0

クリニック経営ブログ

クリニック経営ブログ

七夕イベント成功のポイント

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科クリニックの経営コンサルタント 根本和馬です。
競合診療所が増えてきた事で、より差別化を図る必要性が強まった事と、
患者様の満足度向上に伴うプラスの口コミの増加を目的として、
季節毎に「イベント」を実施する診療所が、歯科はもちろんのこと、
医科診療所でも増えてきました。
七夕イベントのポイント.jpg
ちなみにこの写真は、眼科クライアントによる七夕イベントの取組みです。
これは患者様に願い事を書いて頂いた短冊を括り付けた笹を、クリニックの
待合室に設置するという内容です。
この取り組みは、患者様に自分の夢、目標を思い返して頂く
という意味でも、とても良い取組みです。
この七夕イベントが成功するポイントは、開始当初は短冊が
集まりにくい可能性がありますから、積極的に院長やスタッフも願い事を書いて、
笹に取り付けるという事です。
患者様も全く短冊が取り付けられていない笹を前にしては、
「誰も書いていないのに、自分だけ書くのはちょっと恥ずかしいな」と
思いますが、ある程度短冊が集まっていれば「結構みんな書くんだな。
それなら自分も書こう」と思います。
ぜひこのような工夫で、年を重ねる毎に患者様からの夢で
溢れた笹にして下さい。
最新の情報はフェイスブックで投稿中です!
よろしければ、下記アドレスからご覧下さい。
医経統合実践会のファンページはこちらです!

Q.どこまでサポートしてくれるのですか?

診療所におけるHP製作の最大の難点は「忙しすぎる院長に、原稿を
作る時間は無い」という事です。
もちろん元々文章を書くのが好きであったり、HPの知識に精通しているような
院長であれば問題ないのかも知れませんが、私の知る限り、そのような院長は
100人中1人位と言っても過言ではありません。
しかし業者はHPの原稿を作るのが仕事なのではなく、院長から上がってくる
原稿をHTML化するのが仕事なのです。
しかしその点「HP制作コンサルティング」におきましては、文章の殆どを
私が作成し、それを院長にチェックして頂くという流れで作りますので、
それだけ制作が早く進むのです。

ブログ、ツイッターを始める上での注意点 その3

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科クリニックの経営コンサルタント 根本和馬です。
ブログやツイッターを始める際の注意点その3は、
「投稿内容を明確にする」という事です。
ツイッターはブログと異なり、140字の字数制限があります。
その中で「映画を観に行きました」「〇〇というレストランが良かったです」
と書いても、それは診療所としての情報発信というよりは、
単なる個人の日記になってしまう可能性があります。
逆に私がクライアントにブログを導入する際には、
内容を制限してしまうと、スタッフが楽しんで更新出来ないという
理由から「院内情報の流出や、他院(他者)を誹謗中傷する内容でなければ、
どのような内容でもOKです」とアナウンスする事の方が多いです。
では、具体的にツイッターにおいては、どのような内容を
投稿すると良いのかというと、私は以下のような内容を
オススメしています。
□院長学会出席などによるイレギュラーな診療日程、
診療時間の変更について
□夏季休診などの長期休診について
□診療時間の変更
□スタッフ求人
□新しい医療機器の導入
□「〇〇(スタッフ名)が●●(プラセンタなど)を体験中です」
という診療体験記
□自費診療のキャンペーン
□当院で働くスタッフの声
□院内イベントの告知
□「〇曜日は比較的予約が取れやすいです」
□「〇時~●時は比較的予約が取れやすいです」
□定期健診の重要性
このような例を予めスタッフにも提示して「書く内容としては、このような内容を
書いてみて下さい」とアナウンスすると、スタッフも安心して書くようになりますので
ぜひやってみて下さい!
最新の情報はフェイスブックで投稿中です!
よろしければ、下記アドレスからご覧下さい。
医経統合実践会のファンページはこちらです!

