Q.「お問い合わせフォーム」は必要ですか? - よくある質問

医経統合実践会は、クリニック経営に不可欠な
スタッフ採用、新人スタッフ教育、モチベーションアップ、
増患対策、評価制度構築などをはじめ、
スタッフをクリニック経営に巻き込むコンサルティングをご提供します!

よくある質問

Q.「お問い合わせフォーム」は必要ですか?

「お問い合わせフォームの必要性」を簡潔に伝えるならば、

「患者数が減っている、もっと患者数を増やしたい、もっと業績を
上げていきたい(上げていかなければならない)と思われているなら、
お問い合わせフォームはあった方が良い」

という事です。

そういう意味では、医科よりも歯科の方がお問い合わせフォームを必要としていますし、
事実私の歯科のクライアント様のホームページには、殆ど「お問い合わせフォーム」があります。

しかし、上記理由以外に「お問い合わせフォーム」があった方が
良いと考えるコンテンツ(内容)があります。

ひとつめは「院長が力を入れていきたい診療科目(白内障OPE、
インプラントOPE、プラセンタやビタミンC点滴などの自費診療など)」です。

なぜならこのような診療科目にお問い合わせフォームを設置する事で、
そのような患者数が増える可能性が高いからです。

ふたつめは「求人ページ」です。

インターネットを活用して求職している人は、診療時間内に職場を
探しているとは限りません。

もしも診療時間外にあなたのクリニックのホームページを見て、
「このクリニックで働きたいな」と思った場合、電話番号しか書かれていなければ、
連絡が取れるチャンスは、翌日の診療時間内という事になりますが、
お問い合わせフォームを設置しておけば、その時に求職者はメールから
応募する事が出来るのです。

私のこれまでのクリニックの経営コンサルティングの経験上、
良い人材程、ホームページから問い合わせてきます。

優秀な人材の獲得するために、ぜひお問い合わせフォームを
設置してみて下さい!

カテゴリ