診療所、クリニック経営に関する無料相談 | 医経統合実践会

医経統合実践会は、クリニック経営に不可欠な
スタッフ採用、新人スタッフ教育、モチベーションアップ、
増患対策、評価制度構築などをはじめ、
スタッフをクリニック経営に巻き込むコンサルティングをご提供します!

TOP > コンサルティング > 無料経営相談

無料経営相談

1ヶ月3医院ですが、限られた院長先生にだけ、たった2時間で
しかも無料で、魅力的な医院になる方法をアドバイスします

1ヶ月3医院限定、たった2時間で医院改革する
『無料経営相談』

現在開業医である院長先生の殆どが、このような事で悩まれながら医院経営されています。
  • 今年度の診療報酬改正の再診料の引き下げは、開業医にとってはとんでもない話だ!』
  • 『開業すれば、もっと好きな仕事が出来て、もっと自分のペースで仕事が出来ると思っていたのに、診療だけじゃなく、事務手続きなど、こんなに診療以外の仕事が多いなんて…』
  • 『仕事なんだから、スタッフ同士で●●さんと、○○さんが仲が悪いとか、そんなレベルの低い話は止めてくれよ!もっと患者さんの事を考えて仕事してくれ!
  • 何度同じ注意をされたら分かるんだ!機械の使い方くらい一度二度説明を受けたら、出来るようになってくれよ!』
  • そんなに手荒に機械を扱いやがって!この機械が一体いくらしたと思ってるんだ!』
  • 『開業するにあたって“自分の診療のやり方を分かってくれるスタッフの方が良い”と思って、高給でヘットハンティングしたけど、このスタッフもいつ“妊娠したんで辞めます”と言ってくるか分かんないな…

皆さん、こんにちは。私、医経統合実践会を主催しております医経統合コンサルタントの根本和馬と申します。毎日の診療で御多忙な中、このお手紙をお読み頂きましてありがとうございます。

コンサルティングの中では「新人教育カリキュラム、業務マニュアル作成のサポート」「医院パンフレットなどの資料作り」「院長、スタッフに向けた、モチベーションアップの講演」「スタッフに対する個別面談の実施」「新患数、医業収入などの数値アップのためのアドバイス」「ホームページ作成、プロデュース」「人事評価制度導入」などを実施しております。

大きく状況が変化した歯科業界。医科にもこの流れは確実に起こります!

経営コンサルタントとして活動を開始してから5年間は、主に歯科医院の経営コンサルティングを実施してきましたが、現在の歯科業界は以前と比べて大きく状況が変化してきている事を痛感しています。

  • 2009年時点で、日本全国に68,000件の歯科医院があり、この数はコンビニエンスストアやガソリンスタンドの1.5倍の件数にも上る。ちなみに10年前の1999年は、今よりも6,000件少ない、62,000件だった。
  • 国民歯科医療費は1996年から2006年までの10年間で僅か1.5%の低率であり、歯科医療需要が完全に成熟化している。
  • 1980年代前半までは、歯科医療費も増加しており、歯科医師も不足していたため、開業すれば、特に何も経営努力しなくても、待合室に溢れる位に、患者さんが来院していたが、現在は個人歯科診療所の50%前後が、一日来院人数19人以下という状況である。
  • 1993年の所得金額が1,883万円だったのが、2007年には1,457万円と、この14年もの間に408万円の大幅減少を記録しているだけでなく、競争の激化、歯科医院医療需要の成熟化により、歯科医師の5人に1人は「ワーキングプア(年収300万円以下)」と言われている。

このように昔は「開業すればそこそこ普通に患者さんは来ていた」という歯科業界でも、今では開業しても、あまりの来院人数の少なさに、1ヶ月後に閉院という事が普通に起きている業界なのです。

しかし全ての歯科医院がそのような状況な訳ではありません。やるべき事をしっかりやっている医院は確実に伸びているのです。ちなみに以下は私のクライアントの実績です。

A歯科医院の場合
2006年4月 コンサルティング開始 開始当初の月間医業収入…約670万円
2008年4月 コンサルティング開始2年後の月間医業収入…約1,150万円

