インフルエンザ生活 - スタッフブログ

医経統合実践会は、クリニック経営に不可欠な
スタッフ採用、新人スタッフ教育、モチベーションアップ、
増患対策、評価制度構築などをはじめ、
スタッフをクリニック経営に巻き込むコンサルティングをご提供します!

スタッフブログ

インフルエンザ生活

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの栗林です。

先日、医経統合実践塾2018 第1回開催致しました。ご参加頂いた先生方、スタッフの皆様、ありがとうございました。私は、子供の行事があり行けませんでしたが、多くの気づきや学びを得て頂けたかと思います。


さて前回のブログで、子供達のイベント前で、流行っていたインフルエンザにかからずに参加することができた話を致しました。

イベントが終わり、ほっとしていたところに上の子が発熱。我が家にもやってまいりました。インフルエンザ。
上の子は初イナビルです。私も初めて手にしました。子供もドキドキしながら吸入し、1つ吸えば、あとは安静に。
下の子に移らないよう、家族でマスクをし、ご飯食べるのも別、加湿、空気清浄機の他、ウイルス除去も置き、専用のタオルも置き、極力物をさわらせないようにしながら過ごしました。
寝るときだけは、手を繋いでほしいと娘。息子を寝かせてから移動し、別室の娘を寝かせ、また戻るを連日繰り返しました。

熱が下がり、DVDにも飽きてくると、2人で巾着袋を作ったり、マニキュア塗ったり、折り紙でくす玉作ったり、日中殆ど2人になる事もなくなったので、良い時間になりました。

登校できる日になり、ほっとした2日後、今度は下の子が発熱。マジか・・・。と信じ難く、何回も検温してしまいました。やはりインフルエンザでした。時期がかぶる事もなく、また引きこもり生活です。あんなに気をつけたのに、こればっかりは仕方がないのですが、どうせなるなら数日位被って欲しかったと思ってしまいます。

今度は息子が個室生活ですが、熱が下がるとちょこちょでてきます。部屋もあれこれとちらかりっぱなしです。外遊び大好きな息子にとってはつまらない日々でした。ただ、夜寝るときは、娘と違い、一緒に寝られない事は割り切って、じゃ、おやすみ。と自分で電気を消して寝ていました。

この2週間で、仕事もお休みを頂き、幼稚園の謝恩会の係りも行けず、申し訳ない気持ちになりましたが、子供達とそれぞれとゆっくり過ごし、新たな発見もできた機会となりました。