0

ブログ

スタッフブログ

姉思い

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの栗林です。

先月は娘の誕生日でした。当日、朝起きた娘に、おめでとうと伝えていたのを聞いていた息子が、私の側に来て耳元でささやきました。
「お母さん、僕お姉ちゃんにプレゼントあげたい。だから買いにいこ。」

誕生日は娘ご希望のバイキングへ行くので、近くにあるディズニーストアへ寄りました。内緒にしたいと言うことで、娘と父に別の場所に行って貰い探しはじめました。
見てすぐ、これにするっ!と取ったのは、大きいぬいぐるみです。息子のポシェットに入ってるのは800円余り。
足りないので小さいマスコットや文房具なども見ました。文房具にしようとすると、「うーん、これにしたら僕のお金がほとんどなくなっちゃうしなぁ。」予算とプレゼントが上手くいきません。

もう少し、商品を見ると、かわいい缶バッジを発見。チップとデールが好きなので、それをプレゼントすることにしました。

「一人で買ってくるから。」と息子はレジにならびに行き、150円ほどの缶バッジをきちんとプレゼント用にして貰って買ってきました。

娘に渡すと、ありがとうと丁寧にシールをはがし、中身をみて「わぁ、かわいい!」と喜んでいました。それを見て息子も笑顔、私もとても嬉しくなりました。

娘は、毎日持っていく音楽クラブ用のバッグにつけて大切にしています。

息子の、喜ばせたいと言う気持ちや、一生懸命選ぶ姿がとても嬉しかったです。

さて、今月初めには息子の誕生日がありました。

娘とトイザらスに行く機会があった時に、プレゼントあげないの?と聞くと、
「うん、いいの。前に下敷きあげたし。」とあっさり。

息子も、まったく気にしません。

これから、姉弟関係がどうなるか楽しみです。

新年明けましておめでとうございます!!

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
医経統合実践会 医経統合サポーターの芝田と申します!

本日より、医経統合実践会は業務を開始しております!

年明けより、多くの医院様に根本が執筆した小冊子「スタッフをクリニック経営に巻き込む5つの方法」
を早速お申し込み頂き、誠にありがとうございます!

医経統合実践会も2019年は、飛躍の年になれるように精進して参ります!
本年も何卒、よろしくお願い致します!!

ダイエット

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、
医経統合実践会WEBデザイナーの佐藤です。

少し前から、夫がダイエットをしています。
どのようなダイエットをしているかというと、糖質制限ダイエットです。

少し前までは、ダイエットといえば、カロリー制限するイメージでしたが、
現在は糖質制限のダイエットの本も多くみられます。
糖質制限とは、その名の通り、糖質を制限します。
糖というと甘いものをとっさに浮かべますが、それ以外にも、ご飯やパン
いも類なども糖質の高い食べ物です。
糖質制限ダイエットの良いとことは、細かい計算があまり必要ではなく、
分かりやすいところにあるのではないでしょうか。

糖分の多い食品や調味料を少なくすればよいので、お肉や魚、
摂りすぎなければ油ものもOKです。

食事を作る側にとっても楽ですね。
毎日一緒にいるとどれくらい痩せたかはよくわからないのですが、
周りの人には「やせたね!」と言われるので、今のところ好調のようです。
半年後には、10年前のジーパンがはけるようになるのを目指して
頑張っています。

夢は、なに?

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの秋田です。

先日開催されました医経統合実践セミナー2018大阪会場にご参加頂いた皆様、お疲れ様でございました。来年度も皆様の学びの場となりますよう全力でサポートさせていただきたいと思っておりますので宜しくお願い致します。

 先日のことですが、何気なく7歳の息子に「お母さんの夢は、なに?」と聞かれ、特に考えもせず
「〇〇くんと妹の〇〇ちゃんが、優しくって素敵な大人になってくれることかな」って言いました。
それを聞いた息子に「それは夢じゃないよ。お母さんの夢!なりたいものを聞いてるんだよ!」って言われました。
今更夢なんて考えたこともなかったので正直に「お母さんは、もう大人だし何かになりたい!というのはないなあ」と言うと「そんなのおかしい!お母さんだってなりたいものがあれば何にでもなれるのに」ってその時はこれで会話は終わりましたが、そのあと、いろいろな想いが沸き起こりました。

職業はなかなか変えられなくても、たしかにいくつになってもああしたい!こうなりたい!と生き生きと生活したいものです。
たとえ小さな夢でもあるのとないのでは人生大違いだなと、とても良い”気付き”をくれました。

