自分の知らない世界や知識と、誰かの経験や非日常を感じることができるものって、なぁんだ? - スタッフブログ

医経統合実践会は、クリニック経営に不可欠な
スタッフ採用、新人スタッフ教育、モチベーションアップ、
増患対策、評価制度構築などをはじめ、
スタッフをクリニック経営に巻き込むコンサルティングをご提供します!

スタッフブログ

自分の知らない世界や知識と、誰かの経験や非日常を感じることができるものって、なぁんだ?

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの古川です。

 

まるで、なぞなぞのような題になっていますが、

「自分の知らない世界や知識と、誰かの経験や非日常を感じることが出来るものってなぁんだ?」

 

答えは、「読書」です。

 

最近、訳あって、いつも以上に読書をしていますが

改めて、本って、読書って、本当に素晴らしいなぁ!!と感じています。

 

本を読むことで、自分の知らない世界のことを知ることができ

自分とは違う、他の人の考え方を知ることができ

様々な知識をより深く得ることができるからです。

 

また、あるときは

物語にどっぷりはまり、非日常を体験することもできます。

その間は、現実から離れて

自分が物語に入り込んだような不思議な体験をします。

 

最後まで読み終えた時の、あの何とも言えない感じ

 

物語が終わってしまった寂しさだったり

自分が思い描いた通りの結末だったり、全く違う結末だったり。

持て余す感情を抱えて、物語の余韻に浸るのも、とても特別な時間です。

 

そして、

最近、読んでいる本は、様々な著名人の本なのですが

さすが、その世界で名をはせるだけあって

 

その知識についてとても詳しく書かれているのに

ただの説明だけになっておらず

ご自身の体験談を交えられていて

読んでいて、とっても楽しく

あっという間に、その方の世界へ引き込まれ

まるで、講演を聴かせていただいたような

そんな楽しい時間を過ごすことができます。

 

講演に行かずとも、いつでも、どこでも、その方の体験や経験を共有させていただける

本当に本って素晴らしいなぁ、と思います。

 

さて、今夜はどんな本を読もうかな、どんな人生に出逢えるかな?

ワクワク時間の始まりです。