君はどこにでも行ける - クリニック経営に関するおすすめ書籍

医経統合実践会は、クリニック経営に不可欠な
スタッフ採用、新人スタッフ教育、モチベーションアップ、
増患対策、評価制度構築などをはじめ、
スタッフをクリニック経営に巻き込むコンサルティングをご提供します!

クリニック経営に関するおすすめ書籍

2016/05/08
君はどこにでも行ける

本書もわりと多くのクライアントの院長先生が読まれていたので、
手にした一冊です。

誰でも彼でも堀江氏のようになれる訳ではないですし、
また、なる必要性もありませんが、本書からは

「視野、考え方を拡げる重要性」

が学べました。

ツイッターなどの短文では意図が伝わりにくいのと、
持ち前の歯に衣着せぬ言葉で、SNSが炎上しがちな
堀江氏ですが、著書に関して言えばメッセージも的確で、
私は好きな著者の一人です。

『君はどこにでも行ける』というタイトルから「どんどん世界に
行きなさい」というメッセージなのかと思いきや、決してそうではない点も
本書に好感を持った理由です。

以前ご紹介した経沢香保子氏の著書同様、スタッフが読んだら

「そうか!これからはやりたい事だけやれば良いんだ」

と、大した理由や背景も無く、いきなり仕事を辞めたり、
自分探しの旅に出掛ける可能性がありますので、院長先生が読んで、
スタッフにお勧めするという流れは若干リスキーです。

堀江氏のような生活(本書にも書いてありますが「家やマンションは
持たず、日本でも海外でも、基本的にはホテル暮らし」)を
歩める人は決して多くはありませんので、そういう生き方をしている人が
いくつかの国に対して、どういう見解を持っているのかを知るという
目的で読むと有意義かと思います。

巻末に収録されている大ヒットマンガ『テルマエ・ロマエ』の
作者ヤマザキマリ氏との対談も面白かったです。


余談ですが、行きつけのスタバで食い入るようにこの本を
読んでいたら、スタバの店員さんから「根本さん、ホリエモン
好きそうですよね」と言われました(笑)

-------------------------------------------------------------------------------------

クリニック経営に必読の一冊!あなたのクリニックが更に医経統合に近付く33の手法!


根本の著書『クリニック・マネジメント入門』の詳細・お申込みこちらです!


月別アーカイブ