0

クリニック経営ブログ

クリニック経営ブログ

須藤先生と島村さんのお話から学べること

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 歯科クリニックの経営コンサルタント 根本和馬です。
5月17日に引き続き、翌週24日は医経統合実践会のメインセミナーである
医経統合実践塾2015の第2回を開催しました。
『医経統合実践塾 第2回セミナーレポート』はこちらです!


今回は「教育」をメインテーマにお伝えしましたが、タイムリーな
テーマだからか、多くのゲストから「勉強になった」というお言葉を
頂きました。
その他、当日ご参加されたゲストのご感想の一部をご紹介します。
◆愛知県 耳鼻咽喉科 院長先生
教育制度がまだ出来てなくて機能していないので、
「あること教育」「やる事教育」を中心に取り上げたいです。
思っているだけで中々進まないので、焦り気味です。がんばります。
◆神奈川県 勤務医の先生
大変勉強になりました。
かなり具体的な話が聞けて良かったです。自分はまだ医院を
開業していませんので開業した折には新人教育等お願いしたいと思いました。
やるべき事が多そうですが、何か楽しみに思えました。
ありがとうございます。次回も楽しみです。
◆愛知県 耳鼻咽喉科 看護師 
次回の取り組みを何にしようか悩んでいましたが、根本さんの講座を受けて、
いくつか思い付くことが出来ました。また頑張ります!!
根本さんのコンサルの中で、読書の重要性は何度も聞いていましたが、
須藤先生からも読書のお話が出て私ももっと本を読まねば!!と思いました。
スタッフ全員が院長と同じ方向を向くと素晴らしいクリニックが出来るんだなと
みどりの森デンタルクリニック様の院長先生の話を聞いて感じました。
◆長野県 内科 看護師 
今回初めて参加させて頂きましたが、大変勉強になりました。
特にHPの係をしている為、少しでもそれらに関わる内容が聞けたら
良いなと思っていましたが、思いのほかHPに関する事柄も多く、
大変参考になりました。
クリニックに戻って早速実践できるものから行っていけたらと思っております。
とても楽しく一日過ごすことが出来ました。本当にありがとうございました。
◆群馬県 歯科クリニック 歯科衛生士  
12年間同じ医院で働かせて頂いていて、チーフとして年長者として
新人教育や後輩スタッフの教育をする上で自分なりに考え、試行錯誤しながら
マニュアルなどを作成してきました。
今日は実際にどうしたらいいのかという具体的なところや
ポイントなどを教えて頂き本当に参考になりました。
◆愛知県 耳鼻咽喉科 事務 
皆さんの実践事例報告がどれも当院にも是非取り入れたいようなものばかりでした。
そのまま持ち込むではなく、うちだったらどのようにすべきか考え話しあった上で
取り入れて行こうと思います。
ゲスト講師の須藤先生のお話はスタッフとして「Drは経営者として
こういうことを考えたり悩んでおられるのだな」と知ることが出来
とても興味深かったです。
スタッフの島村さんのお話はまさに”あるある”といった感じでしたが、
成功されているクリニックさんのお話として参考にさせて頂きたいと思いました。
◆兵庫県 眼科 視能訓練士
今年の4月から新卒の新人スタッフが初めて入社しました。
教育については全く自信がないので、今日参加出来てよかったです。
業務カリキュラム・マニュアル・新人日誌、当院でも作成して活用していますが、
まだまだ改善が必要だなと思いました。
チェックリストも期限が入っていないので入れようと思いました。
動画マニュアルは本当に分りやすいですね。紙で書くと上手く
伝えられていないところが沢山あるので動画、いいですね。
他院の改善シート、読んでいて本当に勉強になりました。
当院でもどんどん実践させて頂こうと思います。本日はありがとうございました。
※全て原文のまま掲載しております。
須藤先生・島村さん・根本 その2.jpg
今回のゲスト講師である須藤先生と島村彩さんのお話には、
多くのゲストが「それ、わかりますよ!」と、共感されたようです。
そもそも「経営者」と「スタッフ」には、仕事や職場に対して
意識に大きな差があります。それを縮めるためには、双方の努力が
必要です。
真和会様がこれだけ大きな飛躍を実現されたのは、
まず、須藤先生が大変素直である事が大きいです。
「今出来る事はすぐやろう」と、私のアドバイスにも
積極的に耳を傾けられ、すぐにその日から改善されます。
実践塾の中でも度々お伝えしていますが、コンサルティングの
成果が出るクリニックとそうでないクリニックの分かれ道は、
まずここにあります。
コンサルタントがアドバイスした際、急に表情を険しくし、
「自分なりにやっている」
「だったら、こっちにもスタッフに言いたい事はあるんだ」
「自分の方針に従えないなら、辞めたら良いんだ」
このような反応をしてしまうクリニックは、すぐに
成果を出すというのは難しいです。
やはり院長先生の姿をスタッフは良く見ていますから、院長先生が
貪欲に変化しようとされる姿を目の当たりにする事で、
「院長先生が頑張っているんだから、私達も頑張ろうよ」
と、意識が変化していくものです。
その一方で「じゃあ、院長さえ変われば、それで良いのか」と言うと
そうではありません。
特にクリニックの院長という立場は、野球で例えるなら
・エースピッチャーで
・4番バッターで
・監督で、
・球団経営者
を兼務するという、超激務な立場です。
よって「院長から言われてませんから・・・」という受身的な
姿勢ではなく「これは院長先生でなくても、私達で出来るな」と
思う業務や取り組みは、積極的にサポートする必要があります。
そうなると、院長先生は次第に時間や気持ちに余裕が生まれ、
よりスタッフの方向を向けるようになるのではないでしょうか。
真和会様で言えば、正にこの役割を、長きに渡って
島村さんが務めて下さった事が、非常に大きいです。
持ち前の素直さと明るさで、須藤先生、スタッフ様、そして私の間を
非常に上手く取り持って下さり、三者が良い状態で
各々の役割を発揮する事が出来ました。
今回の実践塾で「長い間お仕事をご一緒させて頂いている医院様の
姿をご覧になって、他の医院様が刺激を受けられ、やる気が出るのは
凄く嬉しいな」と再認識しました。
ご講演の中で、須藤先生もおっしゃっていましたが、そもそも
人の能力にそこまで差なんてありません。
結局は、やる、か、やらないか、
それだけです。
実践塾第3回までにゲストの皆様が大きく成長されるのが
とても楽しみです!
———————————————————————–
【せっかく良い人材が入ったから、評価制度を作りたい!】
評価制度を構築すれば、今後、賞与時期に悩む事が激変します!
スタッフを巻き込んで作るために、院長先生用だけでなく、スタッフ用の
テキストもついてきます!
「4月から良い新人が入ったから、これを機会に評会制度を
作りたい!」と思われている院長先生はぜひ下記をご覧下さい!