B歯科医院の場合
2006年6月 コンサルティング開始 開始当初の月間医業収入…約900万円
2008年6月 コンサルティング開始2年後の月間医業収入…約1,800万円

C歯科医院の場合
2007年11月 コンサルティング開始 開始当初の月間医業収入…約600万円
2008年6月 コンサルティング開始半年後の月間医業収入…約900万円

競争が激化している歯科業界の中で、このように伸びるのはなぜでしょうか?
それは「来るべき未来に向けて、しっかりと準備や実践を重ねていったから」なのです。

あなたには「ゆでがえる」になって欲しくないのです!

あなたは「ゆでがえる現象」のお話をご存知ですか? カエルを沸騰した水の鍋の中に入れると、その熱さにビックリして飛び上がり、カエルは鍋の外に逃げてしまいますが、その鍋の水を徐々に加熱していくと、最後まで熱さに気づくことなく、約12分で茹で上がってしまいます。これを「ゆでがえる現象」と言います。

変化に気付かない、気付いていても何も行動に移さなかった開業医は、今後ゆであがっていきます。
ゆであがった開業医が辿る末路が閉院や廃業です。

一方、これから起こるであろう変化を敏感に察知し、コンサルタントのアドバイスを受けたり、経営に関するセミナーに積極的に参加したり、経営に関する本を読んだりなどの取組みを、変化が起こる前から取り組んでいた開業医が、私のクライアントのように成果を出されているのです。

あなたはどちらの開業医を目指していきますか?

これまでは歯科業界の歴史を書いてきましたが、歯科でも医科でも現状を取り巻く環境の中で、共通点はたくさんあります。

  • 診療報酬改正による点数の低下
  • 医業収入、来院数の減少
  • 競合地域内での新規開業の増加
  • 競合医院の成長
  • 満足度の低下による悪い口コミの発生
  • スタッフとのコミュニケーション不足
  • スタッフの入れ替わり

これまでの間は、このような環境の変化が急激に起こった訳ではないかも知れません。しかしこれからは変化のスピードは確実に速まります。

ゆでがえる現象のように、茹で上がった後で、変化に気付いても既に遅いのです。このお手紙をお読みのあなたには、決してそのようになってほしくないのです!

「自分(の医院)は大丈夫だ!」と思っている方へ、ぜひ「医院経営10ポイントチェック」をやってみて下さい。

◆あなたの医院は大丈夫?医院経営10ポイントチェック!

あなたの医院は現在、このような状態ではありませんか?
あなたの医院に当てはまるものにチェックしていって下さい。

  • 来院人数、新患数、レセプト枚数、医業収入などの基礎的な数値を、税理士や会計士任せで、自分では殆ど理解していない。
  • 結婚や妊娠、夫の転勤などの自己都合以外の理由で退職するスタッフが一年間に数名はいる。
  • スタッフの昇給額の根拠は「最近頑張っている」「このスタッフとは波長が合うから」などの曖昧なものである。
  • まだホームページを作ってないし、その重要性も分からない
  • 業務マニュアルが無い。或いはマニュアルはあるが殆ど使われておらず、そのマニュアルは院長室で埃をかぶっている。
  • 教育カリキュラムが無い。よってスタッフのスキルにばらつきがある。
  • スタッフが自主的にスキルアップのセミナーに参加するなど皆無に等しい状態である
  • 「この機械の使い方は何度も説明したのに、何でスタッフは使い方を何度も間違えるんだ!」と腹が立った事がある。
  • オープニングスタッフは「自分と合うスタッフが良いから」という理由で、高給でヘッドハンティングしたものの「このスタッフもいつ結婚、妊娠などの理由で辞めるか分からないな…」と不安を抱いている。
  • 今年度の診療報酬改正で点数が下がる事を知り、落胆しているものの「まぁ良い医療を提供していれば、患者は来続けるだろう」と、点数が下がる事による具体的な改善策に取り組んでいない。

チェックしてみて如何でしょうか?チェックしてみた結果、5個以上の項目にチェックが入った医院はこれからの変化に対応出来ず、茹で上がってしまう可能性が高いです。

ゆでがえるになる前に、ぜひご相談下さい!