ブログ、ツイッターを始める上での注意点 その2

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科クリニックの経営コンサルタント 根本和馬です。
ブログやツイッターを始める際の注意点その2は、
「投稿曜日と投稿担当者を明確にする」という事です。
ブログやツイッターが浸透しない理由のひとつは、
上記が明確でなく
「手が空いている人がやろう」
「時間がある時にやろう」
などと、ルールを曖昧にしてしまうことです。
そもそも日々の診療の中で、誰もが時間に追われ、忙しいと
感じているのですから、上記ルールが如何に浸透しないかも
よく分かると思います。
ですから、ブログやツイッターを導入する際には、
月曜日…●さん
火曜日…○さん
水曜日…■さん
と、投稿担当者を明確にすることです。
もちろん上記のように毎日の投稿が大変ならば、
第1●曜日…●さん
第2●曜日…○さん
第3●曜日…■さん
と、第●曜日は●さんと明確にする事です。
このように責任の所在を明確にする事で、スタッフにも責任感が生まれ、
行動に繋がりますし、実践していないスタッフが誰かも明確になりますから、
実践出来ていないスタッフのみを指摘すれば良いのです。
ぜひやってみて下さい!
最新の情報はフェイスブックで投稿中です!
よろしければ、下記アドレスからご覧下さい。
医経統合実践会のファンページはこちらです!

ブログ、ツイッターを始める上での注意点

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科クリニックの経営コンサルタント 根本和馬です。
前回「今後はブログやツイッターなどの情報発信媒体を用いる事が、
患者様から選ばれるクリニックになる上で不可欠である」とお伝えしましたが
今回はその続きです。
日々の診療だけでも忙しい院長だけでブログやツイッターを
始めるのはとても困難ですので、ぜひスタッフを巻き込む事を
オススメします。
しかし「明日からツイッターを始めるから、よろしく」
という依頼だけでは、スタッフの理解を得られず、
「また仕事が増えた」
「何でこんな事をしなくちゃいけないのか」
「ただでさえ忙しいのに、更に忙しくなるのか」
と、ブログやツイッターについてスタッフがマイナスな感情を
抱く可能性大であり、それは即ち実践されずに、いつの間にか
立ち消えになるという事を意味します。
このような事にならないためにも「なぜブログやツイッターを
始めるのか?」を、最低でも30分以上は時間を掛けて
スタッフに説明する必要があります。
尚、説明する際には
・何もしないクリニックは生き残っていけない
・情報発信をする事が、選ばれるクリニックになる上で不可欠である
・ブログやツイッターに取り組んでいる他院の例を紹介する
これらのポイントを抑えられると良いと思います。
ぜひやってみて下さい!
最新の情報はフェイスブックで投稿中です!
よろしければ、下記アドレスからご覧下さい。
医経統合実践会のファンページはこちらです!

まずはブログから始めよう!

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科クリニックの経営コンサルタント 根本和馬です。
今後競合クリニックが増えていく中で、患者様から選ばれる
クリニックであり続けるために不可欠なこと、それは「情報発信」です。
ホームページが充実しているのは、もちろんのこと、
院長やスタッフがブログを始める医科のクリニックも少しずつ
増えてきているように感じます。
そして今後は「ツイッター」も医院の情報発信媒体として
使用するクリニックが増えていくのではないかと私は思っています。
ツイッターの特徴は「投稿文字が140字」と
制限されているという事です。これまでツイッターが拡がってきた
理由のひとつは「140字で、自分の伝えたい事が表現出来る」
というお手軽感であったように思います。
しかし私はツイッターとブログの、どちらを最初に医院として
取り組んだ方が良いかと考えているかというと、断然ブログです。
ブログやツイッターなどの実施理由は、前述した「情報発信」の他に
「伝達力、文章力の向上」という目的もあるのです。
そう考えた時に、ツイッターは140字という制限があるため、
伝達力や文章力を向上させる練習になる程の文量が書けませんし、
ツイッターから実施した後で、ブログを始めてしまうと、
ツイッターの文量に慣れてしまっているスタッフは、ブログにおいても、
簡素な内容になってしまう可能性が高いのです。
以上がツイッターよりもブログから始めた方が良い理由です。
皆様のクリニック、診療所でもぜひ実施してみて下さい!
最新の情報はフェイスブックで投稿中です!
よろしければ、下記アドレスからご覧下さい。
医経統合実践会のファンページはこちらです!