『クリニックスタッフ評価制度構築完全マニュアル』の詳細・お申込みこちらです!


この内容がクリニック経営の学びや気付きになられましたら、
ぜひ「いいね!」や内容のシェアをよろしくお願い致します!

医経統合実践塾2015 第2回

3月1日に始まった「医経統合実践塾2015」。
早くも第2回を迎えました。
第2回からは第1講座はゲストの皆様からご提出頂いた、実際にクリニックで実践されて成果が出た取り組みを共有する、という内容です。
実践塾2015第2回 第1講座.jpg
今年は約80名の方にご参加頂いていますので、当日取り上げる事が出来る課題が非常に限られており「これも当日取り上げたいけど・・・」と、断腸の思いで取り上げきれない課題が山のようにあります。
第2回から初めてご参加されるゲストも数名いらっしゃり、後で感想をお聞きすると「こんなにハイレベルな取り組みをされているクリニックがあるとは思いませんでした。本当に刺激になります!」と、とても気合が入られているご様子でした。
続く第2講座はゲスト講師のお話です。
須藤先生.jpg
今回のゲスト講師は神奈川県で2医院、東京で1医院、合計3医院を展開されている医療法人財団 真和会 みどりの森デンタルクリニック 理事長 須藤真行先生にお話頂きました。
真和会様は、
・新患を診る事が出来るのは3ヶ月先
・診療を17時までに変更
・ご高名な専門医を次々と招き、技術研鑽を積まれている
など、通常の歯科医院では考えられない成果を次々と出されている医院様です。
しかし、そんな真和会様も、最初からそうであった訳ではありません。当時は須藤先生とスタッフ様の信頼関係は出来ておらず、多くのスタッフ様が同時に離職されるというご経験もされています。
そのような中で、初めて須藤先生とお会いしたのが2007年です。もちろんそれからすぐに劇的に変わられた訳ではありませんが、徐々に小さな変化を積み重ねられ、現在では前述のような大きな成果を出されているのです。
島村さん.jpg
講座の中では、途中で真和会様で10年以上に渡って勤務されている歯科衛生士・島村彩さんから「スタッフの立場から見た真和会(須藤先生)の変化」というテーマでお話頂きました。
このお二人の講座によって、ゲストは「凄いクリニックというのは、初めから凄いのではなく、様々な経験を経て、大きく成長するのだ」という事を再認識されたと思います。
須藤先生、島村さん、素晴らしいお話を本当にありがとうございました!
須藤先生・島村さん・根本.jpg
続く第3講座では私から「スタッフ教育」というテーマでお話させて頂きました。
「とりあえず、やってみて」
「自分で考えて」
「技術は目で盗むものだよ」
「空気を読んでね」
「一生懸命頑張れ!」
このような教育は、これからどんどん通用しなくなっていきます。ではどのように教育すれば良いのかという事を、マニュアルやカリキュラムの必要性を交えて、様々な手法をお伝えしました。
この講座によって、ゲストの医院様で働かれている新人スタッフが、一日でも早く、一人前に成長してくれたら嬉しいです!