そこであなたにご提案したいのがプロの経営コンサルタントの無料経営相談を受けることです。

この経営相談は、医科・歯科専門の経営コンサルタントとして、数々の医院を成功に導いてきた、私、根本和馬が担当させて頂きます。

たった2時間のお時間ではありますが、たっぷりと具体的なアドバイスをさせて頂きます。

実は院長先生にはこの無料経営相談に急いで申し込んで頂きたい3つの理由があります。

急いで申し込んで頂きたい理由 その1 すぐに終了する可能性があります。

私が無料経営相談を実施するのは、ほぼ4年ぶりです。コンサルタントとして駆け出しの頃は、無料経営相談を実施していましたが、おかげさまで多くのクライアントが出来て、すぐに終了してしまいました。
ですので、おそらく私が無料経営相談を実施する期間はそこまで長くないと思います。
この機会にぜひお申込み下さい。

急いで申し込んで頂きたい理由 その2 1ヶ月3医院限定の開催です。

こちらをお読みの院長先生も御多忙かと思いますが、これまでの歯科医院コンサルティングに加えて、内科を中心とした医科コンサルティングもスタートし、私も毎日非常に忙しいスケジュールで仕事をさせて頂いております。その中でようやく捻出出来た時間です。

このようなご相談を受ける事が出来ます!

  • 新患が増えない、業績が伸び悩んでいる
    →●●は作っていますか?●●は効果がありますか?
  • 良いスタッフが採用出来ない
    →●●の中で、適切なメッセージをお伝えしていますか?
  • 医院に一体感がない
    →●●は実施していますか?しっかり曜日と時間を決めて実施していますか?
  • スタッフが入れ替わると、また一から教え直すことになる
    →●●は作っていますか?しっかり機能していますか?
  • スタッフのプロ意識を高めたい
    →●●を実施していますか?定期的に●●を実施していますか?
  • スタッフのモチベーションが上がらない
    →●●はありますか?院長のその時の気分になっていませんか?
  • スタッフとの信頼関係が作れていない。もっと楽しく仕事がしたい
    →●●運動は実施していますか?
  • その他医院経営に関するお悩み、ご相談事、幅広くお話を伺う事が出来ます。

このような院長先生は、無料経営相談にお申込み頂けます!

  • これからもっともっと医院を良くしていきたい!と思っている院長
  • 根本から受けたアドバイス、提案は「まずやってみよう」「すぐやってみよう」と実践に移せる院長
  • 自分だけじゃなくて、患者様、スタッフの幸せを本気で考えることが出来る院長

このような院長先生は、申し訳ございませんが、この無料経営相談にはお申込み頂けません

  • 「とりあえず無料だから」と経営相談に目的なく参加する院長
  • アドバイス、提案に対して初めから行動するつもりのない院長
  • 「俺にこんな時間を使わせて、少しでも有意義なアドバイスをしなかったら承知しねーぞ」と最初から上から目線な院長
  • 「コンサルタントなんで俺が会うまでもない」とばかりに院長夫人、幹部スタッフだけで 無料経営相談に申し込もうとしている院長
  • ※ご相談の際、院長の他に院長夫人、幹部スタッフが同席されるのは構いません。

私は決して「無料だから」という気持ちを持っていません。
無料だろうと有料だろうと、せっかくの時間を私に使って下さった方には、最大限の努力をし、そして院長先生には最大限の成果を得て頂きたいと思っています。

お申込について

  • 相談資料
    事前に無料経営相談を受けていただくために必要な「経営カウンセリングシート」を送らせていただきますので、こちらにご記入いただき、その他に必要な資料を郵送かFAXにてお送りください。

  • 開催日
    日程は後ほど調整いたしますので、ご希望の日時をご連絡下さい。

  • 開催場所
    ご相談の上調整させて頂きます
医科・歯科経営コンサルタント 根本 和馬(ねもと かずま)

