」という流れで採用する筈が、そのようなものをすっ飛ばして採用してしまう事があります。

しかしそうなりますと、実際に働いてみて「え!?こんな事も出来ない(分からない)の!?」という事が判明した際、非常に気まずい思いをする可能性が高いです。

そうなる事を回避するためには、ヘッドハンティングであっても、紹介であっても、通常のスタッフを採用する流れと同じ形で面接をする事です。

特に院長先生があるスタッフをヘッドハンティングした場合などは、それだけで「●●さんは院長のお気に入りだ」と、既存スタッフ間に拡がり、それは決してプラスに作用しません。

もし院長先生が何かのきっかけで「この人にうちのクリニックで働いて欲しいな」と、ヘッドハンティングを考えられている場合には、既存スタッフ数名に「○○さん(既存スタッフ)の目で、●●さん(ヘッドハンティングを考えている人)を判断して欲しい」と、事前に巻き込んでおく事が大切です。

そのような正式な流れを踏めば、ヘッドハンティングや紹介は「攻めの採用」として、有効な方法のひとつと言えます。

人口減少に伴い、良い人材の採用がかなり困難になっています。
これからは採用成功のためにホームページは不可欠です!
ぜひこの小冊子を活用して、良い人材の採用に繋げて下さい!
無料小冊子『ホームページで良い人材を採用する7つのポイント』の詳細・お申込みこちらです!

ゲスト講師、貞松先生が驚かれたこと

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
花束を持たれた貞松先生.jpg
先日の実践塾で素晴らしい講演をして下さった、さだまつ眼科の
貞松先生と、当日ご挨拶した際、
「クリニック経営のセミナーなので、ご参加者は少数の院長先生だけかと
思っていたら、これだけ大勢の、しかも、スタッフの方の参加人数に
驚きました」
とおっしゃっていました。
これは貞松先生に限らず、初めて実践塾にご参加された多くの
院長先生が衝撃を受けられます。
そして同時に「経営のセミナーにスタッフが参加しても、内容が
理解出来ないのでは?」と思われるようですが、それは当日ご参加された
スタッフ様のご感想を読んで頂くのが一番かと思います。
本当にごくごく一部ですが、先日の実践塾にご参加されたスタッフ様の
ご感想をお読み下さい。
◆三重県 大川眼科 受付・検査 西村 遥さん
第2講座の貞松先生のはなしはすごく興味深く感動しました。
「職員は家族である」という言葉。職員ではなく、話をきいている私にも
心にささりました。話の働かせていただいてる医院の先生も言って下さり、
そんなことを言っていただいたことは一度もなかったので、本当にうれしく、
スタッフの一員になれてよかったなと思い幸せだなと感じたので、
貞松先生のところのスタッフのみなさんも同じことを感じているんだろうなと思いました。
◆三重県 大川眼科 受付・検査 村林 紅美さん
第2講座の貞松さんのお話はすごく感動しました。
「職員は家族である」「人財は企業を発展させるものである」
働かせてもらっている側の気持ちからすれば、そう思われいている事は
すごく嬉しくて感動します。
大川院長もそんな風に言ってくださっていて「ほんとにこの医院で働かせてもらって、
採用してもらってありがたいな、幸せだな」と日々感じながら仕事をさせてもらっています。
◆京都府 おおくぼ歯科医院 助手 白川 承美さん
他医院さんのたくさんの実践事例を知ることができて、とても勉強になりました。
良いところはどんどん盗んで真似していく。おおくぼ歯科のスタッフが他医院見学へ
行く時の心構えとして『TTP』(徹底的にパクる)というのがあるので、
良いところはどんどん真似していきたいと思いました。
◆愛知県 オーシャンキッズクリニック 看護師 足立 亜紀子さん
とても充実した時間でした。前回受講した後の多院の実践事例を見聞きし、モチベーションの
高さを感じ、私もがんばらなくてはと思いました。テキストの内容は再度見なおし、
クリニックに必要な事は取り入れていきたいです。講義の中で根本先生の言葉で
「人はすぐには変わらない、大きなバケツにスポイトで水を
おとしてためていくようなもの」心に残りました。私もスポイトで毎日水をおとすたびに、
少しでも成長できたらと思います。
◆愛知県 坂井耳鼻咽喉科 看護師 森島 美恵子さん
貞松先生のスタッフへの愛情が素晴らしいと感動しました。
新人の教育というのが最近ないのですが、いつその様な事が起きても
困らないようにしていきたいと思いました。
◆神奈川県 湘南台はた眼科  田中 淳一さん
細分化されたマニュアルを作るのは難しいなと思っていましたが、
自分が新人のころ困ったということを箇条書きで出していったりすれば
作れるのではと気付かさせてもらいました。
自分がされたら、してもらったら嬉しい、そういう考え方を
ふやしていけたらと感じました。
◆愛知県 田辺眼科クリニック 看護師 神徳 亜紀子さん
教育は永遠の課題です。新人の頃30代の先輩を見ていて憧れではなく、
「うるさいおばさんだなぁ」と思ったことを思い出しました。
今、30代になり、私もそう思われることをやってないか心配になりました。
一つ一つ思い出していくと、教育の大切さ、先輩の大切さを感じました。
◆大阪府 フジモト眼科 視能訓練士 郷原 陽子さん
今日はさくさんの医院さんの工夫を拝見出来てとても触発されました。
同じ時期からこのセミナーを聞いたのに、はずかしく思います。
しかし、聞いていてあまり目を向けていなかった所(キッズルームなど)
も見ていこうと思いました。
今回、教育の大切さが良くわかりました。今回ツールを作りましたが、
これをいかに効率良く使用していくかが大切だと思いました。
LINEや動画を取り入れているなどセミナーに来ていないと思いつかない事でした。
今回もたくさんの気付きを聴かせて頂いてありがとうございました。
このような気付きや学びは、意識の高い方が集まる空間だからこそ
得られるものと思います。
残り第3回、第4回も、多くのスタッフ様に気付きと学びを
ご提供出来るように、医経統合実践会一同、精一杯
サポートさせて頂きます!
———————————————————————————————

FBバナー2016新人スタッフ4.jpg

【30様限定!お急ぎ下さい!】
『クリニック新人スタッフ研修』の詳細・お申込みこちらです!

月別アーカイブ

お申込み受付中

医経統合実践塾2019

ご相談はこちらから

045-548-4106