クリニック経営専門誌「ばんぶう」7月号が発売になりました!

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科クリニックの経営コンサルタント 根本和馬です。
WS000009.JPG
毎月連載させて頂いている「ばんぶう」の7月号が、先日
発売になりました!
今月は「朝礼」の続編です。
朝礼の項目のひとつに「”職場の教養”を読む」を加えると、
より良い朝礼になるという内容を書いています。
朝礼を始める事によって、クリニックに活気が生まれ、
一体化が実現しやすいですので、ぜひ朝礼を実施してみて下さい!
「ばんぶう」7月号はこちらからお申込み下さい!


最新の情報はフェイスブックで投稿中です!
よろしければ、下記アドレスからご覧下さい。
医経統合実践会のファンページはこちらです!

人材教育に役立つ一冊

クリニックを経営する院長は、医師であると同時に「経営者」でもあります。
よって経営を学ぶ事は必須です。
そして「経営」とは何を指すのかと言うと、私は
「マーケティング」と「マネージメント」だと思っています。
今回は「マネージメント」のオススメ書籍です。
3年位前に「何か良い人材教育の方法は無いか?」と教育方法を
探していた際に出会った「行動科学マネジメント」。
「性格」や「資質」などの、いわゆる”目に見えないもの”ではなく
行動という”目に見えるもの”に焦点をあてる教育方法は、目からウロコで
あった事を今でも憶えています。
行動に焦点をあてる事で、新人スタッフに対する指示や指摘も
より明確になりますので、院長、チーフスタッフにぜひ読んで頂きたい一冊です。

行動科学を使ってできる人が育つ!教える技術

数字を意識しよう!

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科クリニックの経営コンサルタント 根本和馬です。
業績を上げる、新患数を増やす、自費率を上げる、
キャンセル率を下げる…等、クリニックの数字で結果を出す上で
不可欠なのは、
「数字を意識すること」
なのです。
これまで数多くのクリニックや診療所の経営相談を
承らせて頂きましたが、経営が芳しくないにも関わらず、
「先生の医院は、一ヶ月の新患数って何人位なのですか?」と質問すると
「さぁ…どれ位だったっけな」などと、曖昧な回答される
院長先生は、決して少なくありません。
例えばダイエットなどでも、結果を出そうと思ったら
体重計に乗るのは欠かせません。
自分の実施しているダイエットの内容が適切なのか否かを
体重計に乗って判断するのと同じで、クリニック経営改善の手法が
成果が出ているのかどうかを判断するためには、数字を
知らない事には始まらないのです。
ぜひ数字に敏感な院長を目指して下さい!
最新の情報はフェイスブックで投稿中です!
よろしければ、下記アドレスからご覧下さい。
医経統合実践会のファンページはこちらです!

予約の2日前に確認電話をする

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科クリニックの経営コンサルタント 根本和馬です。
前回「無断キャンセルの患者様を減らしましょう」と
お伝えしましたが、今回もキャンセル率ダウンのための
オススメ取組みです。
その取組みとは「予約日の2日前にクリニックから予約確認の
電話をする」という方法です。
なぜ2日前なのかと言いますと、前日に電話をした際に
「実は明日は用事が出来て…」などの理由でアポイントが
空いてしまった場合、その時間にタイミングよく別の患者様の
アポイントが上手く入らないという事が懸念され、一方3日以上前の
電話ですと、また3日後には来院するのを忘れてしまうという事が
起こり得るからです。
そこで間を取って「2日前」という事になるのです。
これまで多くのクライアント様で試行錯誤の中で、色々と実施してきましたが
電話を掛けるタイミングは、現時点での結論は2日前が一番良いです。
ぜひ「予約日の2日前にクリニックから予約確認の
電話をする」を実践してみて下さい!
最新の情報はフェイスブックで投稿中です!
よろしければ、下記アドレスからご覧下さい。
医経統合実践会のファンページはこちらです!

過去の記事

お申込み受付中

医経統合実践塾2019

ご相談はこちらから

045-548-4106

  1. ライン