0

クリニック経営ブログ

クリニック経営ブログ

松岡修造選手で、モチベーションアップ!?

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 歯科クリニックの経営コンサルタント 根本和馬です。
私のクライアント様は、私からのアドバイスはもちろんの事、
院長先生、スタッフ様ご自身で「もっと、こうしていこう!」
と、更に良くなるための取り組みや、改善にお力を入れられる
クリニックが多くあります。
写真 2015-01-21 9 16 47.jpg
先日コンサルティングにお伺いした際、大ヒット商品
『日めくり まいにち、修造!』を院内の壁に掛けたり、
スタッフ用トイレに掛けたりされているクライアント様を見て
「これは面白い!」と、私も購入しました。
弊社でもトイレ掃除を担当したメンバーがその日のカレンダーを
めくる、という取り組みを始めました。
写真 2015-01-21 9 18 40.jpg
毎日のメッセージを見ると、中には松岡選手ならではの
メッセージで「?」と、深い内容のものもありますが、殆どの
メッセージは、一目見て「確かにそうだな」「もう少し頑張ってみるか!」
と、自分を鼓舞してくれる内容です。
私は経営者でありながら、自分の会社に1ヵ月に1~2日しか
いないので、なかなか直接メンバーのモチベーションを上げるのは
難しい立場です。
そんな中で「少しでも松岡選手のメッセージを見て、
元気になってくれたら」との思いで始めた取り組みですが、
メンバーからも「私もこのカレンダー気になってたんです!」と
とても好評で、とても嬉しかったです。
私も松岡選手のように、弊社のメンバーはもちろん、クライアントの
院長先生、スタッフ様に情熱を与えられるように、これからも頑張ります!
———————————————————————–
クリニックが活性化する33の具体的手法を収録!
「今年は更にクリニックを飛躍させたい」と思われている院長先生、院長夫人、
幹部スタッフの方にお勧めの一冊です。

『クリニックマネジメント入門』の詳細・お申込みこちらです!


この内容がクリニック経営の学びや気付きになられましたら、
ぜひ「いいね!」や内容のシェアをよろしくお願い致します!

スタッフが自主的に意見や改善を出してくるようになるには・・・ その2

「スタッフ自ら意見を出したり、行動して欲しい」と思いながらも、スタッフはそのような行動をしてくれない・・・というクリニックは多くあります。

もちろんそのスタッフ自身のやる気の問題もありますが、院長がやる気を殺いでしまっている場合も多々あります。

例えば”口では任せると言いながら、何でもかんでも口を出してくる”と、スタッフに思われてしまうと、スタッフが自主的に発言したり、提案してくる事はかなり難しいです。

仮に院長の中で「何でそんな発想するんだ?ちょっと考えれば分かることだろ!」と思われる内容を提案したり、実践したとしても、それをそのまま伝えてしまうと、本来得たかった「スタッフ自ら意見を出したり、行動して欲しい」という結果が得られなくなってしまいます。

そのような事が起きないためにも「こういう点は凄く良いね。でも、ここをもっとこうすると、更に良くなると思うよ」という姿勢である事が大切です。

スタッフに任せられないと、何でもかんでも院長がやらなくてはならなくなり、時間がいくらあっても足りなくなります。
ぜひ「任せ上手」になって下さい!

医経統合実践塾2015、キャンセル待ちになりました

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 歯科クリニックの経営コンサルタント 根本和馬です。
前回のブログで
「今年の医経統合実践塾は、お席を30名から50名に増やしたにも関わらず、
すぐに満員になり、あまりにも早い満員なので、何とか10席増席しました」
と書きましたが、その10席もすぐにお申込があり、これ以上の増席は困難ですので、
以降のお申込は”キャンセル待ち”という形で承らせて頂きます。
過去の例を見ると、非常に可能性は低いですが、現在お申込を
頂いているクリニック様からのキャンセルがあった場合に、キャンセル待ち
されている方から順番にご案内させて頂きます。
通年制のセミナーですので、次回のご案内は今年末から翌年最初に
かけてになりますが、回を重ねる毎にお申込される方の数が増えている
だけでなく、告知からお申込までのスピードが速くなっておりますので、
来年ご参加をご検討の方は、今年の10月か11月頃になりましたら、
お早めにお申込下さい。
thank you.jpg
先日コンサルティングにお伺いしたクライアントの院長先生が
「5年後には参加する人が30人位にはなるかなと思っていましたが、
まさかこれだけ早い期間で、60人もの人が参加するセミナーになるとは
予想していませんでした」
と、おっしゃっていましたが、それは2012年にスタートした年から
ご継続してご参加されている院長先生、スタッフ様、また、前年はお一人で
ご参加された院長先生が、翌年以降、多くのスタッフ様をお連れ頂き、
これだけ大規模な勉強会へと成長する事が出来ました。
インフルエンザ、花粉症などの季節的なもので、時季によっては
クリニックは目も回る程の忙しさになります。繁忙期には仕事を終えて
スタッフがクリニックを出るのが夜10時、11時などというところも
あるくらいです。
そのような大変お忙しい中、貴重なお休みの時間を使って参加して下さる
院長先生、スタッフ様に少しでも「参加してよかった」と感じて頂けるよう、
医経統合実践会一丸となって頑張ります!
———————————————————————–
クリニックが活性化する33の具体的手法を収録!
「今年は更にクリニックを飛躍させたい」と思われている院長先生、院長夫人、
幹部スタッフの方にお勧めの一冊です。

『クリニックマネジメント入門』の詳細・お申込みこちらです!


この内容がクリニック経営の学びや気付きになられましたら、
ぜひ「いいね!」や内容のシェアをよろしくお願い致します!

間もなくキャンセル待ちになります!

