0

クリニック経営ブログ

クリニック経営ブログ

30年経っても夢中になるマンガから、何を学ぶか?

FBバナー2016新人スタッフ4.jpg

【新人スタッフがたった4時間にプロフェッショナルになるセミナー!】
『クリニック新人スタッフ研修』の詳細・お申込みこちらです!


———————————————————————————————
クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
私はiPadを持ち歩いていますが、その中に
危険なツールがあります。
そのツールとは、iBooksの事です。
その場で読みたい本がクリックひとつでダウンロード出来るという、
本が好きな私には堪らないアイテムです。
しかし、このiBooks、非常に手軽にダウンロード出来るので、
強力な「時間泥棒」になる可能性があります。
それを自覚しながらも、先日もドラゴンボールをダウンロードする
という暴挙に出てしまいました(笑)
ドラゴンボール.JPG
しかも、不覚にも上記の場面で涙腺が緩んでしまう
という事もあり・・・。
「オレは”オラの全てをこのコンサルティング(セミナー)にかける!”
と言える程、頑張ってるのか!?」
と、思わず自問自答してしまいました。
私が夢中になってドラゴンボールを読んでいたのは、
小学校高学年から中学1~2年の頃だったと記憶していますが、
そこから約30年経った今でも、読み返したら面白いというのは、
物凄い事です。
・画力がある
・ストーリーが明確である
・魅力的なキャラクター
など、ヒットした要素はたくさんありますが、
これは私自身の仕事にも大いに学ぶ点があります。
・知識が豊富である
・色々な選択肢を知っている
・会うと元気になる
・真面目なだけでなく、ユーモアもある
・聞く力がある
・話す力がある
・立ち振舞が美しい
・自分の事のように考えてくれる
・・・などなど「もし自分がコンサルタントを依頼して、その
コンサルタントと30年以上仕事をしていくとしたら、どんな人が
良いか?」と考えると、ここでは書き切れない程、実にたくさんの
要素が思い浮かびます。
もちろん、これらはすぐに高いレベルで身につくものでは
ありませんが、それらに一歩ずつでも近付けるように、これからも
日々精進していきます!
この内容がクリニック経営の学びや気付きになられましたら、
ぜひ「いいね!」や内容のシェアをよろしくお願い致します!
———————————————————————————————

FBバナー2016新人スタッフ4.jpg

【30様限定!お急ぎ下さい!】
『クリニック新人スタッフ研修』の詳細・お申込みこちらです!

2大経営者の光と闇を感じる2日間

FBバナー2016新人スタッフ4.jpg

【新人スタッフがたった4時間にプロフェッショナルになるセミナー!】
『クリニック新人スタッフ研修』の詳細・お申込みこちらです!


———————————————————————————————
クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
2月13日、14日は2人の偉大な経営者の光と闇を
感じる2日間でした。
この2人とは『クロネコヤマトの宅急便』の生みの親である
故・小倉昌男氏と、スティーブ・ジョブズです。
祈りと経営.JPG
小倉昌男氏の方は「お勧め書籍」でも触れていますので、
こちらもお読み頂ければと思いますが、この『祈りと経営』は、
たまたま本屋に手に取った一冊でしたが、読後に虚脱感を覚える程、
衝撃を受けました。
『医経統合が実現するお勧め書籍』はこちらです


映画【スティーブ・ジョブズ】.JPG
スティーブ・ジョブズは映画を観て「世界を変えた男にも、
深い悩みがあったのだと」感じました。
凄く当たり前の事で、誰もが分かっている事ではありますが、
今、抱えている悩みが解決したら、その後の人生はバラ色という事はなく、
次なる課題が、あらゆる形に変えて、向かい合ってきます。
「お金がもっとあれば良いのに」
と、現在の収入に不満を抱えている人が、何らかの理由で
財を成したとしても、お金で悩む規模(額)が大きくなるのか、
お金以外の事で大きな悩みに直面するのか分かりませんが、
また、新たな悩みは出てくるのです。
光と闇は表裏一体で、光だけを得る事は出来ず、
だから誰もが悩み、もがくのだと思います。
強い光を得ながらも、闇が深くなる事を最小限に抑える方法は、
「身近な人への感謝」であると、私は今でも信じていますが、
この2人の経営者(特に小倉昌男氏の方は)の人生の一部を
本や映画から汲み取ると、身近な人へ感謝していても、深い闇に
包まれる事があるのだと、学びました。
この光と闇については、テーマが大き過ぎるのと、論じるのには
今の私は若過ぎる(と言っても、もうちょっとで40歳ですが)ので、
これからも様々な事を勉強し、自身でも体験していく中で、
更に突き詰めたいと思います。
この内容がクリニック経営の学びや気付きになられましたら、
ぜひ「いいね!」や内容のシェアをよろしくお願い致します!
———————————————————————————————