横浜の精神科病院勤務を経て、2005年弊社にコンサルタント第1号として入社。これまで数多くの医院を地域一番に導く。
指名でのコンサル依頼も多く、キャンセル待ち医院数では社内一。
クライアント限定メルマガを配信するなど、クライアントへの手厚いフォローも社内で一番。特にスタッフ教育やチーム活性化に力を入れており、2007年歯科医院新人スタッフ研修、2008年 歯科医院新人スタッフ育成塾、歯科医院プロフェッショナルチーム育成セミナーを発表。各セミナーのメイン講師を務める。このような取組みが評価され、2008年、2009年度経営戦略研究所ベストコンサル賞受賞。2010年よりコンサルティング活動を内科を中心に医科の分野まで拡げている。

日々の診療だけでもお忙しい中、このご案内を最後まで読んで 頂いたこと、心より感謝致します。ありがとうございました。

多くの病気はある日を境に、突然重篤な症状となって表面化するというよりは、最初は本人も気づかない位だったり、気づいたとしても、なんとなく生きづらさを感じている程度であった症状が、徐々に表面化し、最悪のケースでは手の施しようのない重篤な症状として表面化してしまいます。 だからこそ現代では「痛くなる前に、困る前に、定期的に検診を受けましょう」という予防を推進しているのではないでしょうか?

そしてこれは医院経営でも同じです。

  • 『今、困っていないから大丈夫だ』
  • 『今は近くに競合医院が無いから安心だ』
  • 『ただでさえ診療だけで忙しいのに、経営の事を考えている時間なんて無い』
  • 『何だかんだ言ったって、これからも今いるスタッフは働いてくれるだろう』
  • 『結局は保険で守られているんだから、数値の事は気にしなくても良い』

開業医は経営者です。
勤務医のように日々の診療だけに集中していれば良いのではなく、

  • これからの医院の方向性
  • どんな患者に来院してほしいのか
  • 医院で働くスタッフに、どのようになってほしいのか
  • もっとスタッフが仕事を通じて輝くために、何をやれば良いのか
  • 得たい結果を得るために、どんな事を具体的に行動していくか

これらの事を常日頃から考え、行動していく事が必要なのです。

申し込み人数様的にも、期間的にも限度があり、全ての医院様のご相談に乗る事が出来ず大変申し訳ないのですが、あなたと一緒にこれからの医院発展のためにお話させて頂けることを楽しみにしております。

最後まで読んで頂きまして、本当にありがとうございました。

根本和馬

お申し込みはこちら

医院名
院長名
郵便番号 記入例 : 2210834(ハイフン無し)
ご住所
電話番号
FAX番号
ホームページ
メールアドレス
ご連絡事項 ※スパム防止の為、コメントにURLを含めることは出来ません。

※具体的な相談事項などをご記入下さい。
根本和馬の
無料メールマガジンの購読
医経統合実践会(アンリミテッド株式会社)によって「0001514010 クリニックスタッフ教育119番」に 代理登録させていただいてよろしいですか?
購読する 購読しない すでに購読している

根本が1ヶ月に1回 『クリニックスタッフ教育119番』と題してあなたのメールアドレスに配信させて頂きます。「どうすれば本を読んでくれるようになるの?」「提出物の締め切りを守らないスタッフにどう対応すれば良いの?」など、これまで数百人を超える院長先生、院長夫人、幹部スタッフから受けた質問に対してのアドバイスを、あなたにもお伝えしたいと思います。登録は無料です。ぜひご登録下さい!

※メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。
※なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません
※登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0001514010.html
無料小冊子 無料小冊子の送付を希望しますか?
希望する 希望しない
本サイトを
どのようにして
お知りになりましたか?
ご一緒に如何ですか? 根本の著書、あなたのクリニックの医経統合が
加速化する一冊!

診療所機能アップのための
クリニック・マネジメント入門
クリニックを「プロ集団」に変える33の秘訣

定価:¥2,400(税別)

購入する 購入しない 購入済み
部(購入される場合のみ、ご入力ください)