「クリニック新人スタッフ研修2015」を開催しました!

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 歯科クリニックの経営コンサルタント 根本和馬です。
5月17日(日)に弊社では初めてとなる新人スタッフ向けセミナー、
「クリニック新人スタッフ研修」を名古屋で開催しました。
クリニック新人研修2015.jpg
当日は満員御礼で、スタッフ教育にお力を入れるクリニックが
増えてきているのだと実感しました。
本当にほんの一部ですが、当日ご参加された方の声を
お聞き下さい。
◆耳鼻咽喉科 看護師
月一回の耳鼻科での研修を受けさせて頂いてますが、今日ここに研修来て、同じ内容の部分でも改めて気付いた事や、自分がこれからどうなっていきたいという姿が明確に見えてきました。なかなか子育ての合間に読書できないと思い込んでいましたが、一日10分コツコツなら私にもできるはず!言い訳している場合じゃない!って思いました。
◆歯科 歯科助手
私は新人スタッフではないのですが、久しぶりに仕事をする上での基本的な事を学べて、忘れていたことが再確認できて良かったです。特にマイナス発想になることが多くあったので、本を読んだりして自分のモチベーションを上げながら後輩のお手本になれるように仕事をしていきたいです。また少し経ってから今日頂いたテキストを見直して、常に100%で仕事に取り組めるようにしたいです。
◆眼科 視能訓練士
今回のセミナーでお話を聞き、自分の仕事にたいする考え方を見直すことが出来ました。技術面では、足りないことがまだまだ沢山ありますが、その他の面では、自分が1番と思えるような行動(掃除や準備など)を取るように意識することは出来るので、そういう面から頑張っていきたいです。今後も、仕事に全力を注いで、いきたいと思います。
◆整形外科 院長先生
スタッフ7名と参加しましたが、根本さんの熱い講演、いつも共感させられます。
1人でも多くのスタッフが変わってくれることを期待しています。
◆内科 受付
以前根本さんとの面談で何のために仕事をしているのかという問いに対して、はっきりと答えられなかったのですが、今回のセミナーで情熱を持って仕事に取り組むことの大切さを教えて頂いて、明日からモチベーション固く、自分の頭で考えて仕事に取り組んでやりがいを感じたり、より良い目標を設定していこうと思いました。
※全て原文のまま掲載しております。
新人研修当日もお伝えしましたが、今後は性別や年齢に限らず、
健康であるうちはずっと働き続ける時代になります。
特に女性スタッフは、これから結婚、出産、育児などを並行して
仕事をする方が大半になります。
だからこそ、仕事に全力投球出来る期間である新人スタッフの間に
出来るだけ多くの技術、知識と同時に、高い仕事観を身につける事が大切なのです。
今回ご参加頂いたゲストの皆様に、少しでもそのような気付きや
学びがご提供出来たのなら良かったです。
お休みの日にセミナーに参加される事自体が、非常に高い意識を
持っている事を証明していますので、これからプロフェッショナとして
活躍される事を願っています!
———————————————————————–
【せっかく良い人材が入ったから、評価制度を作りたい!】
評価制度を構築すれば、今後、賞与時期に悩む事が激変します!
スタッフを巻き込んで作るために、院長先生用だけでなく、スタッフ用の
テキストもついてきます!
「4月から良い新人が入ったから、これを機会に評会制度を
作りたい!」と思われている院長先生はぜひ下記をご覧下さい!

『クリニックスタッフ評価制度構築完全マニュアル』の詳細・お申込みこちらです!