FBバナー2016新人スタッフ4.jpg

【30様限定!お急ぎ下さい!】
『クリニック新人スタッフ研修』の詳細・お申込みこちらです!

なぜ3年は働く事が必要なのか?

FBバナー2016新人スタッフ4.jpg

【新人スタッフがたった4時間にプロフェッショナルになるセミナー!】
『クリニック新人スタッフ研修』の詳細・お申込みこちらです!


———————————————————————————————
クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
特に新人が入社してくる時期は
「これから仕事で大変な事や辛い事はたくさんあると思いますが、
少なくとも3年間は、このクリニックで働きましょう」
という話をクライアントのスタッフにします。
もちろん3年とは言わず、5年、10年と長く働いてくれるに
越したことは無いのですが、入社間もない新人に「10年は
働きましょう」と言ったところで「その間に結婚や子供を産むかも
知れないから、そんな先の事を言われても・・・」と、却って
不安にさせるだけですので「まずは3年」と言います。
「なんで3年働く必要があるのですか?」
実は私も長々説明するのが苦手なので、もし新人に上記のような事を
聞かれたら「そんなものなんですよ!」と、答えたくなりますが、
理由や目的が相手にしっかり伝わるからこそ行動に繋がりますので
しっかり伝えなければいけません。
「何のために仕事をするのか?」と問うた時、
仕事は
1.自分自身の成長のため
2.患者さん(一般企業はお客さん)のため
3.クリニック(一般企業は会社)のため
この3つのためにする事が大切です。
しかし現実的に、入社間もない新人がクリニックのために
仕事をすると言っても、自分自身の事で精一杯ですので、
そんな余裕は全くありません。
どうしても入社後1年間は、自身の成長のために
働く事になります。
そして2年目です。入社1年経過すれば、ある程度の事は
出来たり、分かったりします。
そうなると、次第にその技術や知識を患者さんに還元出来るようになります。
つまり、患者さんのために仕事が出来るようになります。
この1年間は、とにかく「如何に患者さんからの”ありがとう”を
自分の手によって集められるか?」に焦点をあてると良いです。
それによって
「今まで仕事はお金や生活のためにやるものだと
思ってきたけど、誰かに必要とされるって嬉しいな。
この”人から感謝される”って言うのは、仕事を通してが、
一番体感出来るのかも知れない」
と、自ら気付けるようになります。
そして3年目です。これまでに患者さんの”ありがとう”をたくさん
集められた人材程、自信に溢れています。もちろん人間ですから、
モチベーションが右肩上がりという事はありませんが、高い意識で
仕事に臨める機会が多いのは間違いありません。
結局、そのスタッフの技術や知識によって、患者さんからの
感謝を集められたとしたら、それがクリニックためになるのです。
そしてこの「自分の仕事がクリニックの成果に繋がる」という期間が
長ければ長い程、経営者ある院長にとっては「人材」ではなく「人財」
になりますし、そのような人財ならば、
今後、どんなクリニックで働く事があっても、
今後、どんな業界で働く事があっても、
自身の名前や存在で仕事が獲得出来る
という事が実現するのです。これが実現するために、どうしても
最低3年は必要であり、新人に「3年は働きましょう」と
伝える理由や根拠という事になります。
しかし、これらの事を日々の診療だけでもお忙しい院長先生が
お伝えするのは至難の業ですし、院長先生はクリニックでは
「お父さん」的な存在ですので、あまりお父さんが口うるさく
色々言うと、煙たがられる可能性があります。
同じ「勉強しなさい」でも、お父さんが何度も言うよりも、
色々な生徒を見て、実績の出している生徒を知っている家庭教師が
言う方が、素直に受け入れるという事があるように、
「3つのために仕事をしなさい」
という事も、院長先生が度々お伝えするよりは、コンサルタント
からお伝えした方が、素直に聴く事が出来る部分はあります。
WS002986.JPG
上記は私の話を院長先生、スタッフ様で聴いて下さったクリニック様の
院長先生から後日送って頂いたご感想文ですが、こちらの文章からも
第三者が伝えた方がメリットがある事が伝わるのではないでしょうか。
6月に開催する「クリニック新人スタッフ研修」は、私だけでなく、
実際にクリニックで働かれているスタッフ様がゲスト講師として
お話されるので、更にご参加されたスタッフ様の心に響くと確信しております。
まだ開催日まで日にちがありますが、あっという間に
両会場共、満員御礼になってしまう可能性がありますので、
お早めにお申し込み下さい!
『クリニック新人スタッフ研修』の詳細・お申込みこちらです!