今年も残り僅かとなってまいりました。

来年の夢を考え、実現できるよう少しずつ実践していきたいと思います。

そんな”気付き”をくれた息子の夢は、「ヒカキンのようなユーチューバーになること!」だそうで日々YouTube三昧です。

あともう1回

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの栗林です。
少し前の事ですが、夏休みに子供達とボーリングに行きました。
夏休みという事もあり、すごい人で、待ち時間が1時間ありました。
受付をすませると、ゲームセンターが併設されていたので、時間つぶしに1人300円持たせクレーンゲームに挑戦しました。
ぬいぐるみ、お菓子、クッション、鞄、フィギュア、時計など、最近は様々な種類がありますね。
息子はこれにする、と犬のぬいぐるみのところへすぐに行きました。100円を入れアームを動かすと、半分ほど下に動きました。「すごいじゃん、もしかしてとれるんじゃない。」と伝えると、迷わずもう100円。ところがぬいぐるみの頭がはまっており次は全く動きません。すると、店員さんが側にきて、「頭の真ん中を左側で押す感じでやってみて下さい。」とアドバイスをくれました。よーし今度こそと最後の100円を投入。狙いたいとこで止められず、落とす事が出来ませんでした。「次はお母さんが。」と、息子の続きをやりましたが、100円やっても200円やっても落ちませんでした。だんだんもう落ちない気がしてきて「もうやめようか。」と話すと、「え、あとちょっとだからもう1回やろうよ。」と息子。「お金の無駄使いだからもうやめようよ。」と堅実な娘。私は、うーんと迷いながらも、「お母さんあと100円あるからこれで最後。」と100円を入れると、やるとなったら娘が横にいき、「頭の真ん中になったらストップっていうから。」とフォローしくれました。息子は両手を組み拝んでいます。ところがやはり落とす事ができず。あともう少しなのに落ちません。諦められず、おまけのもう1回やってしまいました。娘のストップでボタンをはなし、とうとう、ぬいぐるみが落ちました!
子供と3人で大喜びです。ボーリングをする前からテンションがあがりました。
娘は結局、クレーンゲームをやらず、おこずかいにしていました。
そして、先月今度は主人も一緒にボーリングに行きました。日曜日とう事もあり、50分の待ち時間です。すると流れはクレーンゲームに。今度は主人があともう1回を繰り返し、また犬のぬいぐるみを落とす事ができました。アプリで予約ができる事を知ったので、次回からは予約をしてボーリングを楽しもうと思います。
今、2つともリビングにあり、家族の抱き枕になっています。
sketch-1542708118535.png

類人猿セミナーに参加しました

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、

医経統合実践会WEBデザイナーの佐藤です。

先日のことになりますが、以前、弊社の実践セミナーでもご講演いただきました、

類人猿セミナーに参加してまいりました。

前回は事務局として参加しておりましたので、ゆっくりお話をお聞きすることが出来ず、

残念に思っておりましたので、とても楽しみにしておりました。

まず、自分の分類を知るところから始まったのですが、自分はオランウータンなのだなぁ

と、しみじみ思うことがあり、頷きながら聞いておりました。

また同じ分類同士で話し合いをすると、あー、分かる!分かる!そういうところ

ありますよね!!と、話が早かったです。

逆に、違う分類同士では、スムーズに話し合いが進みません。

お互いを理解するために、自分以外の方の気持ち(分類)を知ることの大切さを

改めて感じました。

家庭の都合で全部を聞くことができず、残念でしたが、とても良い一日になりました。

実践塾2019でも、第4回に類人猿セミナーの土居先生のお話があります。

女子力、高い

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの秋田です。

昨日開催されました医経統合実践塾2018第四回にご参加頂いた皆様、お疲れ様でございました。
今年最後の実践塾はいかがでしたでしょうか。来年度も皆様の学びの場となりますよう全力でサポートさせていただきたいと思っておりますので宜しくお願い致します。

さていきなりですが、我が家の子供達なぜか女子力が私より高いのです。

物心つく頃からふんわりしたチュールスカートやワンピースが大好きでズボンを履きたがらない3歳の娘は、スカートNGの保育園でもワンピースをチュニック風に着てその下にズボンを履いてワンピースを着ていました。ほぼ毎日自分で洋服・靴・鞄(ポシェットの様なもの)をコーディネートしており、時折独特過ぎて先生方の笑いを誘ったりもしておりました。

私の持ち物にも目ざとく、新しい洋服や小物、アクセサリーなどを身に着けると必ず気付いて「かわいいね!」って褒めてくれます。
女の子って皆そうなのかな?と思ってさして気に留めてなかったのですが、3月兄の幼稚園の卒園式の日のことです。

卒園式用のスーツを着た私を見て娘が「かわいいね!」って褒めてくれた後に「せっかくお洋服がキレイなのにお爪がダメね」って言いました。耳を疑い「えっ?」と聞き直すと「もっとキラキラしたお爪じゃないとね!お洋服かわいいのに」と言われたので本当に驚きました。すごいタイミングで言うので本当にわかっているんだ!と感心すらしました。3歳の女子力、恐るべし!

