交換読書のすすめ - スタッフブログ

医経統合実践会は、クリニック経営に不可欠な
スタッフ採用、新人スタッフ教育、モチベーションアップ、
増患対策、評価制度構築などをはじめ、
スタッフをクリニック経営に巻き込むコンサルティングをご提供します!

スタッフブログ

交換読書のすすめ


クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの佐藤です。


少し前の話になりますが、本を読み、ミーティングで発表するという機会がありました。
何の本を読もうか、さんざん悩み、夫に、読もうと思っている本を挙げ、「どっちにしようかなぁ」と
話すと、「'常識の超え方' にしたら?俺も読みたいし。」と言われ、すぐに本屋さんで買ってきてくれました。

私が読んだ後、「どうだった?面白かった?」「うん。結構面白かった」というと、
さっそく仕事のカバンに本を入れていました。

また、夫が読んでいる本でも面白そうなものがあると「読み終わったら。貸して!」と頼んだりします。
すると「こっちのほうが面白くて読みやすいよ。」とおすすめの本を貸してくれます。



夫婦生活も長くなると会話は子供の話が多くなります。
先日も、ママ友に「子供の話以外、夫と何を話しているか?」が話題になりました。
また、結婚する前にしていた会話が思い出せない、との言葉も多く聞かれました。

そんな時は、読書がおすすめです。
お互いが買って良かった本を勧めあったりしています。
今、相手の興味があることが知れ、うれしいです。


たまに子供にも「ママにお勧めの本、選んで借りてきて!」と頼みます。
子供が自分の読みたい本の1冊を我慢して私が好きそうな本を借りて来てくれ、うれしいものです。
逆に「ママ、僕どの本読んだらいいと思う?」と聞かれ、コミックエッセイを渡してあげると
喜んで読んでいました。大人の本でもコミックエッセイなら読むことができ、大人の気分を
味わえるのだそうです。




ビジネス書でなくても、漫画でも、小説でも、雑誌でも相手のことを少し知る
いいきっかけになるのではないかなぁと思っています。

IMG_0001.JPG


<最近おすすめされたり、おすすめした本>