この内容がクリニック経営の学びや気付きになられましたら、
ぜひ「いいね!」や内容のシェアをよろしくお願い致します!

メンバーからの嬉しいメール

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 歯科クリニックの経営コンサルタント 根本和馬です。
5月24日に医経統合実践会のメインセミナー、医経統合実践塾の
第2回を開催します。
第1回に参加された先生が、今年の秋にご開業されるご友人の先生に
「実践塾、凄く勉強になるから参加しましょうよ」と誘って下さったり、
第2回からスタッフ様を連れて来て下さったりと、どんどんご参加頂ける
ゲストが増えていくのがとても嬉しいです。
メール2015.05.jpg
昨日は弊社メンバーと、事前の打ち合わせをしましたが、
それに参加した、入社2ヶ月の新メンバーが、私に下記のような
メールを送ってくれました。
(ここから)
以前勤務していた会社での話ですが、これまで色々なアンケートに記入し、
反省点改善点をあげてきましたが、あまり取り上げられることがありませんでした。
それは私だけではなく、そもそもアンケートは形式的なものであり、
上司の独断で改善策を考えて処理される、と言うことばかりでした。
アンリミテッドに入社して感じたことは沢山ありますが、一人一人の意見に
社長がきちんと耳を傾けてくださっているな、と言うことが大きな点でした。
セミナー改善案を読み込み、どう次回に生かされるのかな、と思って
今日のミーティングに臨んだのですが、あのようにきめ細やかに改善案を
話し合うとは本当に驚きました。
以前勤めていた時は、改善案を出してもどうせとりあげられない、
と言う気持ちで仕事に臨みがちでしたが、アンリミテッドの取り組み方なら、
どうしたらさらによくなるだろうかと、モチベーションをあげ、
意欲的に改善策の模索に臨むことが出来そうな気がしました。
(ここまで)
このメールはその日のコンサルティングを終え、帰る道中の
電車内で読みましたが、とても嬉しい気持ちになりました。
このような素晴らしい意見を言ってくれるメンバーがもっと成長を
実感出来る会社にしたいと、改めて気が引き締まりました。
メンバーにはいつも伝えている事ですが、講師の存在だけで
セミナーが開催出来るのではなく、あくまで講師はひとつの
ポジションに過ぎず、講師が当日最高のパフォーマンスを発揮
出来る環境を作ってくれる運営スタッフがいるからこそ、
最高のセミナーが開催出来るのです。
24日は最高の準備をメンバーが進めてくれていますので、
当日、それに応えるように、最高の講演をします!
ゲストの皆様、当日はお気をつけて会場までお越し下さい。
お会い出来るのを楽しみにしています!
———————————————————————–
【せっかく良い人材が入ったから、評価制度を作りたい!】
評価制度を構築すれば、今後、賞与時期に悩む事が激変します!
スタッフを巻き込んで作るために、院長先生用だけでなく、スタッフ用の
テキストもついてきます!
「4月から良い新人が入ったから、これを機会に評会制度を
作りたい!」と思われている院長先生はぜひ下記をご覧下さい!

『クリニックスタッフ評価制度構築完全マニュアル』の詳細・お申込みこちらです!


この内容がクリニック経営の学びや気付きになられましたら、
ぜひ「いいね!」や内容のシェアをよろしくお願い致します!

「日経ヘルスケア」でコラム執筆させて頂きました!

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 歯科クリニックの経営コンサルタント 根本和馬です。
とてもありがたい事ですが、出版社の方から執筆のご依頼や
色々な取り組みをされているクリニックを紹介して欲しいなど、
多くのお問い合わせを頂いています。
日経ヘルスケア2015.05.JPG
先日も『日経ヘルスケア』という雑誌の”診療所駆け込み寺”
というコーナーで、コラム執筆させて頂きました。
今回のご相談は「リーダースタッフをどのように育成するか?」です。
経営者以外は皆、女性”という非常に珍しい組織形態である
クリニックにおいて、人材が増えれば増える程、リーダースタッフの
存在は不可欠です。
スタッフが4~5名位の組織においては、院長先生は学校における
担任の先生位の影響力がありますが、これが10名以上の組織になると、
校長先生のような存在になります。
このように、組織が大きくなるにつれて、院長の発言力が低下していく中、
それを補うのがリーダースタッフの存在なのです。
では、どのようにリーダースタッフを育成していけば良いのか?
それは日経ヘルスケア5月号の「診療所駆け込み寺」をお読み下さい!
『日経ヘルスケア5月号』の詳細・お申込みこちらです!


