1349

クリニック経営ブログ

拙著が増刷しました!

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、医経統合実践会 主宰 医経統合コンサルタントの根本和馬です。

昨日、拙著『パートスタッフ中心のクリニックがプロフェッショナルチームになる13の方法』が増刷になったと編集者の方からご連絡を頂きました。

同じ出版社から刊行した『なぜあのクリニックは待ち時間があっても満足度が高いのか?~待ち時間対策24の手法~』よりも速いペースでの増刷とのことで、二重の喜びです。

確かに、Amazonランキングをたまにチェックをしていますが、刊行から数か月経った今でも上位にランクインしていることが多かったです。

多くの院長先生、スタッフ様にお読み頂けたからこその結果ですので本当に光栄です。これまでお読み頂きました皆様、ありがとうございます!

同時に、貴重なお時間をインタビューに費やして下さった三島渉先生、秦淳也先生、北原瞳さんに改めて感謝申し上げます。

この本は7年間(当時)の会社経営で自身が学んだことや気付いたこともかなり反映しています。

特に最後の章『スタッフが辞意を伝えてきた時にどうするか?』で書いた、この本を読んで頂いているであろうスタッフ様へのメッセージは相当魂を込めて書きました。

私はかねてから「お金を頂く立場になれば誰もがプロであり、プロは相手からの評価が全て」だと思っていますので、このメッセージをどのように受け止められたかは読者様次第ですが、それでも「増刷」という客観的な結果が得られたこと、嬉しく思います。

来年の4月には5冊目の著書『クリニック経営が成功する院長と失敗する院長の習慣(仮題)』を刊行予定です。

これまでの作品同様、読んで下さった方が「読んで良かったな。時間を掛けて読んだ価値があったな」と思って頂ける内容になるよう、全力で執筆します。

これまでの作品の中でご興味があるテーマがありましたら、ぜひご一読下さい。

過去の著書一覧ページはこちらです。
https://ikeitougou.jp/books/


過去の記事

お申込み受付中

医経統合実践塾2019

ご相談はこちらから

045-548-4106