俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方 - クリニック経営に関するおすすめ書籍

医経統合実践会は、クリニック経営に不可欠な
スタッフ採用、新人スタッフ教育、モチベーションアップ、
増患対策、評価制度構築などをはじめ、
スタッフをクリニック経営に巻き込むコンサルティングをご提供します!

クリニック経営に関するおすすめ書籍

2013/06/08
俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方

ブックオフを創業し、1000店舗まで拡大させた著者が次なるビジネス展開とした着目したのが飲食業界でした。

ブックオフを退任し、これまで得たキャピタルゲインで悠々自適な生活を過ごしていた著者が、ビジネスの世界に戻ってきた理由が、師と仰ぐ稲盛和夫氏が倒産したJALの再建要請を了承したから、というエピソードもまた泣かせます。

このエピソードの他にも、著者と稲盛氏のやりとりが何度か出てきますが「力のある人の周りには、続々と影響を受けた者たちが集まり、切磋琢磨し合って力をつけていくのだな」と実感しました。

著者は本書の中で「ビジネスを成功させる要因として不可欠なのは競争優位性である」と論じていますが、これは医経統合実践塾 第4回でお伝えしている「差別化」と同じ考え方です。

これから競合クリニックが増加していく時代の中で、当院が他の医院と何が違うのか?という事を明確にしていく必要があります。本書はそのヒントを探る一冊になると思います。


「俺のフレンチ」「俺のイタリアン」の「俺」シリーズは様々なメディアで取り上げられていますし、本書を読んで私も興味を持ちましたので先日実際に「俺のフレンチ」に行ってみました。

その体験記は医経統合ブログにありますので、ぜひご一読下さい!

医経統合ブログはこちらです!

月別アーカイブ