整形外科にお世話になってきました - スタッフブログ

医経統合実践会は、クリニック経営に不可欠な
スタッフ採用、新人スタッフ教育、モチベーションアップ、
増患対策、評価制度構築などをはじめ、
スタッフをクリニック経営に巻き込むコンサルティングをご提供します!

スタッフブログ

整形外科にお世話になってきました

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの田中です。

つい先週、普段の運動不足に加え、年甲斐もなく『バスよ、行かないで〜』、と猛ダッシュしたのが悪かったのか、年の暮れだというのに足の小指の骨にひびが入るアクシデントに見舞われました。

ちょうど昨年の今頃、息子が部活で鎖骨を骨折し学校のスキー学校参加を断念せざるを得ない状況になったのを思い出し、苦笑い。。。親子で2年連続何をしているのだか。。。その息子には『この先、人類の最初に退化して行く部分は足の小指らしいから、大丈夫じゃね?』と冷めた言葉をかけられ、思わず『そうかもな』と思ってみたり、相反して、夫はとても心配して会社を早退して私を病院へ連れて行ってくれ、とても助かって『心配してくれる人がいるっていいな』と思ったり。

整形外科でレントゲンを撮るのは、おそらく中学生以来で、無機質な空間で、いつが写真を撮る決定的瞬間かもよくわからずレントゲン室に一人にされる、というイメージしか持っていませんでした。

いつが写真を撮る決定的瞬間かも、レントゲン室に一人にされるのも変わらず一緒でしたが、今回はなんだかとてもリラックスしてその少しの時間を過ごすことができました。

おそらく次の2点がリラックスできた理由だと思います。

レントゲン室の壁紙が大空のイメージ写真になっていたのです。最近色々な医院のホームページでそのような壁紙を見ることがあるのでここで特筆すべきことでもないのですが、パソコンで見ているのと実際自分の身をその空間に置いて体験するのとではこんなにも感じ方が違うのだな、と実感しました。閉鎖的な空間であるのに開放感を味わいました。そして、手書きて丁寧に書かれた、レントゲンを撮った枚数別、保険別の参考価格表が、視線に入る位置に大きすぎず小さすぎずさりげなく掲示されていました(A3用紙程度)。お陰で、お財布の中身を気にしながらドキドキすることなく、会計までの時間を過ごすことができました。

いつも活気があって、先生を始めスタッフの皆さんがテキパキ、ハキハキしていて元気一杯で良い医院だなと思っておりましたが、そのレントゲン室のさりげない気遣いでさらにファンになりました!

医院全体の壁紙を変えるには、まとまった費用がかかりますが、どこか一箇所だけなら気軽に実践できそうですね。手書きの案内はすぐに出来そうですし!

他にも、診療科目を問わず様々な医院様での取り組みの実践事例を一年間通して学べるセミナーはこちら

また、忙しくて通塾は難しい、、、という先生へはこちらがおすすめです!

今年もスタッフブログをお読みくださりありがとうございました。来年も弊社スタッフは、実践塾を基軸に、サービスの向上に誠心誠意努力する所存です。来年も相変わらぬご愛顧のほどお願いいたします。

時節柄くれぐれもご自愛のうえ、良い新年をお迎えください!