その言葉をきっかけに先日何年かぶりにネイルサロンへ行ってきました。
仕事に差し支えないよう控えめなネイルでしたけど、帰宅後すぐにネイルに気付いた娘は「わあ!かわいい!!」とすごく喜んでくれました。久しぶりにネイルをして気付いたことがあります。買い物をしてお金を出したりする時に爪がキレイだとそれだけで気分が上がります。おしゃれは爪の先までと3歳の娘に教えられました。

また余談ですが、6歳の兄も4歳の頃テレビで見た松田聖子さんを「この子めっちゃかわいい」と言い、聖子さんのように髪の毛を伸ばしてクリクリにして欲しいと言っています。それから2年、短い髪が好きな私は、伸ばしては切ってしまうのですがその度に本気で泣いて怒ります。今、3度目のロングヘアーへの挑戦中ですが、今回はいつまで我慢できるでしょうか。

あやとり

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの栗林です。
先日、息子が学校で使うから毛糸頂戴と言ってきました。学校の図工で使用するそうです。
毛糸を渡し、ランドセルにいれるかと思ったら、遊びたくなったようで、あやとりを作ってきました。
二人あやとりしようと誘われ、暫くつきあうと、今度はほうきの作り方を教えてとのこと。
教えても最初は小指と親指でひっかけてひっぱるのがなかなかできず、こちらも熱が入ってしまいましたが、ひとりでできるようになると、嬉しそうにできたっといって来ました。
私もあやとりを作り、手を動かすと、よく作った形は覚えているものですね。橋→カメ→ゴム→飛行機はささっとできました。
よし、3段ばしごも作ってみようと、何となく手を動かしましたが、なかなかできません。自分の記憶をたどりながら何回か試しましたがやはりできません。
悔しいなと思いながら、とうとうインターネットで調べてしまいました。調べると、あ、そうそう、こうするんだった!と思えますが、すぐできた形とできない形は、身に付いているかついていないかの違いだと改めて感じました。
どんな事でも、身につけるのは大切ですね。

ゆとり

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、
医経統合実践会WEBデザイナーの佐藤です。
先週末のことですが、息子の授業で、星空を観察する宿題がありました。

私は星が詳しくないので、眺める程度しかできませんが、
一緒に星空を眺めました。

秋は夜が涼しくて、気持ちよくて、


ゆっくりとした時間を過ごすことができました。

毎日が世話しなくて、あっという間の毎日で、
気づいたら今年もあと3か月を切りました。

今年のうちにしたいことをリストアップしたら沢山でてきて

少し焦りました。

今、しなければならないことに追われ、

したいことを考える時間、次を考える時間がなくなってしまったせいでしょうか。

たまにはゆっくりと、次のことを考える時間を持ちたいものですね。

プロのお仕事

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しております、医経統合実践会サポーターの秋田です。

数か月前にNHKの「おかあさんといっしょ」という番組の観覧に応募7回目にしてやっと当選し3歳の娘と番組収録へ行ってきました。

ドキドキの当日、いつもと違う状況で泣いて親から離れられない子も数人いました。でも出演者のお兄さんお姉さんはもちろんサポートされているスタッフの方が、収録の合間合間に声がけされ収録途中でもタイミングを図って参加させてあげたり、もし最後まで参加できなくても絶対に怒ったり、背中を押したりしないでくださいねとの声かけも感心してしまいました。
一生に一度のチャンスなので親としてみたらなんとしても出させたいと思いますよね。でもそこを抑えて子供の気持ちに寄り添ってあげてくださいとの子供達への愛を感じました。

段取りも良く予定通りきっちり1時間半で収録が終わりましたが、お兄さんお姉さんに書いてきた手紙を渡すタイミングを逃してしまい出口へ向かって歩いていたところスタッフの方が「お手紙ですか?お預かりしますよ!」と笑顔で娘から手紙を受け取ってくださいました。娘も渡せなかったと残念そうにしてたのに、ぱぁっと顔が明るくなって喜んでいました。
また、集合写真を3枚撮影したのですが娘の特徴(洋服とか髪型など)を記載して申し込むと娘が一番良く撮れている写真を送ってくださる等、随所にプロのお仕事と”おもてなし”を垣間見ることができ、大変勉強になり有意義な時間を過ごせました。

そして放送当日は、家族・親戚はもちろん友人や保育園・幼稚園の先生等たくさんの方から「見たよー!」との連絡や反響があるというおまけつき。
一生の思い出となる一日を親子で体験できました!

 

月別アーカイブ

お申込み受付中

医経統合実践塾2019

ご相談はこちらから

045-548-4106