早朝会議革命~元気企業トリンプの「即断即決」経営 - クリニック経営に関するおすすめ書籍

医経統合実践会は、クリニック経営に不可欠な
スタッフ採用、新人スタッフ教育、モチベーションアップ、
増患対策、評価制度構築などをはじめ、
スタッフをクリニック経営に巻き込むコンサルティングをご提供します!

クリニック経営に関するおすすめ書籍

2014/03/10
早朝会議革命~元気企業トリンプの「即断即決」経営

下着メーカーでお馴染みのトリンプの日本支社長を務め、19年連続増収増益を実現した吉越氏がどのような会議を社内で行っていたのか、ライブ感たっぷりで学べる一冊です。

ミーティングを実施しているクリニックの中には「ミーティングは院長の独演会と化し、スタッフは皆、下を向いている」というところが、少なからずあります。これは「何のためにミーティングをやるのか?」「ミーティングではどんな事をやるのか?」が明確になっていないから起こる現象ですが「自院のミーティングについて、もっと改善したい!」と思われている院長先生や幹部スタッフの方には、とても参考になる本です。

あらゆる懸案にデッドラインを設け、わずか1時間半の中で、40項目以上について意思決定をなしていく吉越氏のリーダーシップが本当に凄いので「これはうちのクリニックでは無理だ」と、思われる方も多いかも知れませんが、本文にある

(ここから)

当たり前のことですが、やり遂げるまでやるわけです。物事は継続してどんどん良くしていけばいいのですが、みんな途中で諦めちゃう。「ダメだ、ダメだ」と言って、結局ダメにして終わらせてしまう。だからこの会議も続けられるかというと、続けられない。

物事を始めるというのは、何かを動かすわけですから利害関係やら負担も出て摩擦も生じる。でもそれで諦めてはいけないのです。とにかく継続させ、改善させてやっていくしかありません。

(ここまで)

この姿勢を忘れずに、ぜひ自院のミーティングについて、見直してみて下さい。

月別アーカイブ