この内容がクリニック経営の学びや気付きになられましたら、
ぜひ「いいね!」や内容のシェアをよろしくお願い致します!
———————————————————————————————

FBバナー2016新人スタッフ4.jpg

【30様限定!お急ぎ下さい!】
『医経統合実践塾2016』の詳細・お申込みこちらです!

伝えて、継続して、文化になる

FBバナー2016セミナー.jpg
【残席わずかです!お急ぎ下さい!】
『医経統合実践塾2016』の詳細・お申込みこちらです!


———————————————————————————————
クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。
フェイスブックには投稿したのですが、以前
「プロフェッショナル 仕事の流儀」にスラムダンクや
バガボンドを描いている井上雄彦さんが登場した際、
お気に入りのカフェを数軒転々としながらネーム作りを
しているという場面がありました。
先日、毎月の雑誌連載の原稿と、7月開催の新しいセミナーの
ご案内文章を作成するにあたって、この井上雄彦さんの取り組みを
思い出し、私も近所のカフェをはしごする事にしました。
そして1軒目のスタバで、対応してくれた店員さんが
紙コップにメッセージを書いてくれるというサプライズが。
スタバ1.jpg
実際に自分が書いてもらえると嬉しいのだなと、
新たな発見がありました。
スタバ2.jpg
その後、日を変えて、合計3日間はしごしましたが、
全てメッセージを書いてもらえました。
スタバ3.jpg
※セミナーのご案内作成、連載原稿脱稿、コンサルティングの資料作りなど
あらゆる仕事が落ち着いた最終日には、灰になりかけて、上記のようなものに
手を出したのですが(笑)いやー、ドラゴンボール、今読んでも面白いです。
3日間全ての日でメッセージを書いてくれたのは、私が人混みが苦手で、
混雑時間帯を避けたので、店員さんに多少のゆとりがあったという事が大きいと
思いますが、対応してくれる店員さんが違う人であっても、このような
プラスアルファな取り組みが出来るのは本当に凄いなと思います。
先日読んだ本で「エースを育てよ、エースに頼るな」という
言葉がありましたが、とても意識の高いあるスタッフだけが、
このような質の高いサービスを提供出来るのではなく、ある程度、
人が入れ替わっても、それが実施、継続出来る組織こそが、
真に強い組織と言えます。
このような組織を作るためは、リーダーが伝え、
実行・継続を促すという事が大切です。
医経統合実践会のクライアント様が、更にこのような強い組織に
なれるよう、これからも精一杯サポートさせて頂きます!
この内容がクリニック経営の学びや気付きになられましたら、
ぜひ「いいね!」や内容のシェアをよろしくお願い致します!
———————————————————————————————
FBバナー2016セミナー.jpg
【他院の具体的な事例が学べるセミナーです!】

『医経統合実践塾2016』の詳細・お申込みこちらです!

月別アーカイブ

お申込み受付中

医経統合実践塾2019

ご相談はこちらから

045-548-4106