リッツ・カールトンで実践した 働き方が変わる「心の筋トレ」 - クリニック経営に関するおすすめ書籍

医経統合実践会は、クリニック経営に不可欠な
スタッフ採用、新人スタッフ教育、モチベーションアップ、
増患対策、評価制度構築などをはじめ、
スタッフをクリニック経営に巻き込むコンサルティングをご提供します!

クリニック経営に関するおすすめ書籍

2015/06/24
リッツ・カールトンで実践した 働き方が変わる「心の筋トレ」

クライアント限定メールではお伝えしたのですが、最近「将太の寿司」というマンガにハマってしまい、明らかにビジネス書を読むペースが落ちてしまいました。

ひとまず、行き着く先まで行き着いてしまいましたので、またビジネス書三昧の日々を送ろうと思います。

※でも、将太の寿司も職人の世界を描いた作品ですから、学べるところはたくさんあるんですよ!

さて、そんなしばらくマンガを読んでいた自分に活を入れようと手にとったのが、医経統合実践セミナー2013でゲスト講師にも来て下さった、リッツ・カールトン元日本支社長の高野登さんの新刊です。

高野登さんはフェイスブックでもお友達ですので、定期的に高野さんのご投稿がニュースフィードに流れてきますが、高野さんは本当にいつも良い笑顔をされているなと感じます。

例えば本書の中で「心の蓋を開けるためには、ストレッチが必要で、そのストレッチとは、例えば"毎朝、目覚めたあとの5分間を『そもそも、自分は今日一日、何を以て、何を為すのか』を考える時間にあてます」という記載があるのですが、高野さんの笑顔のお写真を拝見すると、本当に毎日このようなストレッチを実践されているのではないかと思います。

大きな結果を出すためには、日々の小さな行動の積み重ねであり、その"小さな行動とはどのような事を指すのか?"が、本書からたくさん学べます。

そろそろ2015年も折り返し地点ですが、今一度気を引き締め直すという意味で、ピッタリな本と出会えたなと思いました。
-------------------------------------------------------------------------------------

クリニック経営に必読の一冊!あなたのクリニックが更に医経統合に近付く33の手法!


月別アーカイブ