業績が上がらない院長の特徴とは? - 医経統合が実現しているクリニックの成功事例集

医経統合実践会は、クリニック経営に不可欠な
スタッフ採用、新人スタッフ教育、モチベーションアップ、
増患対策、評価制度構築などをはじめ、
スタッフをクリニック経営に巻き込むコンサルティングをご提供します!

医経統合が実現しているクリニックの成功事例集

業績が上がらない院長の特徴とは?

医療ですから「数字、数字」ではいけませんが、それでも設備を導入したり、人材を雇用したりなど、クリニック"経営"である以上、数字に対して意識する必要があります。それが経営者の役目です。

これまでの9年間のコンサルタント人生の中で、業績が伸び悩んでいるクリニックのサポートもさせて頂きましたが、そのようなクリニックの特徴として、

「実際にやる前に、あれこれ理由をつけて、結局やらない」

という事が挙げられます。

もちろん、現在業績に困っていないクリニックであれば、それで良いと思います。しかし「より業績を上げていきたい!」と思うのであれば、

「この取り組みはうちには合わない」

「この取り組みは難しそうだ」

「もう少し様子を見てから、考えよう」

「この取り組みに対する費用対効果を、もっと考えないと・・・」

という、いわゆる"石橋を叩いて渡る"的な考え方ではなく「まず、やってみる」という姿勢が大切です。多くの取組みは、実際にやってみて、上手くいくかどうか分かるものだからです。

1.まずは実際にやってみる。

2.その取組みを大体半年程度続けてみる。

3.それで期待した結果が得られなければ「やり方が間違っているのか?」「やってはみたものの、全力で取り組んでいないのか?」を再度、検証する

4.3で検証したものを改善し、実践する

この1~4のサイクルを如何に、多く、早く、回せるかが業績が上がるポイントです。

カテゴリ