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 歯科クリニックの経営コンサルタント 根本和馬です。
写真 2014-10-26 13 32 53.jpg
医経統合実践会のメインセミナー「医経統合実践塾」。
2012年からスタートして、今年4年目になります。
初年度はゲスト(お客様)の数が約10名様でした。
それが、回を重ねる毎に、去年は院長先生だけがご参加されていたのが
スタッフ様を連れて来て下さったり、去年よりも更に多くのスタッフ様を
連れて来て下さったりというゲストが増えました。
そして今年はそれまでの定員数30名を更に増やし、50名様に
したのですが、おかげさまで満員になりました。
しかし、今年の開催日が3月1日からですので、あまりにも早い満員に
「これは何とかしないとマズイ!」と会場に掛け合い、何とかあと10席、
確保が可能になりました。
医経統合実践塾の品質を下げないためにも、弊社メンバーのマンパワー面でも、
今年は60名様がMAXです。これ以上は増やせません。
「これまでは広告を出せば応募が何件もあったのに、最近は応募が
減ってきている」
「今年の4月に入社する新人スタッフを、出来るだけ短期に、
ひとりの戦力になるように育成したい」
「どうしたら、もっとスタッフのモチベーションが上がるのかを
学びたい」
「他のクリニックでは、どのような取り組みをしているのか、
具体的な事例を知りたい」
「院長ひとりではモチベーションの維持が大変だ。定期的に自分の
モチベーションを上げる場に参加したい」
このように思われている方は、ぜひ「医経統合実践塾2015」にご参加下さい。
今年のゲスト講師も、とても豪華です!『医経統合実践塾2015』の詳細・お申込みこちらです!


このブログをお読みの先生、スタッフ様のクリニックの医経統合が更に
活性化するために、医経統合実践会一同、精一杯サポートさせて頂きます!
———————————————————————–
【残席10席!お急ぎ下さい!】

『医経統合実践塾2015』の詳細・お申込みこちらです!


この内容がクリニック経営の学びや気付きになられましたら、
ぜひ「いいね!」や内容のシェアをよろしくお願い致します!

1年間、理念を考え続けた結果・・・

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 歯科クリニックの経営コンサルタント 根本和馬です。
2015.jpg
2015年、初ブログです。
皆様、今年もよろしくお願い致します。
実はちょうど1年位前から、弊社の会社理念を新たに作り直す事を
念頭に置いていました。
この1年間、
理念に関する本を数冊読んだり、
何かのヒントになればと、ビジネス界で著名な方々のセミナーに参加したり、
自らを洗練させるために、洗練されたホテルのラウンジでずっと考えていたり、
移動中の飛行機や新幹線で考えていたり、
入浴中や就寝前に考えたり、
と、とにかく考え続けました。
そこで、1年間考え続けた結果、
「自分がされて嬉しい事を、相手にも出来る会社を目指す」
という理念にする事に決定しました。
“自分がされて嬉しい”とは、例えばこういう事です。
夜中1時、医経統合実践会のホームページ経由で、ある院長先生が
クリニック経営で悩まれている事をメールしてこられました。
私目線で言えば「もう寝る時間だし、このメールへの返信は
明日でも良いか」と、考えても良い事です。
しかし、この院長先生の立場を考えた時、この先生が私(医経統合実践会)に
最も望まれるのは「的確なアドバイスを、出来るだけ早く欲しい」という事です。
この2つの選択肢があった時、私を含め、弊社で働く者は
迷わず後者を選択して欲しいです。
上記の出来事で言えば、私がどれ位のスピードで良いアドバイスが
思い付くかは内容によりますが、夜中何時であっても、内容が固まり次第、
メールしたとします。仮に夜中3時に返信したとしましょう。
もしかしたら、この先生が私の返信メールを読まれるのは、
朝の診療開始前や、午前の診療が終わった後かも知れません。
しかし、その一方で、悩まれる事でなかなか寝付けず、夜中3時過ぎに
返信メールを読まれるかも知れません。
後者の場合であれば特に、先生が安心出来る時間が早まるのです。
仮に前者の場合であっても「おぉ、夜中の時点で返信してくれたのか。
対応が早いな」と、少なくとも悪い気はされません。
上記は一例に過ぎませんが、要所要所において「これって自分がされたら
どう思うだろう?嬉しいかな?もっと喜んで下さる方法は無いかな?」と
考え、それが行動に繋がったとしたら、とても強い信頼・信用が得られると
私は信じています。
前述しましたが、私を含め、弊社で働くメンバーには、
「もし自分がクライアントの院長先生(スタッフ)だったら、
どんなコンサルティングを受けたいか?」
「もし自分が休日を使ってセミナーに参加する参加者の立場だったら、
どんなセミナー内容や運営だったら、これからも積極的に参加したいと
思うか?」
「もし自分が商品を注文したお客様だったら、商品お申込から
到着まで、どのような対応だったら、喜んで下さるか?」
「もし自分が●●さん(弊社の他のメンバー)だったら、今、自分が
何をすれば、●●さんが喜んでくれるか?」
などを考え、行動するような会社にしていきます。
そのためには、まずは私が率先して行動していかなければいけませんね。
単なる”口先だけ”にならないよう、ひとつでも多くの医療機関が更に医経統合を
実現出来るよう、行動で結果を出していきます!
———————————————————————–
おかげさまで満員になりました!
しかしあまりに早いので、何とか会場に掛け合い、
10席、増席する事が出来ました。
残席10席です。お早めにお申込下さい。

『医経統合実践塾2015』の詳細・お申込みこちらです!


この内容がクリニック経営の学びや気付きになられましたら、
ぜひ「いいね!」や内容のシェアをよろしくお願い致します!

過去の記事

お申込み受付中

医経統合実践塾2019

ご相談はこちらから

045-548-4106