子供の行事とインフルエンザ - スタッフブログ

医経統合実践会は、クリニック経営に不可欠な
スタッフ採用、新人スタッフ教育、モチベーションアップ、
増患対策、評価制度構築などをはじめ、
スタッフをクリニック経営に巻き込むコンサルティングをご提供します!

スタッフブログ

子供の行事とインフルエンザ

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの栗林です。

寒い日が続いておりますが、体調など崩されておりませんでしょうか?
我が家はこの前の土日に、幼稚園の行事、音楽教室の発表会とイベントが連日ありましたので、先週は毎日ハラハラ過ごしておりました。

先月末くらいに、近くの小学校や幼稚園でインフルエンザが流行りだし、子供の通っている小学校や園でもちらほらとかかった子が出始めたので、毎日何人休んでいたか気になり、子供に聞いたり、お母さん同士での話にも上がってきました。

手洗いうがいをしっかりするのと加湿、マスクで登校位で、あとはインフルエンザにかからないのを祈るのみ。かかるとしても、行事に間に合うように早めにか、終わったあとになりますようにと祈りました。

母達の願い通じてか、年長さんは全員参加できました。
息子は、お遊戯に合わせてなのか、髪の毛を切りたいと言い出し、前々日に坊主に。気合充分です。

午前中は、裏側で年少中さんのお手伝いをしたのですが、踊る前からニコニコの子もいれば、緊張で泣き出してしまい先生から離れない子もいました。先生は「大丈夫、ちゃんと見てるよ、いつも通りで大丈夫だよ。」と声をかけて裏で見守り、泣いていた男の子も開幕し音楽がなると、一生懸命踊っていました。踊りおわると、毎回、「良かった、とっても上手だったよ。」と拍手し、涙ぐみながら子供達を褒めていました。そんな姿を見て、子供達、親達のために、一生懸命踊りを考え、それぞれのグループ毎に踊りを教え、当日も子供の緊張をほぐしたり盛り上げたり、先生の大変さや有難さを改めて感じました。

我が子の出番になると、子供の成長を感じ、また先生の裏側のサポートを思いながら見たので、とても心に残る1日となりました。

園生活もあとわずかです。来月の卒園まで元気に過ごしてほしいと思います。


さて、来月と言えば医経統合実践塾2018の第1回まであと1ヶ月を切りました。
今年から事前案内は郵送ではなく、メールでのご案内となりました。
先日、ご参加医院様の院長先生宛に事前案内のメールをお送りしましたので、ご確認下さい。

実践塾まで体調崩されませんよう、御自愛下さい。