起業家 - クリニック経営に関するおすすめ書籍

医経統合実践会は、クリニック経営に不可欠な
スタッフ採用、新人スタッフ教育、モチベーションアップ、
増患対策、評価制度構築などをはじめ、
スタッフをクリニック経営に巻き込むコンサルティングをご提供します!

クリニック経営に関するおすすめ書籍

2013/04/14
起業家

8年前、私がコンサルタントとして駆け出しだった頃に刊行され、夢中になって何度も読んだ「渋谷ではたらく社長の告白」の続編です。

前著が上場するまでの軌跡を描いた作品であるのに対し、今回はサイバーエージェントが「メディア事業」を確立するまでの軌跡をネットバブルやライブドア事件と織り交ぜながら、生々しく語られています。

藤田社長が会社のアイデンティティを確立するために、社内外からどれだけ罵声を浴びせられても、嘲笑されようとも、ひたすら信じた道を突き進む姿に、本書のタイトルでもある「起業家」としての魂を学ぶ事が出来ました。

本書の中で、特に私が響いたメッセージは、以下の通りです。


・会社が「社員を大事にするよ」と呼びかければ、社員も「会社を大事にしよう」と応える。考えてみればとても単純なことでした。


・会社を変えなければなりませんでした。そして、自らも変わらなければなりません。そうでなければ会社は動かないからです。


・結果を出すために、思いつく限りあらゆる努力を行い、あらゆる手を打ってきているという自負がありました。これで駄目だったら仕方ない、というほどやっていたという思いもありました。


・成功を重ねるたびに孤独の度合いは増していきます。それでも、なぜ前に進もうとしているのか―。「それをはるかに上回る希望があるから」起業家の人生は、その言葉に尽きるのかも知れません。


クリニック経営をしている院長にも通じるメッセージではないでしょうか。
ぜひ読んでみて下さい!

月別アーカイブ