スタッフが自主的に意見や改善を出してくるようになるには・・・ - 医経統合が実現しているクリニックの成功事例集

医経統合実践会は、クリニック経営に不可欠な
スタッフ採用、新人スタッフ教育、モチベーションアップ、
増患対策、評価制度構築などをはじめ、
スタッフをクリニック経営に巻き込むコンサルティングをご提供します!

医経統合が実現しているクリニックの成功事例集

スタッフが自主的に意見や改善を出してくるようになるには・・・

「うちのスタッフも、自分からどんどん提案してくれるようになってくれたらなぁ」

このように思う院長先生はとても多いです。では、どうすれば、このように「院長が色々と指示をしなくても、自主的に考え、行動するスタッフ」に育つのでしょうか?

ある程度の信頼関係が作られている事が前提ではありますが、そうなる大きな要因は「スタッフからの意見や提案を"出来るだけ早く"で実現してあげる」という事です。

スタッフから意見が出た際「ありがと。じゃあ、考えておくから」と言ったっきり、そのままにしてしまうと、スタッフは「私の意見はどうなったのかな?どうして、その後、何にも言ってくれないんだろう?もしかして、院長を嫌な気持ちにさせてしまったのかな・・・」と心配になり、その後、何も言ってこなくなるという事が、クリニックでは往々にしてあります。

そうなると、意見を出したスタッフがスタッフルームで「私、院長にこういう提案したんだけど、その後、何の反応も無くてさ、どうして何も言ってこないの!?」という疑問を投げかけ、それを聞いていた他のスタッフが「意見を出しても、そうなるんだったら、言うの止めよう」という気持ちになる可能性が非常に高いです。

院長先生は、歯科医師業務だけでなく、その他、多くの業務に追われていますので、忘れてしまう事も致し方ない部分もありますが、スタッフから色々と意見や提案が出るようなクリニック創りのためには「スタッフからの意見や提案を"出来るだけ早く"で実現してあげる」という事が不可欠ですので、ぜひ実施して下さい!

カテゴリ