は、早くも残席20席!! - ブログ

医経統合実践会は、クリニック経営に不可欠な
スタッフ採用、新人スタッフ教育、モチベーションアップ、
増患対策、評価制度構築などをはじめ、
スタッフをクリニック経営に巻き込むコンサルティングをご提供します!

ブログ

2017/11/11
は、早くも残席20席!!

実践セミナー2017大阪会場 バナー.jpg

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科 耳鼻科 整形外科 皮膚科 歯科クリニック等の
経営コンサルタント 根本和馬です。

実践塾2017 第4回会場.jpg

先日、大盛況で終了した「医経統合実践塾2017」。

な、なんと来年のお申し込みが既に110名様に達し、早くも
20席になってしまいました!

私の中で毎年「来年はこれ位のお申し込み数かな?」と思っているのですが、
来年分のお申し込みペースは、私の想像を遥かに超えるスピードです。

その要因として「スタッフを巻き込んで、クリニックをより良く
していこう!」と情熱的なクリニック様から毎回ご提出頂く、具体的な
実践事例を学べること、魅力的なゲスト講師の先生方のお話を聴けることは
もちろん、来年から「診療圏制度」に変更があることも、そのひとつだと
私は思っています。

医経統合実践会では、早い時期、長い間、サービスを受けて頂いている
クリニック様の成果を保証するために「診療圏制度」を設けております。

その「診療圏制度」とは、2017年までは「診療圏内の同一診療科目の
クリニック様からお申し込みがあった場合でも、既にサービスを受けられている
クリニック様がいらっしゃれば、お断りする」というものです。

それを2018年からは、上記の「同一診療科目の」を
「診療科目に関わらず」に変更するのです。

このように変更する理由は、先日の実践塾第4回でお伝えしましたので、
ここでは控えますが、これにより「競合クリニックよりも先駆けて、力強い
クリニックを創らねば!」という院長先生が増えたのだと思います。

そして、そのご判断は、経営者としてとても正しいご決断です。

既に言い古されていますが、クリニックは「開業していたら、黙っていても
患者さんも応募者も集まる」という時代ではありません。

それどころか、何もしなければ、患者さんも応募者も
離れていくのです。


これから更にその厳しさは増していく中で「困ってから、対策しよう」ではなく
「困る前から、対策しよう」という院長先生が増えてきたのです。

年々、医経統合実践塾にご参加頂いているクリニック様が
増えていることが、それを証明しています。


既にたくさんのスタッフ様をお連れしてお申し込み頂いている
クリニック様も多くいらっしゃいますので、来年は更に結果を
出して頂けるよう、今から内容を吟味しています。

このブログを熱心に読まれる意識の高い院長先生は、ぜひ
医経統合実践塾2018にご参加下さい!


早くも残席20席!『医経統合実践塾2018』の詳細・お申し込みはこちらです!

月別アーカイブ