クライアントには、別刷りを送らせて頂きますので、
到着までしばらくお待ち下さい!
———————————————————————–
【せっかく良い人材が入ったから、評価制度を作りたい!】
評価制度を構築すれば、今後、賞与時期に悩む事が激変します!
スタッフを巻き込んで作るために、院長先生用だけでなく、スタッフ用の
テキストもついてきます!
「4月から良い新人が入ったから、これを機会に評会制度を
作りたい!」と思われている院長先生はぜひ下記をご覧下さい!

『クリニックスタッフ評価制度構築完全マニュアル』の詳細・お申込みこちらです!


この内容がクリニック経営の学びや気付きになられましたら、
ぜひ「いいね!」や内容のシェアをよろしくお願い致します!

「世界一が多く集まる国」に行ってきました!

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 歯科クリニックの経営コンサルタント 根本和馬です。
「今年で弊社も創業丸3年、これから更に飛躍するために、
自分自身の中で、様々な基準を上げる必要がある!
そのためには、そうだ!世界一が多く集まる国、
ドバイに行こう!」
と、思い立ち、4月後半に数日お休みを頂いて
ドバイに行ってきました。
ブルジュ・ハリファ.jpg
※ドバイは現在、上記写真の世界一高い高層ビルである
「ブルジュ・ハリファ」をはじめ、世界最大のショッピングモール
「ドバイ・モール」、世界最大の人工島「パームアイランド」など
“世界一””世界最大”というのが好き(?)な国です。
ドバイに行く前は、ドバイに対して「きらびやかな国」
というイメージがありましたが、確かにきらびやかな場所も
ありましたが、まだまだ開発途中の土地が数多くあり、
現在、様々な建造物を建てている様子が、あちこちで
見受けられました。
1年後に再び訪れたら、ガラッと変わっているのではないかと思います。
10時間近く飛行機に乗っているのは、正直大変ですが、この機会だけに
終わらせず、これからもドバイの発展を目の当たりにしたいなと思いました。
そこまで数多くの海外に行った事はありませんが、
それでも数回、海外に行った事で感じること、それは
「やっぱり日本っていいね!」
って事です。
基本的に安全ですし、大体の人々は優しいですし、マナーや約束事も
ここまでしっかり守られている国も珍しいのではないかと思います。
実は今年、年始早々に有楽町駅前で財布を落とすという
大失態をしたのですが、落とした事に気付き、10分位探した後、
有楽町駅前の交番に行ったら、既に届いていました。
おそらく海外で財布を落としたら、こうはならないと思います。
ちなみに、交番に届けて下さった方は、お名前を名乗る事も、
お礼を受け取る事もご遠慮されたようで、結局分からずじまいなのですが、
この場を借りて感謝申し上げます(笑)
思えば「他を知って、今の良さを知る」という事は、海外に行く事に
限らず、他院に見学に行ったり、セミナーに参加する事でも体感出来ます。
他院に見学に行く事で、見学医院から得られる気付きや
学びもたくさんあります。
その一方で、例えばAクリニックとBクリニックを比較した時に
全ての面でどちらかのクリニックの方が優っているという事は無く、
ある面ではAクリニックの方が良いけど、逆に、この面ではBクリニックの方が
良いという、それぞれの良さがある事が大半です。
ですので、他院に見学に行ったり、セミナーに参加するというのは、
外部から学びや刺激を受ける一方で、改めて「自分の働いている
クリニックは、素晴らしいところなんだ」と、再認識するという
目的もあるのです。
とても嬉しい事に、実践塾第2回に向けて、ゲストの皆様から
実にたくさんの課題をご提出頂いています!
セミナー当日、ゲストの皆様同士が磨き合う空間になるように、
実践会メンバー一丸となって準備します!
———————————————————————–
【せっかく良い人材が入ったから、評価制度を作りたい!】
評価制度を構築すれば、今後、賞与時期に悩む事が激変します!
スタッフを巻き込んで作るために、院長先生用だけでなく、スタッフ用の
テキストもついてきます!
「4月から良い新人が入ったから、これを機会に評会制度を
作りたい!」と思われている院長先生はぜひ下記をご覧下さい!

『クリニックスタッフ評価制度構築完全マニュアル』の詳細・お申込みこちらです!


この内容がクリニック経営の学びや気付きになられましたら、
ぜひ「いいね!」や内容のシェアをよろしくお願い致します!

過去の記事

お申込み受付中

医経統合実践塾2019

ご相談はこちらから

045-548-4106